七五三というと子どもの行事と思う人は多いのではないでしょうか。
日本古来、七五三を祝う日は、すべての人に最も縁起の良い日とされる最吉日であり、その訳は七五三の由来にあります。
七五三の由来と最吉日の過ごし方をスピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

七五三の由来とは


出典:無料画像素材 写真AC

子どもの成長の節目である七五三は、健康に成長することを願い幸せを祈る行事です。
数え年の3歳、5歳、7歳の11月15日に、産士神(うぶすながみ)に参拝するとされていますが、最近では11月15日にこだわらず、その前後の休日など都合の良い日に参拝し満年齢で祝うことが多くなりました。

七五三は平安時代の貴族のあいだで始まり、江戸時代には武家や庶民へと広まります。
儀式として行われていた七五三、中国から伝わった陰陽道の思想の影響もあり、奇数は縁起の良い数とされ、祝う年齢にもそれぞれ意味がありました。





【七五三の儀式】

3歳 髪置きの議(髪を伸ばし始める。男児・女児)
5歳 袴の議  (初めて袴をつける。男児)
7歳 帯解きの議(紐付きの着物から丸帯の着物を着る。女児)

なぜ、七五三を11月15日に祝うようになったのでしょう。
旧暦の11月15日は、古来、中国から伝わった吉凶を占う暦、二十八宿(にじゅうはっしゅく)の中で鬼宿日(きしゅくにち・きしゅくび)にあたります。
鬼宿日は、鬼が自分の家にいる日なので、鬼に邪魔をされず参拝でき、すべてにおいて最吉日とされていました。
旧暦の二十八宿は一カ月が28日であり、毎月15日に鬼宿日が巡ってきました。なかでも11月15日は一年で最初の満月の日にあたり、特別な月の日に子どもの成長の喜びと感謝、幸せへの願いを込め儀式行うようになったともいわれています。
改暦された今の時代にも最吉日は引き継がれ、新暦の11月15日に七五三を祝い参拝する日となっています。

七五三を祝うに向けて


出典:無料画像素材 写真AC

七五三には晴れ着を着せて参拝します。
和装の場合は、男児は紋付羽織袴、女児は3歳では小紋や無地の着物にお被布、7歳では振り袖を着ます。
付き添いの母や祖母の着物は付け下げや小紋などがよいでしょう。
洋服の場合もフォーマルな装いにします。
ただ、和装の方が洋装より格が上になるので、お子さんが洋装の場合は家族も洋装に合わせましょう。
当日は、写真撮影、参拝、ご祈祷・食事会という過ごし方が多いのではないでしょうか。
写真撮影・衣装のレンタル・食事会の店は、事前に早めの予約をしておくと安心です。写真撮影は前撮りを利用すると小さなお子さんは疲れずにすみますね。

七五三のお祝いは基本的に贈ることはしませんが、親しい間柄で祝う場合は、紅白、花結び、のし付きの袋に包み、表書きは「御祝」「七五三御祝」と書かれたものがよいでしょう。
お祝いをいただいた場合は内祝いとして、半返しが基本です。
デパートなどのギフトコーナーでは、七五三の内祝いが揃っているので便利で重宝しますよ。

七五三だけではない、最吉日を自分らしく過ごそう


出典:無料画像素材 写真AC

最吉日である鬼宿日は、七五三だけではなく、すべてにおいて縁起のよい日とされ、独身の人やお子さんがいない人も縁起の良い一年の節目として過ごすことができます。
鬼宿日は、すべてにおいて吉ですが、結婚式・縁談・入籍・結納・お見合いなど、結婚に関することは凶とされているので避けるようにしましょう。
新暦でも二十八宿の暦から鬼宿日は毎月のように巡ってきますが、今年も残りわずかとなりました。
残りの鬼宿日を、心がのぞむこと、一年の節目、人生の節目となるようなことを思い、過ごしてみてはいかがでしょうか。

【二十八宿による2017年 新暦の鬼宿日】

11月17日(金)
12月15日(金)

日本古来の美しいしきたりには、今も受け継がれている宇宙からのエネルギーが宿っています。
情報や物質に溢れた現代の生活に追われていると、目に見えないものを感じることから遠ざかってしまいがちですが、最吉日である“鬼宿日”には自分の心と向き合い美しいしきたりの情調を感じてみるのもいいかもしれません。
最吉日を節目とし、大事に考えることで生きるエネルギーを受取り、自分の原点でもある素直な心と向き合え、真の姿を見ることができるでしょう。
自分らしさに気づく、最吉日の訪れを心で感じてみてくださいね。




スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...