本格的な春の訪れを感じる春分の日は、スピリチュアルな世界と繋がることができます。そして女性が「○○をする」ことで開運できるメッセージを受け取ることもできるのです。その方法をスピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

春分の日とは

出展:ぱくたそ

春分の日とは国民の祝日で、旧暦の二十四節気(一年を二十四の季節に分けて名前をつけたもの)の一つです。毎年同じ日とは限らず、国立天文台が作成する暦要項により定められます。
春分の日は、太陽が春分点を通過する瞬間を含む日のことをいいますが、地球の公転にかかる時間は、一年より少し長い平均365日と5時間49分程あり、太陽が春分点を通過する時間にずれが生じます。そのため春分の日は特定の日として定められていないのです。





《春分点とは?》
天の赤道(地球の赤道を空に延長し大きな円を描いたもの)と
黄道(地球から見た太陽の通り道を円で描いたもの)は、
お互い傾いているため2点が交わります。
その交点が春分点となり、もう一つの交点を秋分点といいます。

春分の日 2018年3月21日 水曜日、スピリチュアルな世界と繋がる日

春分の日は彼岸の中日、そして、お彼岸は春分の日をはさみ前後3日間、計7日間のことをいいます。

彼岸の中日は、太陽が真東から昇り真西に沈みます。
仏教では、真西に極楽浄土があるとされ、真西に沈む太陽は極楽浄土への道が示されているといわれていました。信じることで極楽浄土への導きを得ることができる、その思いからお彼岸には、極楽浄土にいる先祖を偲び、感謝の気持ちを込め供養とお墓参りをするようになりました。

また、小豆は魔除けや邪気を祓う力があるとされ、春の花である牡丹から名付けられた牡丹餅を供える事も先祖の供養を願うことから生まれた習慣なのです。

春分の日は、先祖に感謝の気持ちと祈りを捧げることで、スピリチュアルな世界の扉が開きます。それは、より良い人生へと繋がる導きのメッセージを受け取れる日でもあるのです。

春分の日に、女性が「○○をする」と開運メッセージが受け取れる!

出展:無料写真素材 写真AC

春分の日は、スピリチュアルな世界と繋がる日。女性が「○○をする」と開運する受け取り方は、実は「髪の手入れをする」ことです。
美容室で髪を切る、セルフケアでヘアパックをするなど、頭の部分をケアすることで邪気が祓われ透明度が増します。それは、女性が開運メッセージを受け取りやすい環境を作れるということなのです。

髪は女性の象徴として長い歴史があります。

その始まりといえるのが平安時代、貴族の女性たちの垂髪(たれがみ)です。垂髪は女性が髪を結うことをせず、美しい黒髪を常に手入れし長く垂らしていました。そんな垂髪は女性の美の象徴とされ、平安時代から室町時代まで続いたということです。

平安時代の女性が、あまり語らずとも髪を手入れし自分らしさを表現した歴史に、内面に隠れている魅力を知りたいと思わせる奥ゆかしさを感じます。

今の時代も髪と女性は縁深く、自分を新たに表現したいとき、心を切り替えたとき、ヘアスタイルを変えることや、ヘッドスパへ行きリフレッシュする人が多いのではないでしょうか。
そうすることで人生が変わることもあるという女性特有の術を、潜在的に理解しているのかもしれません。

髪は女の命、という言葉がありますが、その言葉も決して大げさではなく、髪は女性そのもの、その人を表現する生命あるものなのでしょう。
その生命に、より良い人生へと繋がる導きの開運メッセージを吹き込んでもらえる春分の日を「髪を手入れする」ことで過ごしてみませんか。

新しい美しさを発見し新しい人生を歩むきっかけとなる素晴らしいメッセージが、洗練させた姿を作り出し自然と自信に満ち溢れた美しい表情を作り出してくれますよ。





スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...