秋も深まり、ひんやりとした風を感じるようになりました。
年の瀬がすぐそこまで来ているこの季節、日本伝統の年中行事といえば酉の市ですね。熊手や活気のある手締めが有名ですが、なぜ酉の市や熊手ができたのでしょう。
酉の市の由来と楽しみ方、福をかき込みながら更なる飛躍をかき込む方法を、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

酉の市とは? 由来について

酉の市とは、11月の酉の日に寺社で行われる江戸時代から続くお祭で、商売繁盛・開運招福などを願う縁起熊手が有名です。
日本全国に酉の市を開催する寺社は数多くありますが、なかでも東京都台東区にある鷲神社(おおとりじんじゃ)は日本最大の酉の市が行われることで知られています。
酉の市の始まりは、日本武尊が鷲神社で東国への勢力拡大の先勝祈願をし、また、お礼参りをした際に社の前の松に武具であった熊手を立てかけ勝戦を祝ったことだといわれています。
そして、勝戦を祝った日が酉の市の行われる11月の酉の日であり、松に立てかけた熊手は縁起物となりました。

【2017年 平成29年 酉の市 開催日】
11月 6日(月)一の酉
11月 18日(土)二の酉
11月 30日(木)三の酉

「三の酉」のある年は火事が多い?

酉の市が行われる11月の酉の日は、2回または3回ある年があり、早い日にちから「一の酉」「二の酉」「三の酉」といいます。
日本古来、「三の酉がある年は火事が多い」という言い伝えがあり、それには寒さと乾燥する季節の火に対する用心、女性たちが夜遊びをする男性に三の酉は火事が多いということを理由に足止めをしたなどありますが、明暦の大火は最も根拠ある言い伝えとされています。
明暦の大火は、明暦3年(1657年)1月18日に起こった大火災、2日間で江戸の大半を焼き尽くしました。
この年も三の酉まであり、火に対する戒めの気持ちから「三の酉がある年は火事が多い」と言い伝えられるようになったのです。
2017年は「三の酉」がある年です。火に対する戒めの気持ちを持ち火の元には気をつけたいですね。





酉の市の楽しむ! 縁起熊手の粋な買い方

酉の市の縁起熊手には、宝船に乗った七福神、松竹梅、招き猫、大判小判などが飾り付けられ、かき集める道具から福をかき込めるという縁起物として伝えられています。
その縁起熊手、酉の市を楽しむ粋な買い方があります。
縁起熊手を買うときは、前の年より多くの福をかき込めるということから、最初は小さい物を買い、一年ごと大きい物にしていくのがよいとされています。

【縁起熊手の粋な買い方】
1、買いたい縁起熊手を決めます。
2、買いたい縁起熊手が決まったら値切ります。
3、値切ってもらえたら、値切ってもらえた金額を支払うのではなく定価の金額
を支払います。(値切ってもらえた金額は熊手屋さんのご祝儀としてわたし
ます。)

縁起熊手を買うときの値切る、ご祝儀をわたすという商談を楽しみ笑顔で挨拶を交わす様子は、江戸時代から続く日本の伝統と粋を感じることができます。
値段が1万円位から上の縁起熊手を買った人や常連さんは、熊手屋さんが手締め(三本締め)をしてくれます。
手締めは熊手屋さんだけではなく周りにいる人もしてくれるので、とても盛大で元気をもらえる酉の市の醍醐味でもあります。
大きな縁起熊手を買い飾ることは、景気づけや願掛け以外にも縁起熊手を見た人にも運が向くという、とても大きなパワーがあります。
酉の市に行き熊手屋さんの威勢のよいかけ声や商談の様子を見るだけでも楽しめて素晴らしいパワーをかき込めそうですね。

縁起熊手のおみくじ的要素は、更なる飛躍へのギフト

最近では、酉の市の縁起熊手は商売繁盛・開運招福だけではなく、健康・家内安全・勝運・恋愛成就などの願いも叶えられるとされ、次の年運を願うおみくじ的な要素がある縁起物になっています。
今の私たちがスピリチュアルに向けて求めていること、注目していること、それは、そのおみくじ的要素にあるのではないでしょうか。
おみくじ的要素とは、すべての人々を幸運へと導き、幸せと福を招くという願いが込められた更なる飛躍へのギフトなのです。
酉の市の縁起熊手には、福をかき込むということを信じることで、おみくじ的要素と時代を超えた伝承という絆が作り出した心の安らぎという、もう一つのギフトも授けてくれるでしょう。

秋色に染まる木の葉を見ながら、日本の粋と活気に満ちた酉の市に出かけ福をかき込む、更なる飛躍をかき込む、素晴らしいギフトに会いに行ってみませんか。





スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...