ガジュマルの木のスピリチュアルな意味とは?解説していきましょう

ガジュマルという単語を聞いたことがあっても、それが観葉植物だと結び付く人はまだ少ないかも知れません。けれど、観葉植物を販売しているところでは、とてもメジャーで人気の観葉植物で、おそらく一度は目にしているはずです。またガジュマルの木は育てやすいので、初心者にも向いています。今回はそのガジュマルの木にどのようなスピリチュアル的な意味があるのか、詳しく解説していきましょう。

・ガジュマルの持つスピリチュアル的な意味とは
・ガジュマルの花言葉とは
・ガジュマルの不思議な話とは
・ガジュマルをスピリチュアル的に置くと良い場所とは


出典:無料素材画像 写真AC
 


 

ガジュマルの持つスピリチュアル的な意味とは

コロンとした幹をして可愛らしい印象のガジュマルの木。その人気は「多幸の木」「富をもたらす木」として販売されていることにありそうです。そもそも観葉植物を家に置くと風水でも良い気が流れるとされています。その中でもなぜガジュマルが幸せをもたらす木なのでしょうか。ここではガジュマルの木が持つ意味をご紹介いたします。

 

生命力が強く成長が早いガジュマル

ガジュマルは東南アジアから日本の南部、沖縄や屋久島など気温の温かい地域に生息する植物です。成長が早くどんどん大きくなり、沖縄では「家を壊す」などと言われていますが、実際にコンクリートを突き破ってでもその成長は続くそうです。沖縄では家のそばにガジュマルの木を植えてはいけないとされているほど、気根の成長がすさまじく、家の基盤を壊してしまうほどなのです。街中で販売されているガジュマルの木は、とても小さくてそのような力強さを感じないかも知れませんが、どんどん新芽を出して、葉をたくさんつけるので「富をもたらす縁起の良い木」と言われているのです。

 

精霊「キジムナー」がガジュマルには宿っている

沖縄では「キジムナー」という子供の精霊が言い伝えられています。その精霊がガジュマルの木に宿っていると言われているのです。キジムナーは妖怪ではありませんが、いたずら好きの子供の精霊です。キジムナーに好かれると、その家は豊かになるとされているのです。子供の精霊なので、大切に育ててあげると大きく成長し、ガジュマルの気根を通った人は幸せになるとも言われているのです。その家に現れると幸運をもたらす座敷わらしと少し似ていますね。


出典: Pixabay
 

ガジュマルの花言葉とは

植物や花には色々な花言葉がありますが、ガジュマルにもいくつかの花言葉があります。ここではガジュマルの名前の由来と花言葉とその意味を紹介いたしましょう。

 

ガジュマルの名前の由来は

ガジュマルの名前の由来はいくつかあります。太い幹や気根を岩や低木に絡ませながら成長していく姿から「絡まる」いう説もありますが、明治時代に家を守る防風林として輸入されたことから「風守る」という説もあります。どちらも言い方が訛って変化して「ガジュマル」と言われるようになったのです。

 

ガジュマルの花言葉とは

多幸の木とされているガジュマルは、花言葉がたくさんあります。まず「健康」です。たくましく成長していくところからその意味を持っています。また反対には「絞め殺しの木」という怖い意味も持っています。ガジュマルはイチジク属のつる植物です。岩や他の植物に巻き付いてその基盤を壊すところから、ガジュマルだけでなくイチジクも同じような意味を持っています。ですが、一般的にはガジュマルの花言葉は、健康など縁起をもたらす方で知られています。


出典:無料素材画像 写真AC
 

ガジュマルの不思議な話

ガジュマルを育てていて不思議な現象にあったことがある、という人が多いのをご存じでしょうか。それはどのような現象なのでしょうか。スピリチュアル的に深い意味がありそうですね。いくつかその実態をご紹介いたします。

 

突然成長したり、急に枯れたりする

同じところに置いていて、気温の差はさほどないのに急に大きくなったり、突然枯れてしまったりするようです。それは先ほどの精霊「キジムナー」のご機嫌が関係していると言われています。大きく成長している時は、キジムナーの環境が良くその家に幸福をもたらしてくれるのです。逆に枯れてしまった場合は居心地が悪くて、キジムナーが出ていってしまったため急に枯れてしまうと言われています。

 

声が聞こえたり、精霊のキジムナーを見たりする

怪奇現象とは明らかに違う、居心地の良い声が聞こえる人もいるそうです。感謝の意を述べたり、その人を気遣ったりするような言葉だそうです。植物や花も言葉や音楽がわかり、その成長に影響を及ぼすと言われていますから、精霊が宿るガジュマルならスピリチュアル的にその現象が起こりやすいのかも知れませんね。

実際にキジムナーを見た人によれば、とても小さくて、いたずらっ子のように足をくすぐったり、指を軽く噛んだりする場合もあるようです。きっと居心地が良くて遊びに出てきたのでしょう。いずれにしても、怖い印象などなく癒されるような気持ちになるそうです。


出典:無料素材画像 写真AC
 

ガジュマルを置くと良い場所とは

風水でもガジュマルは幸福をもたらす木として、人気の観葉植物です。せっかく置くのでしたら、その場所や方位がどのような運気を運んでくれるのか、またふさわしくない場所も合わせて、こちらでは詳しく解説していきます。

 

金運アップには西と北

家の中心から西と北にガジュマルを置くと、金運アップ効果が期待できるでしょう。元々風水でもその方位はお金の循環が良くなると言われているので、幸せを運んでくれるガジュマルを置けばさらに効果があがるのです。西でお金を作り、北で貯めるとされる風水の意味を夢みて、是非その方位にガジュマルを置いてみたくなりますね。

 

厄除けと人間関係・美容は南

南は人間関係を円滑に運んでくれる方位なので、南にガジュマルを置けば浄化作用が働き、人間関係が良くなります。また南の方位にガジュマルがもたらすものは美容効果です。綺麗になるうえに、人間関係トラブルがないのは何よりも嬉しいことですね。

 

東は仕事・成功運アップ

東は情報を司る方位です。ガジュマルを東に置けば、仕事や成功に繋がる良い情報が得られるのです。成長が早いガジュマルだからこそ、その運気はどんどんと膨れて、仕事や成功に導いてくれる効果が期待できるのです。

 

置いてはいけない場所

どんな観葉植物でも光があたらない場所に置いてはいけません。北にある玄関や窓のない玄関はスピリチュアル的にはよくないとされています。玄関は運気が入って来る大事な場所ですが、その方位にあれば運気のバランスが乱れるので、多幸の木のガジュマルでさえも置かないほうが良いのです。


出典: Pixabay
 

まとめ

ガジュマルに限らず観葉植物を置くことは、スピリチュアル的に良い運気を引き寄せます。さらに不思議な現象があり、癒し効果も高い多幸の木のガジュマルがなぜ人気なのか、お分かりいただけましたか。初心者からでも比較的簡単に育てられ、よほどでない限り枯れることもありません。ただし精霊のキジムナーと心が通えなくなれば、枯れてそのガジュマルからいなくなり、幸福の成長もストップしてどこかへ行ってしまうのです。どんな観葉植物でも心を込めてお世話する気持ちが大切です。大きく成長させ、富と幸福を手に入れましょう。

 

 

ウラスピナビ編集部

よく読まれている記事

運気アップにおすすめ!今すぐできる開運アクション9選
お金の悩みはもう解消!あなたがハッピーマネーを引き寄せる法

WRITTEN BY ウラスピナビ 編集部

ウラスピナビ 編集部
面白い情報やアンテナに引っかかった占い・スピリチュアル・旬な情報をたくさんお知らせしていきます!