★無料会員だけが読める! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちらから!

自由に美しく幸せな人生を生きたい!

未来の人生に今からできること

 

 

自由に美しく幸せな人生を生きることができたら、それはとても素敵なこと。そんな未来の人生に向け、今からできることとは。スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。


出典: Pixabay

自由に生きたい

 

友人と夕食を共にしたときのこと。彼女は開口一番、
「子どもが独立したら、好きなことをして自由に生きたいわ」
と私に言いました。

 

私は、その言葉に深く頷きました。というのも、彼女は育児をしながら仕事を続けとても忙しい人生を歩んできたから。朝、夫や子どもたちよりも早く家を出ては会社へ行き、帰れば家事も手を抜くことなくこなしてきた。私が遊びに行けば、お手製のちらし寿司、茶碗蒸しにサラダ、お吸い物をササッと準備し迎えてくれるような人。

 

そんな彼女の自由とは、どんなものなのだろう。とたんに興味が沸き尋ねてみると。
「家族の世話をしなくていい、働かなくていい、好きなことを好きなときにする生活、とっても自由でいいでしょ」
答える彼女の笑顔には、抑圧されていたものから解放されたような清々しさが漂っていました。

 

 

人生にある「華」

 

将来の話をする彼女を微笑ましくもあり、自由ということに考えさせられる気持ちにもなりました。
「忙しいうちが華」
子育てを終えた先輩たちからよく聞いた言葉です。

 

人は一人では生きることはできず、誰かと関わりを持つことは必要不可欠。歳を重ねて行けば年下の人たちが増え、自分が人生の先輩となってくる。家事や育児だけではなく仕事を続けていれば、それなりの地位もついてくる。そうなればなるほど、自分を抑制し律するということが大切に思えてくるのです。

 

自由に言葉を発し行動をとれば、マナーやモラルに欠け人に不快感を与えてしまうということもありえます。ただでさえ歳を重ねれば周りにいる人たちは減っていき、孤独になる傾向にあることを忘れずにいたいもの。人と関わっていくということが、人生の華なのかもしれません。


出典: Pixabay

自由に、そして美しく、幸せな人生を生きる

 

人生に華を咲かせ続けることができたなら、美しく幸せな自由という時間を過ごせるはず。誰かの役に立てる人であり続けること、必要とされる人であり続けること、そして愛するという感情を持ち続けること。それは未来の華ある人生に向け今からできること。きっと人生を生き抜くことへのエネルギーを生み出す大きな原動力にもなるはず。

 

ときに、そういった人生に自由はなく制約された生き方しか見えないと思うことがあるかもしれません。ですが、自由ではない時間を生きるからこそ、自由という時間を幸せに過ごすことができるのではないかと思うのです。

 

あまりに自由であることは孤独で寂しい。どこか制約があることに凛と向きあう。私たちが幸せと感じる自由は、そういった場所にあり守られているのだと思うのです。

 

スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...