★新しく生まれ変わったメルマガ! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちらから!

大嘗祭にまつわるお米と日本酒~ふたつの田んぼとふたつの宮~

2019年11月14日~15日、新天皇が即位したとき、最初に行う新嘗祭である大嘗祭が行われました。

大嘗祭のお米は二か所の違う田んぼから届けられていたこと、そして、その田んぼは5月に占いによって定められていたことをご存知ですか?大嘗祭の宮中祭祀を行う大嘗宮もまた二つあります。今回は、大嘗祭の宮中祭祀にまつわるお米と今回大嘗祭にお米を届けることになった県の日本酒についてお話したいと思います。

  • 大嘗祭って、新嘗祭って、なんだろう?皇室の方は、新嘗祭を終えてからしか新米を口にしない⁈

冒頭でも少し触れましたが、大嘗祭は即位後最初の新嘗祭であるとお話しました。そもそも新嘗祭とは、太陽太陰暦の11月の二の卯の日に行われていた、天皇がその年収穫した穀物を神に供え、祭祀ののち自らも食し、収穫への感謝と五穀豊穣の祈りをささげる宮中祭祀の一つです。太陽暦を採用した時に新暦の二の卯日にあたる11月23日に行われるようになり、今は勤労感謝の日として祝日になっていますね。

新嘗祭の中でも、即位された年に天皇が執り行う新嘗祭を大嘗祭と呼び、今年2019年11月14日15日で行われました。

大嘗祭を執り行う大嘗宮は皇居敷地内に二つあり、それらは悠紀殿(ゆきでん)と主基殿(すきでん)と呼ばれます。

悠紀殿と主基殿、それぞれに別の田んぼ(悠紀田と主基田)からお米が届けられ、祭祀ははじめられます。次では、祭祀に使われるお米がどのように決められ届けられるかお話します。

そして、新米が出回る時期になると我々は、あー新米だ、美味しいと時期を決めずに食べ始めますが、皇室の方は必ず、新嘗祭を終えてから新米を口にされるのだそうです。祈りのあと、口にされる日本人の奥ゆかしさを今に感じるようですね。

  • 大嘗祭に届けられるお米は、占い(亀卜)で決められる


出典: 写真AC

大嘗祭に届けられるお米の田んぼは、斎田点定の儀(さいでんてんていの儀)で、亀卜(きぼく)というアオウミガメの甲羅を焼き、亀裂をみて神からの信託を受ける古式にのっとった占いで決められます。令和の斎田点定の儀は、5月13日午前10時から約40分にわたり行われ、

東の悠紀田(ゆきでん)は栃木県、西の主基田(すきでん)は京都府に決まりました。

10月27日の午前に斎田抜穂の儀(さいでんぬきほのぎ)という収穫が行われ、皇居から遣わされた抜穂使(ぬきほし)と呼ばれる方々が、祝詞を奏上し収穫した米が大嘗祭に届けられました。

次では、日本酒ナビゲーターのらぶちゃんが、悠紀田(ゆきでん)に決まった栃木県と主基田(すきでん)にきまった京都府の印象に残る日本酒についてお話していきます。

  • 今回の大嘗祭に、お米を届けた栃木県、京都府の日本酒


出典: 写真AC

栃木県で今話題になっている日本酒は、大嘗祭に献上されたお米「とちぎの星」で仕込まれた、宇都宮酒造の四季桜(しきさくら)。

献上されることが決まる4年ほど前に、地元の米「とちぎの星」をPRしていた芸人さんが、この米で仕込んだお酒を飲みたいと話したことから、ラベルで「とちぎの星」を大きくPRし始めたのだそうです。今回の大嘗祭後、現在注文が殺到しているそうです。

そして、栃木の日本酒をもう一つご紹介。小山市の若駒酒造の若駒、なかでも愛山というお米を10%だけ削った、90%精米の日本酒をいただきました。

通常、磨きが少ないと骨太の味になることが多いのですが、これは非常に繊細な味わいです。甘みと同時にすっきり感もあり、米の本来の旨みがしっかり残っている本当に美味しいお酒で、同じスペックのものを醸造年度違いで飲み比べたところ、熟成のものもとても美味しかったです。


photo by ミラクルナビらぶちゃん

そして熟成で旨みが増すということで、今度は京都の玉川をご紹介します。

玉川は、木下酒造のお酒で、世界で唯一の外国人杜氏であるオックスフォード大学出身の英国人のフィリップ・パーカー杜氏が醸す日本酒です。

玉川は、酸味も旨味もしっかり、骨太の味わいが特徴。

パーカー杜氏曰く、玉川は開栓後熟成はするが劣化はしない。おいておくほどに、旨味と味わいが増し深みが出る造りをしているとのこと。

お燗もお勧めで、こちらも同じスペックの醸造年度違いのものをお燗でいただいたのですが、それぞれ味わいが違い、どれも美味しくとりこになりました。

また、生酒主流の現状、日本酒マニアからは冷蔵庫が悲鳴を上げているという声も多く聞くのですが、玉川は冷蔵庫いらずの日本酒です。

研究熱心なパーカー杜氏は、酵母無添加の生酛造りや伝統的古式醸造にも深い知識がおありで、アイスクリームにかけるお酒など紹介し日本酒の世界を大きく広げていらっしゃいます。ぜひ味わってみてください。

 

日本酒ナビゲーター:ミラクルナビらぶちゃん

WRITTEN BY ミラクルナビ らぶちゃん

ミラクルナビ らぶちゃん
日本酒ナビゲーターで、占い師、セラピスト。以前の職を生かしメイクレッスンやフェイシャルエステなど美容...