★スピ系のあなたへのメッセージ! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちらから!

あなた、油断していませんか?品格のある人を目指しましょう!

 

美しく品格のある人の言葉や行動は、周りの人たちに安心感や信頼を与えます。その上品な佇まいは、その場の雰囲気を和ませ関わる人たちの心を穏やかにしてくれます。品格という美しさは、どのようにして作られるのでしょうか。品格のある人と品格のない人では、ひとりの時間の過ごし方に差があります。その過ごし方とは、スピリチュアルライフアドバイザーKAORUがお伝えします。


出典: Pixabay

品格のある美しさ

 

美しい人と聞いて最初に思い浮かべることは、容姿端麗な外見の美しさ。顔やスタイルが整い、誰もが目を奪われてしまう美しさを持つ人のこと。そんな美しい人を見れば、どのような行動をとり、どのような言葉を発するのか、興味を持たずにはいられなくなることも。

 

そんな美しい人が品格を持ち合わせていたならば、容姿の美しさだけではなく心から信頼できるという魅力に引き寄せられるはず。品格のある美しさとは、自分の持つ美しさを磨いていくということ。それは、容姿端麗という美しさを上回ってしまうほどの誇り高き輝きのことなのです。

 

 

品格という美しさに差が出る、ひとり時間の過ごし方

 

品格という美しさは、話し方、所作や佇まい、服装、マナーの良さなどに表れます。品格のある人と品格のない人が、同じように行動し同じように着飾ったとしても、品格のある人からは、にじみ出るような美しさが伝わってきます。

 

その差はどこにあるでしょう。

 

それは、ひとり時間の過ごし方の違い。誰に見られても恥ずかしくない過ごし方ができれば、品格のある美しさに磨きがかかります。食事を摂るときの姿勢はどうか、家の中や家着は清潔であるか、寛ぐときのしぐさはどうか。ひとりの時間こそ美しく過ごす。それは、品格という美しさを育てる、とても贅沢な時間ともいえるのです。


出典: Pixabay

ひとりの時間が伝えるもの

 

私たちは、常にエネルギーを発しています。そのエネルギーは、心そのもの。
品格のある美しさも自分の心が作り出し、エネルギーを発しています。エネルギーは、誰もが感じることができ、また感じた経験がある人も多くいるはずです。

 

例えば、美しく品格のある人を見たとき、目に映っている姿のみならずプライベートな部分の優雅さも、疑いなく想像できると感じること。雑に過ごしている姿など想像がつかないとまで思えるのは、その人の心のエネルギーを感じているから。

 

品格という美しさは、すぐにできるものではなく普段の生活や行いから少しずつ生まれてくるもの。だからこそ信頼や尊敬という気持ちを、ゆるぎないものとして人の心に抱かせる。

 

誰も見ていないという安心感が心地良くひとり時間をだらけてしまう私にとって品格は、まさに訓練。少しずつでも品格と向き合い、続けたことが体得できたときには喜びもひとしお。そして、訓練に励むことができるのは喜びだけではなく、家でひとり過ごす姿がエネルギーとして相手に自然と伝わることがあるから。

 

自分の印象は、エネルギーが伝え、わかる人にはわかってしまう。その心掛けを置き去りにせず、ひとりの時間を美しく過ごしたいと思うのです。

 

 

スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...