2018年を迎え、どんな年になるか、今年は去年よりも良い年にしたいものです。
良い一年を過ごすためには運をよくすることも大切ですね。
では、どうしたら運がよくなるのでしょう? 今回は、運をよくするためのポイントが書かれた本をご紹介します。





「あなたの運は絶対!よくなる」 田宮陽子著 PHP研究所


photo by 逢坂朋代

著者の田宮さんは、もともと運が良かったわけではないそうです。そんな中、「成功者」と呼ばれる人に取材していくうちに「成功者はみんな、自分の心を軌道修正している」「心の軌道修正をしたときから、運気はまた上がっていく」ということを発見したそうです。
この本には、そんな「心の軌道修正のポイント」が書かれています。
今回は四つの章から一つずつ取り上げてご紹介します。

「第1章 あなたは『とびきり運のいい人』です!」より


出典:無料素材画像 写真AC

「~愛と奉仕~『愛』のある人は、必ず成功できる人です!」

ここでいう「愛」というのは「相手のことを真っ先に考えること」だそうです。自分の売り上げのことだけを考えるのではなく、相手のことを考えて接客する。例えばそのような姿勢で仕事をすることが成功につながるそうです。
そして、これからは「『愛と奉仕の精神』で仕事をしている商売しか残らない」そうです。

「第2章 あなたの運気は、今日からますますアップします!」より

「~思い~『強く思う』ことが、『実際に起こる出来事』を引き寄せる」
「運がよくなる究極のコツは『自分は運が強いと思っているかどうか』」だそうです。「『なにを強く思っているか』で、実際に起こる出来事が良い方向にも倒れるし、悪い方向にも倒れる」
自分が何を思っているか、普段考えていること、思わず漏れてしまう心の声をチェックしてみるといいかもしれませんね。そして、運をよくする「思い」に上書きをしていきましょう。

「第3章 大丈夫!何が起きても、あなたの運気は下がりません」より

「~破邪~『運のいい人』はみんなやっている!『邪気』から身を守る方法」
目には見えなないけれど、いろいろなマイナスのエネルギー(邪気)が運の足を引っ張ることがあるそうです。これを払う方法は「顔につやを出すこと」「キラキラしたものを身に着けること」「ほほえみをたやさないこと」の3つだそうです。

「第4章 あなたの運気はこれから一生上がり続けます!」より

「~不幸と幸せ~とびきり運のいい人は「心の軌道修正」がうまい!」
運がいい人と悪い人の違いはどこにあるのでしょうか。運がいい人にも悪い人にもアクシデントや落ち込むような出来事に見舞われることがあるそうです。そして、落ち込んだ後が分かれ道になるようです。
「両者が圧倒的に違うのは、『目の前の不幸を幸せに変えようとする力を持っていること』」だそうです。

それぞれのポイントについて、見出しと解説、まとめで構成されています。
ちょっと元気がないときは、ポイントのまとめを眺めてヒントをもらうというような読み方をしてもいいかもしれませんね。

よく言われる「直感」についても書かれています。どんなものが「直感」になるのかというこも分かりやすく書いてありました。自分には「直感」なんて無いと決めつけず、ここで紹介されているものを試してみましょう。それが自信となり、運をよくすることにもつながりそうです。

この本に書かれている心の軌道修正方法は、すぐに実行できそうなものもありますし、少し練習が必要そうなものもあります。
できそうなところから生活の中に取り入れていくことで、運の底上げができそうです。それから練習が必要なものも身に着けて、どんどん運を上げていきましょう!

この本を読んで運を上げ、2018年を実りある一年にしてくださいね。





スピリチュアルライター:逢坂朋代

WRITTEN BY 逢坂 朋代

逢坂 朋代
「スピリチュアル好き」の主婦であり、占星術の鑑定もしています。 現在子育て奮闘中。 精神世界・ス...