★お年玉企画!クオカード5000円分を抽選で2名にプレゼント!
今すぐウラスピナビメルマガに登録して、1月28日配信のメルマガをチェック!★

ひとり時間は寂しくない!

人生を豊かに生きる力が湧いてくる 3ステップ

 

世の中が様変わりし、人と会う機会が減りました。ひとりで過ごす時間が増え、寂しさを感じることもあるかもしれません。ですが、ひとりの時間は人生を豊かにし生きる力を与えてくれる時間でもあるのです。生きる力が湧いてくるひとり時間の過ごし方とは、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。


出典: Pixabay
 

 

寂しさを感じるとき

 

世の中に大きな変化が訪れ、ひとりという寂しさを経験した人は少なくありません。身近にいた人たちとも気軽に会えない、社会との距離ができる、孤独というものを感じ不安になることもあったかもしれません。

 

ですが、ひとり時間は、とても貴重な時間。寂しさを感じないとき心は外側を向いていますが、寂しさを感じるときは心が内側を向きます。心が内側を向いたときは、今まで感じなかったことや見えていなかったこと、思いもしなかったことを知ることができるのです。

 

寂しいと感じたときは自分との対話が必要なとき、新たな人生を作り出すタイミングがきたということなのです。

 

 

 

人生を豊かに!生きる力が湧く3ステップ

 

ひとりの時間が寂しく感じてしまうのは、自分の価値を認めることができていないときでもあります。そのようなときは、自分の周りに信頼し愛してくれる人が居たとしても寂しさを感じることがあります。

 

寂しさを感じるときには、自分の価値を認め、生きる力が湧いてくる3つのステップを試してみてください。自分の価値を認めることで寂しさは減っていきますから。

 

 

【ステップ1】 ネガティブな感情をポジティブに変換する

 

今までの失敗や過ち、そこから生じる後悔や悲しみを全て良い経験だったとポジティブな感情に変換します。ネガティブな感情を一つも抱かない人はいません。自分なりに頑張ってきたと、褒めてくださいね。

 

 

【ステップ2】 自分の心が喜ぶこと

 

自分が何をするときが幸せで楽しいか、心が喜ぶことを自分に質問してみてください。自分を静かに見つめ心が求めていることに耳を傾けてみます。その答えを出すことは、自分の価値を認めることにもなります。

 

 

【ステップ3】 自分の心が喜ぶことに時間を使う

 

自分の心が喜ぶことの答えを、すぐに実行してみてください。身近なことからでいいのです。音楽を聴きたい、本格的なカレーを作りたい、星空を見たい。そうしているうちに寂しさを上回る心が芽生え、真の役割に気づくときがきます。自分の人生を意気揚々と歩く力を与えてくれるのです。それは、寂しさが幸せに変わる瞬間でもあります。


出典: Pixabay
 

 

寂しさは、ほぐされる

 

災いはただ訪れるわけではなく、そこから変化を起こし新たな豊かさを見出す原動力を与えられているように感じます。それは過酷で厳しい状況ですが、そうでなければささやかな幸せには気づけず、更なる幸福への変化を起こすことはできないのかもしれません。

 

忘れてはならないことが一つ、寂しさを感じても決して一人ではないということ、宇宙は常に私たちに寄り添い側にいます。姿が見えないこと、触れることができないことで、宇宙の存在を信じることができないかもしれません。

 

ですが、思い当たることがあるはずです。間に合わないはずの待ち合わせの時間に間に合うとき、ずっと探していた靴下が突然見つかるときなど、それは偶然起こることではなく宇宙の存在に触れていたということ。

 

身近なところで私たちは宇宙を感じ、宇宙は寂しさをほぐしてくれているのです。寂しさを感じない人などいません。心が喜ぶ生き方をしてみる。私たちは、存在しているだけで尊い価値があるのですから。

 

 

スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...