★新月満月前夜に配信! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちらから!

与えるという生き方が出来る人が持っている!変わらない2つのエネルギー!

 

与えることができる人は、人を惹き付ける魅力的なひと。そして、与えられる人より与える人のほうが、幸せに生きることができます。与えるという生き方とは、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。


出典: Pixabay

与えられた感覚

 

年末に向け少しずつ掃除を始めてみました。
「今日はこの場所だけを掃除をしよう!」
そう決めて掃除を始めてみるものの、行く先々で物を出しては断捨離が始まります。どうにも止まらなくなくなるのです。

 

納戸のタンスからは、数年前に私が作った箱形の小さな小物入れが出てきました。箱の四つ角にスナップが取り付けてあり、スナップを外すと真っ平らになるというもの。知人がフリーマーケットに出店したときに店で売ってくれた残りでした。

 

小物入れを見て思い出すことは、私がフリーマーケットに出品することを知った友人が、私の知らないところで小物入れを沢山買ってくれていたこと。暫くしてそのことを知りお礼の連絡をした私に友人は、

 

「本当に欲しかったから買ったの、素敵だから家族も使っているわ」
温かさを与えられた感覚に気づかされた瞬間でした。

 

 

与えることは、心を自立させる

 

友人のように人知れず与えるということが、難しく感じるときがあります。家族や友達、恋人などに依存してしまうときです。自分に足りないものを相手に求め補おうとすることから生まれる期待や失うことの恐れが、心を萎縮させてしまうこともあります。

 

その状況から抜け出すには、自分の周りにいる人たちに目を向け、与えるということをしてみます。相手が何を望んでいるかを想像し相手に良いことを優先してみるのです。

 

それは、押しつけでもなく見返りを求めることでもなく、生きる喜び、生きる幸せ、生きる力、その心の声をはっきりと聞くことができるようになるということ。心を自立させ幸せになる生き方なのです。


出典: Pixabay

与えることができる人

 

与えるということは、何気ない冗談や笑顔の挨拶、元気をなくした人の肩に手を置く、それだけでもいいのです。自分には何もなく自信もない、そう思うときには人に与えることを続けてみてください。

 

その先には、今までなかった前向きな自分の姿を見ることができます。自分がどれだけ沢山の人に沢山のことを与えられてきたかということを理解し感謝の気持ちも沸いてきます。そんな自分に気づくことができただけでも、自信を持つべき素晴らしいことだと思うのです。

 

神社やお寺へ行くと落ち着き癒されるのは、その悠然たる変わらぬ姿で私たちを迎え入れ、人々の幸せを願うという思いに気づかせてもらえるから。与えるということに変わらぬ思いを持ち続けること。そこには変わらない愛と安心、2つのエネルギーが生まれる。

 

与えることのできる人とは、人を魅了し誰もが心で感じることができるほどの輝きを持つ人。売れ残った小物入れが、私に与えてくれたことでした。

 

 

スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...