新月満月前日に配信のメルマガ⇒クイズに回答してクオカード3000円をGET!プレゼントキャンペーンスタート!無料会員登録はこちら!

土用の丑の日といえば鰻、暑い夏を乗り切る日本古来の風習ですが、鰻だけではなく「う」のつく食べ物を食べるという風習もあるのです。
「う」のつく食べ物をプチ贅沢に摂り「○○をする」ことで女性磨きができる、その効果を、土用の丑の日の由来とともにスピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

「土用の丑の日」とは?

夏を迎えると「土用の丑の日」は鰻、という言葉をあちこちで耳にします。
「土用」とは、雑節の一つで立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前18日間をいいます。

中国から伝わる陰陽五行説に由来し、万物は「木火土金水」から成るという思想のもと、春は「木」、夏は「火」、秋は「金」、冬は「水」とされます。
そして、残りの「土」を、それぞれの季節の変わり目の18日間にあてはめ、その期間が「土用」となりました。

「丑の日」とは、「土用」の18 日間の「丑」にあたる日。
日本古来、日にちは十二支があてはめられ、「土用」の「丑」にあたる日を「土用の丑の日」といいます。
年により「土用」に「丑の日」が二度あることもあり、その場合、一度目を一の丑、二度目を二の丑といいます。

【2018年 土用の丑の日】
一の丑 7月20・二の丑 8月1日





「土用の丑の日」の由来。鰻を食べるのはなぜ?

「土用の丑の日」が近づくと、鰻の看板、よく見かけますね。
季節の変わり目ごとに「土用の丑の日」はありますが、夏の暑さに負けないよう鰻を食べて体に精をつける、夏の「土用の丑の日」は、日本古来の風習として残る先人の知恵です。

「土用の丑の日」、なぜ鰻を食べるようになったのでしょう。
江戸時代、蘭学者であった平賀源内が、夏場に鰻が売れず困り果てていた鰻屋に「土用の丑の日は鰻の日」という張り紙を出すことを助言したところ、鰻が飛ぶように売れ、食べるようになったことが始まりといわれています。

平賀源内の助言により食べられるようになった鰻ですが、鰻の栄養素を考えると、偶然ではないひらめきからくる必然のアドバイスだったかもしれませんね。

土用の丑の日は、「う」のつくものでプチ贅沢。「○○する」ことで女性磨きができる!

土用の丑の日は、鰻というイメージが強くありますが、実は鰻だけではなく「う」のつくもの(瓜、梅干し、うどん、牛肉など)を食べることで夏バテを防ぎ、邪気を祓うという日本古来の風習が残っています。

そこで、「う」のつくものを食べるなら、できるだけ美しいものを美味しくいただく、そんなプチ贅沢をしてみませんか。
鰻を美味しく食べようと思うと値が張り躊躇することもありますが、見た目も美しく少量でも満足できる商品が、専門店やデパ地下、または、百貨店の通販など土用の丑の日に向けて販売されます。

しかも、買いやすい値段で、ちょっとした贅沢感と季節感を味わえる美しい商品が、目を楽しませ、一人でも大勢でも、美しく美味しくプチ贅沢をすることができます。

大切なことは、商品を選ぶとき「美しい!美味しい!」と「○○する」ことができる商品を選ぶこと。
「○○する」ことで女性磨きができるからです。

「○○する」とは、子どもの頃には日常にあったこと。
例えば、蝶々が飛んでいる姿、憧れの職業の人、憧れのスポーツ選手、興味を持ち読んだ本など、目がキラキラと輝き人生を決めるような感動を味わったことありませんか。
「○○する」とは「感動する」ことなのです。

プチ贅沢で「感動する」ことは、子どもの頃の心の状態に近づくことができます。心が柔らかく素直な状態になり、宇宙のエネルギーと共鳴する時間を持てるということ。
人生が大きく変わるようなひらめきやきっかけを受けとることに繋がり、女性として輝くことへのきっかけにもなるのです。

土用の時期は、季節の変わり目でありエネルギーの調整が必要な時期でもあります。
「う」のつく食べ物を美しく美味しく食べることは、夏バテ防止と共にエネルギーの調整ができ、「感動する」ことで宇宙エネルギーと繋がることができます。それは、心と生き方のスタイルに余裕が持てる「プチ贅沢な女性」へと導かれるということなのです。
土用の丑の日、「う」を厳選しプチ贅沢に過ごす、心の知識が増えるきっかけとなりますよ。


★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!





スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...