【手相】あなたは一億円稼げる人か?~陰徳線/カリスマ線~  

人が見ていないところで密かに善行出来ていますか?

最近のニュースでは、欲深い悪行で人の醜い部分を見てしまうことが多く目を背けたくなることもありますが、そんな世の中でも、見返りを求めず人のために陰で人知れず善い行いをして徳を積んでいる人がいます。


photo by 花岡正人
 

開運とは、このような陰徳を持って幸せを配れる人に訪れるのだろうと思いますが、手相において、そんな徳を積んでいる人に現れる線はあるのでしょうか?
あなたにこんな線があれば、きっと今の行いが知らぬ間に人を幸せにしていることでしょう。

 

陰徳線とはどんな線?(カリスマ線、一億紋との違いは?)

親指の根元(生命線が囲む「金星丘」)は、その人の生命力やエネルギーの強さが現れますが、同時に粘り強さ、包容力、家族を守る力、愛情の豊かさなども含まれるため、親指周りが豊かでしっかりしている人は、人として素晴らしい人徳があると言えます。

 

そのため、生命線の内側に生命線に沿うように現れる二重生命線は、生命力や忍耐力、情熱が二倍あるという意味があります。(別記事「二重生命線」参照)

 

この二重生命線と間違いやすい線として「カリスマ線/陰徳線/一億紋」と言われる線があります。
これらの線は、上図のように、生命線には沿わず、親指の根元辺りから縦に伸びて生命線の内側に収まる線です。
 

 

カリスマ線

親指の根元辺りから縦に伸びる、濃く太くしっかりした「2本以上の短い線」です。
人によっては、2本だけと決めたり、2,3本という鑑定師もいますが、あまりこだわる必要はありません。
1本だけだとカリスマ線とは言えないのですが、あくまで下記カリスマ線の意味が弱くなるだけで、その要素は持っています。

同様に、薄かったり、細かったりした場合も、カリスマ線とはなりませんが、多少なりとも要素は持っています。
しかしながら、そうなると、かなり多くの人が持っている要素になってしまうので、見た目でハッキリ分かることは大切です。

 

徳を積める人には、「陽徳」「陰徳」があり、どちらも善い行いが出来る人なので素晴らしい人格ですが、「陽徳」は、表立った自己主張をして、人に見られながらの善行なので、ともすると、見返りを求めたり褒められたいという欲が含まれます。

 

<カリスマ線は「陽徳」を持った人に現れ、人を惹きつける魅力があります> 

  • カリスマ的オーラを持ち、存在感があります
  • とても深い情を持ち、とても明るく積極的に人助けするので目立ちます
  • 責任感や正義感があり輪の中心となります

 

 

▼陰徳線(仁慈紋)

親指の根元辺りから縦に伸びる、濃く太くしっかりした「3本以上の長い線」です。

人によっては、2,3本と言う鑑定師もいますが、あまりこだわる必要はありません。
1本(2本)だけだったり、薄かったり、細かったりした場合は、陰徳線とは言えないのですが、あくまで下記陰徳線の意味が弱くなるだけで、その要素は持っています。

しかし、そうなるとカリスマ線同様、かなり多くの人が持っている要素になってしまうので、見た目でハッキリ分かることは大切です。

 

<陰徳線は「陰徳」を積んだ人に現れ、密かに人のために尽くせる人です>

  • 陰で人知れず、人のために動き、善い行いをする無償の愛情があります
  • とても世話好きで、人を幸せにする力に溢れています
  • 損得なしに社会貢献する人で、家族のために尽くし精一杯仕事をこなします

 

ここで、迷いやすいのが上図のように、カリスマ線と陰徳線を区別する線の長さの基準が分からないということです。

これは、決まった長さの基準はなく、鑑定師の判断になりますが、特別区別する必要はなく、短い線が長くなればなるほど、そして濃く太くなるほど、カリスマ性にプラスして見返りを求めない陰徳が重なっていき、人としての成長や開運に繋がる線に変化していくと捉えていただければよいと思います。
 

 

▼一億紋

親指の根元辺りから縦に伸びる、濃く太くしっかりした「6本以上の長い線」です。
6本という本数にあまりこだわる必要はなく、「陰徳線」が多くなっていき成長したものとして捉えていただき、その線の数だけ徳を溜めた結果、多くのお金が回ってくるという意味になります。

 

その徳の分が1億円を稼げるくらい大金持ちになる金運があるということに繋がりますが、基本的に損得なく人のために尽くせる陰徳線の一種なので、お金稼ぎの欲が出てしまうと陰徳線(一億紋)が鎖状になったり、切れ切れになったり、島紋や障害線が出来て、トラブルや凶相の意味に変化してしまうので注意が必要です。

 

<一億紋は陰徳をさらに積んで周りからの人望を得て大きなお金を生み出します>

  • 多くの徳を重ねて、知らぬ間に大きなお金が回ってきます
  • 財を成す運が開かれ大金持ちとなる大吉相です

 

 

男女の違いについて

基本的には性別による見解の違いはありません。ですが、社会的役割の違いから、カリスマ線・陰徳線・一億紋を持っている女性の場合は、良妻賢母の手相であるとも言われています。家族によく尽くし、幸せな家庭を築いていくことでしょう。
男性の場合も、家族を大切に守り抜き家庭円満に務めるといった傾向が強くみられます。
 


出典: Pixabay
 

陰徳線が多くなるほど徳も溜まりますが「自己犠牲」に注意です

「カリスマ線」⇒「陰徳線」⇒「一億紋」と、どんどん線が増えたり長くなっていくことは、徳を積み重ね成長している証ですが、この縦線が多くなりすぎると、人に尽くし過ぎる陰徳で自分ことが管理できなくなる「自己犠牲」となり、身体を壊してしまったり、自分のやりたいことが出来なくなってしまうこともあり、人に騙されたり利用されやすい面を持ってしまうので、注意が必要です。

 

多くの縦線がある陰徳線・一億紋に、交差するような多くの横線が入ると網目のような格子状になる「グリル」という相になります。(上図参照)

 

細かい横線だけの場合は、「ストレス線」「気遣い線」とも言われ、繊細な感受性があり、人の気持ちを察する優しさを持ちますが、細かいことが気になってしまう神経質な体質でもあり、気遣いが気疲れ気苦労にもなってしまう線でもあります。

 

この線が陰徳線と重なると、陰徳線を横切る障害線の意味にもなって、人のために陰徳を積み過ぎる自己犠牲と、繊細過ぎる気疲れが重なった苦労相になる場合があります。

 

しかし、濃く太くしっかりした格子状の「グリル」であれば、「非常に愛情が深く、陰徳を積んだ気配りで家庭円満となり、金運にも恵まれた大吉相」になります。

 

それでも、身体への負担は大きい見え方にはなります。

掌紋医学において、この親指の根元辺りは「肺」「心臓」「脊髄」「脳」に関わる反射区域があり、陰徳線が濃く多数の線が出るほど、徳を溜めている代わりに自己犠牲として身体の酷使が重なる炎症が、心肺機能・脳の血流を滞らせる動脈硬化、腰痛、ひざ痛などの所見になりやすいので、自分を見失わないことが大切です。

 

陰徳線が出ていなくても、日ごろの陰徳を積むことを心がけて、人への思いやりや親切にする心を大切にして過ごせば、金星丘に縦線が現れ、線の成長とともに、ご自身の幸せに繋がっていきます。

 

 

<合わせて観ておきたい関連記事> 

・・・・ 【手相】手の平『丘』を知る 

・・・・ 【手相】二重生命線は浮気線? 体力2倍は本当? 

・・・・ 【手相】不動産の財を得る「不動産線」がある? 

・・・・ 【手相】「手を握って隠れるホクロは吉相」はウソ!? 

・・・・ 【手相】ファティマの目があなたを邪気から守る(聡明紋)  

・・・・ 【手相】書く手相!ペンで良い線を書くだけで運勢が変わる開運法は本当!?  

・・・・ 【手相】コロナウィルスにかかりやすい人の手相!? 

 

 

手相セラピスト:花岡正人

WRITTEN BY 花岡正人

花岡正人
★「手相110番」にて執筆者のホームページがご覧いただけます tesou110.wixsite.c...