★新月・満月の前夜に配信! 開運しよう! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちら!

【手相】親指で分かるあなたのケチ度、浪費度「親指診断」

■親指の関節間の長さ・張り出し方で分かるタイプ別人格

手相学において、手の線以外にも手の形や指の長さなども、その人の人格を観る目安になります。

親指は、脳や生命力に直結する大切な意味を持ち、生活力や意欲の尺度をどのように表現、行動していくかを計る鑑定ができます。

 

親指の基本的な長さは、人差し指と揃えた時に、人差し指の根元のシワとその上の関節のシワの真ん中辺りまである長さが標準となります。


photo by 花岡正人

<親指全体の長さでの人格傾向>

 

▼標準的な長さの親指

・包容力が高く、健康体で、常識的な理性と意志の強さで、社会信頼性が得られます。

▼長すぎる親指

・頑固で、強情な自己中心的な性格になりやすいです。
・心臓疾患、脳疾患に注意が必要です。

▼短すぎる親指

・感情的で、感情のコントロールが出来ないので、表現力に乏しいです。

・精神疾患、消化器系疾患、呼吸器系疾患に注意が必要です。

 

このように、親指全体の長さで人格の傾向が観れますが、多くの人は長さの比率に大きな差はないため、鑑定では、大きな差が無い限りは上記の診断とはせず、各関節間の長さや、関節の張り出し方により、その人の「意志力」「知力」「愛情」の強さや、その割合を診断することが多いです。

 

■「意志力」「知力」「愛情力」を関節間の長さ比でチェック

親指の各関節の位置と名前は、上図のように、指先に近い関節を指節間関節(IP関節)、その下の関節を中手指節関節(MP関節)、手首近くの関節を手根中手関節(CM関節)と言いますが、それぞれの関節間の長さ比率の標準は、以下の通りです。

『 指先:真ん中(IP-MP関節間):手首近く(MP-CM関節間) = 2.5 : 3.5 : 4.0 』

 

定規で計るのは面倒ですので、大体のイメージで見ていただき、標準より長い、短いと思う関節間があるかを観ます。

長いほどその意味する力が強く、短いほどその意味の力が弱くなります。

親指全体の長さが標準であれば、関節間のどこかが長くなれば、どこかが短くなるので、その人の秀でた部分と、乏しい部分が現れることになります。

 

▼第一節間(指先)=「意志の強さ」

・決断力、行動力、判断力などの決意の硬さを観ます。

・少し長ければ、実行力が高い意志の強さがあり、短ければ、意志が弱い優柔不断さや依存心が高くなります。

・長すぎると、大胆過ぎるマイペース人間で失敗も多くなります。

▼第二節間(真ん中)=「知性の強さ」

・論理的思考力や、理性を持った現実的志向の強さを観ます。

・少し長ければ、論理的に考える知性的な思考が強く、短ければ、常識に欠けた短絡的な思考になりやすいです。

・長すぎると、理屈っぽく、頑固さが強く現れます。

 

▼第三節間(手首側)=「愛情の強さ」

・情熱的な包容力、本能的な直観力の強さを観ます。

・少し長ければ、愛情が非常に豊かで、感情や精神性が優位なロマンチストとなり、短ければ、情に欠け、自分の損得で考える利己的な思考になりやすいです。

・長すぎると、現実逃避しやすく、情に流されて浮気しやすい資質が現れます。

・金星丘の位置にあるため、金星丘の意味に類似します。

(別記事「手の平の「丘」を知る」参照)

 

<合わせてみておきたい関連する記事> 

・・・・ 【手相】指節長さタイプ診断<あなたはわがまま?> 

・・・・ 【手相】手の平『丘』を知る 

・・・・ 【手相】親指の仏眼は霊感があって運が開けるの? 

・・・・ 【手相】指がよく反る人はどんな資質を持った人なの? 

・・・・ 【手相】あなたの手形は女優気質?研究者気質?(手形診断) 


出典: Pixabay

 

■「ケチか浪費家か」などを関節の張り出し方で診断する

親指の関節間の長さ比率と併せて、親指の各関節の張り出し具合を観ると、さらに総合的な人格診断が出来ます。

各関節の張り出し方が大きい部分により、それを挟む両区間の力の影響が強いと判断します。

 

▼指節間関節(IP関節/指先側)の張り出しが目立つ=「頑固タイプ」

・「意志力」と「知力」が先行してしまい、「情」に欠け、冷たいところがあります。

・冷静に判断し、情に流されない知的行動力が高いですが、頑固な性格になりやすいです。

 

▼中手指節関節(MP関節/真ん中)の張り出しが目立つ=「器用タイプ」

(この関節は出っ張りやすいので、他の関節より多少張り出しているくらいが標準です)

・「知力」と「情」が先行してしまい、「決断力」に欠け、飽きやすいところがあります。

・よく観察して緻密に作業する器用な性格ですが、興味の無いことは人任せになりやすいです。

 

▼手根中手関節(CM関節/手首側)の張り出しが目立つ=「直観タイプ」

・「情」が先行してしまい、「知力」「決断力」に欠け、本能的に情に流されやすいところがあります。

・直観的なリズム感があって音楽、芸術、芸能に興味を持ちますが、夢や感情優位で、計画性に欠けるところがあります。

・スポーツではテンポよい動きが出来て、スポーツマン向きと言えますが、意志力や知力には欠ける為、直感的に動けるポジションや競技が合っています。

 

<長さと張り出し具合を合わせて観る>

例えば、第1節間が短くて、第2節間が長い人は、「理論的でよく思案するが実行力がない」ということであり、手首側CM関節も張り出していれば、情には流されない冷静さがありながら、愛情が豊かな平和主義者となります。

 

理論的な思考は第2節間に出やすいため、ここが長いと金銭感覚に優れ、出ていくお金を減らせるので、しっかりお金を守ることができる。

そのため、第2関節(MP関節)の張り出しもしっかりしていると、決断力や行動力による

思い切った出費も少ないため、より貯蓄型となりますが、「ケチ」にもなりやすいです。

 

逆に、感情的な思考は第3節間に出やすいので、ここが長いと、他の代1・2節間が短くなりやすく、知力や意志力が弱くなるので、本能的な直観で、好きなモノを買ってしまう浪費グセが出やすくなります。

さらに、第3関節(CM関節)が張り出していると、散財してしまう人格になりやすく、第1節間が長くて、第2節間が短ければ、直感だけで大胆に大きな出費をしてしまうので、注意が必要です。

 

それぞれが、一つの個性であり、良い面があれば、それに反する面も出てしまうので、バランスの良い長さ、張り出し方であることが理想となりますが、親指診断にて、自分や観た人の個性を知って、それを伸ばし活かすことや、抑えてバランスをとっていくことも意識してこれからの開運に繋げていただければ幸いです。

 

 

ウラスピナビ編集部からのオススメ

私の進むべき道はどっちだろう……

人生の選択に迷っている時には電話占いウィルがオススメ。

満足度、リピーター率、的中度は業界屈指の電話占いサイト。

ベテラン占い師が常時待機しているので、「今話を聞いてほしい」に答えてくれます。

新規登録をすれば、無料でお試し鑑定を受けることが可能です。

電話占いウィルはこちらから!

 

手相セラピスト:花岡正人

WRITTEN BY 花岡正人

花岡正人
★手相セラピスト 花岡正人のウラスピナビ手相記事一覧は、 http://uraspi.com/au...