★新月満月前夜に配信! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちらから!

お彼岸はスピリチュアルメッセージを受け取る日!

メッセージに気づく方法とは

 

スピリチュアルメッセージは、誰でも受け取ることができます。お彼岸は、そのスピリチュアルメッセージを受け取る日でもあります。メッセージに気づくことができたら、きっと幸せを感じることができるはず。そのメッセージに気づく方法とは、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。


出典:無料素材画像 写真AC

 

お彼岸はスピリチュアルメッセージを受け取る日

 

一年の中でお墓参りに行く日は、お盆、お彼岸、年末年始、命日、感謝の気持ちを伝えたいとき、掃除をするとき。考えてみれば、お墓が家から近いのもあり、行く機会はよくあるものです。

 

なかでもお彼岸(春分の日・秋分の日)は、少し特別な感じがします。昼と夜の長さが同じであり、太陽が真東から昇り真西に沈む日。あの世である極楽浄土とこの世である私たちの世界が繋がる日。お彼岸の夕日が西の空に沈む様子は、その光をただ見つめるだけで心落ち着く時間です。

 

そして、特別な時間を感じることができるお彼岸は、スピリチュアルメッセージを受け取る日でもあります。

 

 

なぜ、スピリチュアルメッセージに気づくことができない?

 

宇宙やあの世の大切な人たちからのメッセージは、私たちの普段の生活の中に常に贈られてきています。今を生きる私たちは、そのメッセージに知らず知らずに気づいていることもあれば、全く気がつかないということも多くあります。

 

なぜ、メッセージに気づくことができないのでしょうか。それは、自分の感覚で感じるという機会が少なくなったことにより、五感が鈍ってきているからです。インターネッがこんなにも普及していないときは、食べたい食べ物、行きたい場所、聴きたい音楽など、実際に行き、食べ、聴いて、感じてみなければわかりませんでした。自分の感覚が頼りだったはずです。

 

ですが、今は目の前に情報があるので五感で感じる前に情報が感覚を満たしてしまう。五感を使う機会が減ってしまったのです。五感を使わなければ、感じ取る力や六感も弱くなる。贈られてくるメッセージに気づく感覚も鈍くなるのです。


出典: Pixabay

スピリチュアルメッセージに気づく方法

 

行ったことのない店、いつもとは違う食事、行ったことのない場所、聞いたことのない音楽。好奇心は第六感を育てます。毎日、五感のどれか一つでもいい、刺激することを続けてみる。身体の奥に沈んでいた感覚が蘇り、直感も冴えるようになります。感じることに正解はなく、自分が何を感じたのか、その感覚がとても大事なのです。

 

インターネットが必要であり大切な時代ですが、五感を鍛え六感を鍛えることは、忘れてはならないことの一つでもあると思うのです。お彼岸はきっとその感覚を呼び覚ましてくれるはず。

 

時間があれば、西に沈む夕日を見ながら太陽に続く道無き道に思いを馳せてみるのもいい。その時間が温かくも感じ、また少し切なくも感じるのは、繋がった世界によりあの世の大切な人たちと私たちが共に過ごすことができたからなのかもしれません。

 

 

スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...