天照大御神のスピリチュアル性について!日本での立ち位置や役割を解説!

天照大御神と言えば、日本神話において一番名前を知られている神様ではないでしょうか。地域によってはお正月に配布される新年のお札にその名前が書かれていたり、昔ながらのお家の床の間に「天照皇大神」と書かれた掛け軸が飾られていたり、日本中のいたるところにある神社さんの主神としてその名前を聞いたりしたことがあったり。良くはわからないけれど、どこかで聞いたことのあるお名前だったりしませんか?
今回は日本の神様の主格である天照大御神についてお伝えします。

この記事を読むと以下の事が分かります。
・天照大御神とは
・天照大御神のスピリチュアルな意味
・天照大御神のご利益


出典: Pixabay
 


 

天照大御神とは

ここでは天照大御神とはどのような存在で、日本人にとってどのような立ち位置に置かれているのかをご説明します。

 

天照大御神の概要

天照大御神は、奈良時代に成立したとされ、現存する日本最古の書物と言われている「古事記」や「日本書紀」に記載されている日本の神様です。

「古事記」においては天照大御神(あまてらすおおみかみ)
「日本書紀」においては天照大神(あまてらすおおかみ・あまてらすおおみかみ)

と表記されます。

別名として
大日孁貴神(おおひるめのむちのかみ)
大日女尊(おおひるめのみこと)
大日孁(おおひるめ)
大日女(おおひめ)
と書かれています。この他にもいろいろな表記があります。

日本国家神道の最上の神である天照大御神は、日本神話に主神として登場する日本で最も重要な神様の一柱です。一般的には女神と解釈され、高天原を統べる主宰神で、天皇家の皇祖神(先祖神)とされます。太陽神の性格と巫女の性格を併せ持つ存在として、古事記や日本書紀には書かれています。第一代目の天皇と言われている神武天皇は来孫です。

 

天照大御神誕生について

天照大御神は、日本を作った神様であるイザナミとイザナギの間で、最後に産まれた最も能力の高い3人の子供の中の一人として生まれました。

イザナミとイザナギは、日本の島々を次々に生み出しました。途中、火の神を産んだイザナミは、大火傷を負い亡くなってしまいます。イザナギは、黄泉の国へイザナミを連れ戻しに行きますが、うまくいかず。死者の姿のイザナミに驚いたイザナギは思わず逃げてしまいます。イザナミは激怒し、黄泉の国の住人と共にイザナギを追いかけます。しかしながら、黄泉の国と地上との境である黄泉比良坂(よもつひらさか)の地上側出口を、千引きの岩とされる大岩で塞ぎ、イザナギはどうにか逃げ切って地上に戻って来ました。地上へ戻ったイザナギが黄泉の国の穢れ(けがれ)を水で洗い流し清めている時に、さらに数々の神が生まれました。

最後に、イザナギが左目を洗った時に生まれた神が天照大御神(太陽神)です。右目を洗った時に生まれたのがツクヨミノミコト(月神)です。鼻を洗った時に生まれたのがスサノオノミコト(海神)です。

 

お祀りされているところ

天照大御神は、伊勢神宮内宮にお祀りされている神様です。皇室の皇祖神として、また日本の総氏神としても有名ですね。日本各地にある神明神社は天照大御神を祀る神社です。また、宮崎県高千穂町にある天岩戸神社や、和歌山県和歌山市の日前神宮などは良く知られている神社です。

神社以外でも、家庭や会社の事務所などの神棚などにも、よくお祀りされていますね。

 

天照大御神は女神

一般的に天照大御神は女神として扱われることが多く、イラストなどにも巫女の姿で描かれる事が多いと思います。各地の神社には、女性を思わせる天照大御神の別名がいくつか残っていて、伊勢神宮を始め各神社でも女神と考えられているそうです。天照大御神は、太陽神です。世界の神話学から見た場合、太陽神は男神もいれば女神もいます。日本において、天照大御神を男神と見ていた時代もありました。

神話の世界の神様は、明確な性別はないと言われています。天照大御神は、男性的な部分も持ち合わせる女神という見方が今は一般的なようです。

 

岩戸隠れの物語

天照大御神の神話の中で、おそらく一番有名なものは、岩戸隠れの物語です。

天照大御神は、暴れ者の弟神スサノオノミコトの悪行をかばっていましたが、とうとう怒りと恐れから天岩戸に引き籠ってしまいました。太陽神が隠れてしまったことで、作物は枯れ、疫病が流行りました。困ってしまった他の神々が話し合った結果、天照大御神を外に連れ出す作戦として、天岩戸の前でお祭りをすることにしました。踊りの得意な神が舞を踊り、神々は大いに盛り上がります。その楽しそうな声を聞き、外の様子を見ようと天照大御神が天岩戸を少し開けたところを、力持ちの神様が岩戸を押し開けて、天照大御神を外に連れ出しました。天照大御神が外に出ると世界には光が戻ったという事です。

 

天照大御神と天皇の関係

天照大御神は皇室の開祖と言われています。天皇のご先祖が天照大御神なのです。古事記や日本書紀によれば、第一代目の天皇は神武天皇で、その神武天皇は天照大御神の来孫(5代後の直系親族)という事です。
ちなみに、現在の伊勢神宮の祭祀は元皇族の黒田清子さん(今上天皇の妹さん)です。


出典:無料素材画像 写真AC
 

天照大御神のスピリチュアルな意味

ここでは天照大御神をスピリチュアルな側面から解説します。

 

太陽神

天照大御神という名は「天を照らす神」という意味です。その名の通り、太陽神です。日本には太陽信仰というものが根付いています。「お天道様が見ているから悪いことをしてはいけない」と聞いたことがあると思います。お天道様とは太陽のことで、つまり天照大御神の事です。

 

お名前そのものがマントラ

マントラとは祈りを表現した短い言葉の事です。天照大御神のお名前そのものがマントラです。「アマテラスオオミカミ」と唱える事で、天照大御神のパワーに触れることが出来ます。特に日食の日にマントラを唱えながら瞑想すると浄化されると言われています。

 

巫女の性格も合わせ持つ

天照大御神は、神御衣を織らせ、神田の稲を作り、大嘗祭を行う神様である事から、祭祀を行う古代の巫女を反映した神様とする説があります。
天照大御神のご利益の中で大きなものが「生命力の上昇」「子孫繁栄」「五穀豊穣」であると考えられています。

 

宇宙エネルギーである

天照大御神は、私たちの魂の成長を太陽のように温かく見守ってくださる高次元のエネルギー体です。一説では、天照大御神のエネルギーは過去と未来を行き来する素粒子だと言われています。宇宙そのものという事ですね。

 

アセンデッドマスターとしてのアマテラス

アセンデッドマスターは、私たち人類が住んでいる3次元より遥かに高い次元の存在です。 高潔な魂を持っており、一度は人間として肉体を持ったことがある霊体であると考えられています。彼らは私たち人類をより高次元に押し上げてくれるように導いてくれています。
アセンデットマスターと呼ばれる存在は世界中にたくさんいるのですが、天照大御神もそのうちの一人だと考えられます。天照大御神は、私たち人間の成長をサポートしてくれる役割を持っていると言われています。


出典:無料素材画像 写真AC
 

天照大御神のご利益

天照大御神のスピリチュアルなご利益は、所願成就です。ここでは天照大御神の現生でのご利益について詳しくお伝えします。

 

国土安泰

天照大御神の主な御神徳の一つが、国土安泰です。天照大御神を生んだイザナギノミコトとイザナミノミコトは日本を生んだ神様です。天照大御神は、太陽神として生まれました。また、日本を象徴する存在である皇室の開祖が天照大御神です。天照大御神は、ずっと日本国を守り続けているのです。

 

五穀豊穣

国土安泰と同じくらいに重要な事は、皆が飢えない事でもあります。天照大御神は太陽神です。太陽の光は生きるもの全てにとって必要不可欠な存在であり、作物が育つためにももちろん欠かすことが出来ません。特に作物が豊かに育つためには、適度な日の光が必要です。昔から、農家の床の間には、天照大御神の掛け軸が飾られていることはよくありますね。

 

開運

天照大御神の主なご利益は開運です。日本の主神であり、国を創り、全てにおいて統治されてきました。運気を上昇させ何事も開く方向に導いてくれるのは基本なのです。

 

良縁恋愛運

天照大御神が祭られている伊勢神宮内宮の中に「子安神社」があります。この子安神社にはコノハナサクヤヒメノミコトというとても美しい女性の神様がお祀りされています。この美しい神様は安産・子授けの神様です。女性の人生を守り、良きご縁に導いてくれるのです。
また、「東京のお伊勢さま」と称され親しまれている東京大神宮にも、天照大御神はお祀りされています。東京大神宮と言えば、縁結びに御利益のある神社としても知られ、良縁を願う人たちのご参拝が多い事で有名な神社です。
天照大御神の御神徳は良縁から安産まで、女性の味方なのです。

 

生命力向上

天照大御神が天岩戸に隠れていた間、世の中の植物は枯れ、疫病が流行りました。生きる物が健康を維持するためには、太陽は必要なものです。天照大御神のパワーは、心身共に健康で長寿へと導いてくれるのです。

 

困難打破

天照大御神自身、様々な困難に遭遇しながら高天原を統治してきました。天照大御神の偉大なパワーは、困難な事に巻き込まれている人を助け、自ら解決に導かれる道を見つけられるように後押ししてくれる力を持ちます。

 

新規事業祈願

太陽神として高天原の統治を任され、国づくりを行っていった天照大御神は、同じように新しい事を成す人の後押しもしてくれます。目標に向かって慢心せずに努力しましょう。

 

勝負に勝つ

天照大御神のご利益のうちの一つが、勝負運の強さです。古事記の中の神功皇后(じんぐうこうごう)のくだりがこの勝負運の強さを示しています。

神功皇后に降ろされた天照大御神からのご神託を無視して急死した夫・仲哀天皇になり変わり、神功皇后は妊娠中であったにもかかわらず、皇軍を率いて戦場に行き、その戦いに勝利したのです。
国を富ませるために立ち上がる強さも天照大御神のパワーのひとつです。

また、勝負運のひとつでもある試験に合格する力も与えてくれます。さらには、立身出世運のご利益ももたらしてくれます。


出典: Pixabay
 

まとめ

日本人にとって最もポピュラーな存在の神様は、やはり天照大御神でしょう。知名度が高いだけではなく、パワーも最高の神様です。

時には天照大御神のお名前を唱えてみましょう。「アマテラスオオミカミ」というお名前自体がマントラなのです。天照大御神の現生でのご利益を理解した上で、このマントラを唱える事で、スピリチュアルな波動やパワーをより高く感じることができるようになるでしょう。

 

 

占い師:うめざわみき

 

 

【うめざわみきの対面鑑定占い】

鑑定内容

カード(花札・ルノルマンカード)と九星気学・風水を合わせた鑑定を行います。あなたの切実なる願い(欲望)を叶えるお手伝いをします。

料金:一時間/一万五千円
場所:レンタルスペースイエナ
http://www.y-ena.com/

鑑定のお申込み・お問合せは
uraspi1234@gmail.com 宛にお願いいたします。

・氏名(漢字とひらがな)
・鑑定ご希望の日時(2つ以上もしくは、期間・範囲・曜日など)
ご明記ください。

WRITTEN BY うめざわ みき

うめざわ みき
花札占いのうめざわみきです。 占い鑑定歴は42年になります。 カードは私のよき相棒です。 花札...