★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

進化を求めるなら、まずグラウンディングから

2018年の折り返し点に来て、春分もウエサク満月も過ぎ、夏至前後、そして夏越の大祓いと、見えない環境では次々大イベントをこなしているため、エネルギーの変化にめまいがするほど翻弄されてしまう人もいます。
そこで、基本に立ち返り、食べ物からのグラウンディングを見直してみました。
わたしたちのエネルギーセンターである、チャクラは、主なものが7つと言われます。場所で示すと、第一番目が会陰、二番目がおへその下の丹田、三番目が胃、四番目がみぞおち、五番目が喉、六番目が眉間、七番目が頭頂です。
スピリチュアルな学びを進めるとき、とかく高次元とつながろうとして、上位のチャクラを意識しがちです。
ですが、あわてるなかれ。どんな形で進化するにしても、この星で生きるには、まずグラウンディングが大切です。
そのためには、瞑想のほかにも、土の上を歩いたり、ガーデニングをしたり、自然と直接触れ合ったりするのが近道です。料理を通して水や火や風、大地のエネルギーと対話するのも、役立ちますよ。

見て、触れて、食べる色彩


photo by タドジュンコ

色彩は、目で見て、皮膚で触れて、食べて、その周波数のパワーをいただきます。今回は、ビーツとトマト、赤ワインで簡単なベジタリアンのスープです。
チャクラに響く色で遊びながら、グラウンディングを促します。
第一番目のチャクラは、基底チャクラ、ルートチャクラ、ムーラダーラチャクラなどとも呼ばれ、脊椎(せきつい)の一番下の尾てい骨、会陰のあたりに位置し、色は赤色で示されます。この星で生きてゆくための基本的エネルギーの場で、生命力と生殖を司り、健康と物質面での安定との関わりがあります。
かつて日本女性が身につけていた赤い腰巻も、そうした色のパワーを知っていたからなのでしょう。





赤い色の周波数をいただく

さて、この季節、鮮やかな赤い野菜や果物が出回っています。例えば、ビーツ、ザクロ、トマト、赤パプリカもそうですね。こうした赤色を取り込むと、第一チャクラが共振して、整ってゆくと考えられます。
第一チャクラには、根菜もとてもよく働きます。大根やごぼう、にんじんなど大地に根をおろす求心性のあるものは、グラウンディング力が取り込めるので、オススメです。ただ、それらは冬が旬。
今回は、夏に旬を迎える根野菜のビーツと拡散性の瓜科野菜たちの赤いパワーを楽しみます。


photo by タドジュンコ

赤いチャクラのビーツスープ

材 料  (2人分)

椎茸昆布だし            200ml (干し椎茸と昆布を一晩水に浸けおく )
レッドオニオン           少々 (角切り )
ガーリック              ひとかけら (みじん切り)
ビーツ               100g (〃)
トマト               50g  (〃)
赤パプリカ             50g (〃)

塩                 適量
醤油                少々
赤ワイン              少々
ピンクペッパー           少々

作り方
① 椎茸昆布だし大さじ1と塩ひとつまみでレッドオニオンとガーリックを炒める。
②  ビーツ、トマト、赤パプリカを加え、残りの椎茸昆布だしを入れて煮る。
③  塩、醤油、赤ワインを加えてひと煮立ちさせる。
④  器につけてピンクペッパーを散らす。

※少し冷ましたほうが味が馴染む。

★新月・満月前日に配信! ウラスピナビ旬の占いスピリチュアルな情報のメルマガ無料会員登録はこちら!





ワンネス料理研究家:タドジュンコ

WRITTEN BY タドジュンコ

タドジュンコ
【インフォーメーション】 ・「タド・ジュンコ講座開催」 見えない意識と見える物質の橋渡しをする〜...