★3人の占い師が担当! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちらから!

ワンランク上の人生を生きよう!
自分に負荷をかける!

 

今までとは違う人生を生きてみたい。そう思ったならば、自分に負荷をかけてみる。自分に負荷をかけることは、ワンランク上の自分になるチャンスだからです。自分に少しの負荷をかけることは新しい人生の始まり、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。


出典: Pixabay

 

幸運のジンクスが信じられなくなるとき

 

ジンクスを信じていた自分が、あるとき
「ジンクスなんて本当にあるのか」
と疑うことや存在さえも否定するような気分になるときがあります。

 

そのジンクスとは、幸運の前触れを知らせる自然現象。例えば、空から白い鳥の羽根が舞い降りてくる、天気雨に浮かぶ虹を見る、ふと見上げた夜空に流れ星を見つける。そのような光景を目にしてもラッキーなことなど、何一つ起こらない。現状は変わらないし、毎日息をしながら生きているけれど、前に進んでいる感じもしない。

 

それでも幸せであることを理解し、悪いことが起きていないことが心のよりどころにもなっている。ただ、訪れるジンクスに期待はしないと思う心の片隅で、期待のかけらが待ちくたびれうんざりしているのです。

 

負荷をかける、ワンランク上の自分へ

 

「自分の努力が足りないのだろうか。自分なりに頑張り踏ん張っていることが間違っているのだろうか」

 

人生の行き詰まりのような感覚を感じたならば、あえて自分に負荷をかけてみる。負荷とは、不安や心配を上回る好奇心や挑戦したい気持ちを行動に起こすこと。

 

大切なのは、自分の力で持続できる負荷にすること。負荷に負けてしまっては元も子もないから。負荷は、何も変わらないと思っていた自分を上回ることができるチャンス。身体に筋肉をつけるときと同じ。何もしない日常を続けても筋肉は増やせない、負荷をかけて初めて筋肉は大きくなる。

 

今よりもいい家に住む、いい時計や車を買う、興味のある職業に挑戦する、美顔器を買う、ジムに通う。負荷をかけたときからワンランク上の自分がいて、変わらない生活からすでに抜け出せているのです。

 

形から入ること、形を先取りすることは悪いことじゃない。負荷という習慣が今をどう生きるか、人生という限られた時間の中で答えを見つけることを可能にしてくれるのです。


出典: Pixabay

 

人生を生きる技に磨きをかける

 

何も変化がない、何も起こらない。そのようなときでも宇宙は私たちを見ていてくれています。ジンクスがその証拠であり、未来への環境を宇宙が整えてくれている準備期間でもあります。停滞期とか低迷期という感覚になるかもしれません。ですが、宇宙は人生を動かしている。何も起こらないときのジンクスは、そういったことなのです。

 

宇宙が準備してくれたものに適応し、維持していける自分でいることができるよう自分に負荷をかける。その陰に一瞬キラリと輝く光を見るとき、人生を生きる技に磨きがかかる瞬間が訪れる。人とは違う自分の輝きを感じることができる瞬間でもあるのです。

 

 

スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...