節分は一年の節目、豆まきや恵方巻きを食べて過ごしますね。
その節分、人生のとても大きな節目でもあるのです。
節分を日本の伝統行事として過ごすことと同時に、人生のクオリティを高めることもできます。節分にある人生のクオリティを高めることができる力、節分の意味や作法をスピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。




節分の歴史

豆まきの行事で知られる2月3日の節分、旧暦でいう大晦日にあたります。厄を落として季節の変わり目に入りやすい邪気を防ぎ、また、無病息災と幸せを願い新年を迎える行事として行われてきたのです。

節分の始まりは、平安時代です。中国では、陰陽師がその年の厄を払う追儺(ついな)という行事を大晦日に行っていました。その行事が日本の宮中に鬼払いの儀式として伝えられ、室町時代になると全国に伝わり豆まきが習慣となりました。豆まきに使われる大豆には、穀物の中でも穀霊(穀物に宿る精霊)が宿るといわれ鬼を払うことができると伝えられています。また、災害や病、邪気や厄などは姿を持たない鬼の仕業と考えられていました。

(出典:ぱくたそ)

節分、受け継がれる伝統行事の作法とは?

節分は日本に伝わる伝統行事です。地域によりその作法は様々ですが、一般的に伝えられているものをご紹介しますね。豆まきの仕方や意味を知り、たくさんの福を取り込みましょう。

【豆まき】

豆まきに使う大豆は炒ったものを用意します。
豆を炒ることは鬼の目を射ること、また豆は魔を滅する魔滅にもつながるといわれ、豆をまくことで鬼を追い払うことができると伝えられています。

豆をまくときは、その家の主人がまきますが、年男、年女、厄年の人、家族全員など地域により様々です。また、「福は内、鬼は外」と声を出しながら豆をまき、鬼は夜来るといわれていることから夜にまきます。

【豆を食べる】

豆まきの後は、年齢の数だけ(もしくは1つ多い新年の年齢の数だけ)豆を食べます。
邪気を祓い無病息災と幸せを願いながら豆を食べることにより、厄払いをして福を取り込む意味があります。

【恵方巻きを食べる】

恵方巻きの恵方とは、その年の年神様がいる方角のことで、恵方巻きとは福を巻き込むといわれる縁起物の太巻き寿司のことです。江戸時代以降、関西地方では節分の日に商売繁盛と厄払いの意味を込め巻き寿司を食べる習慣がありました。それは、後に恵方巻きとして全国に広まりました。

恵方を向いて恵方巻きを無言で丸ごと一本食べることで縁を切らないという意味があります。また無言で食べるのは、話すことで運が逃げてしまうことを防ぐといわれているからです。

《2018年 恵方》 南南東

【柊鰯(ひいらぎいわし)を飾る】

柊鰯(ひいらぎいわし)とは柊の小枝に焼いた鰯の頭を刺したもので、節分には門口や玄関に飾る魔除けとして使います。鰯の焼く臭いと柊の葉のトゲが鬼の苦手なものとされ、鬼や災難を避けることができるといわれています。

節分は停車駅、人生のクオリティを上げる列車に飛び乗ろう!

(出展:ぱくたそ)

節分の次の日は立春、旧暦では新しい年の幕開けです。

大きな節目である節分を過ごし新年を迎えるということは、その土地にあった方法で自分のエネルギーを整えられるという心強いサポートを受取ることができます。そのサポートは、列車へ乗るときのチケットのようなもの。そして一年の節目である節分は人生を走る列車の停車駅、さらに、列車を動かす原動力は宇宙エネルギーなのです。

宇宙エネルギーが動かす列車に乗ることで、人生のクオリティを高め、心が豊かになる節目を経験し、また発進する力を得られるのです。それは、節分という節目から草木は芽吹き、木の年輪も成長し始める自然のエネルギーサイクルと共に新しい年を迎えるからです。

節分は毎年やってくる停車駅!

それぞれの進むべき道への列車へと、ベストなタイミングで乗り換えることができ、望む未来へと降り立つ駅を目指し進んで行ける日。邪気を祓い、福を取り込むことで自分の心が喜ぶ幸せと、自分にとっての上質とは何かを発見できるようになるでしょう。

節分には、先人からの知恵と宇宙からの素晴らしい人生への働きかけがあり、人生のクオリティを高める力があります。今春の停車駅には、列車に吹き込む清々しい風を感じ、その瞬間に聞こえるコツコツと踵を鳴らす軽やかな音は、新たな列車を目指し心地よく響くことでしょう。
年輪を増やし新たな人生の芽が出てくる素敵な春になりそうですよ。





スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

 

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...