夏の間は暑さで水分が失われ体調不良や、また熱中症になるなんてこともありますが、水分をたくさん摂りたくても汗のことが気になり水分補給を少なめに調節してしまうことがありませんか。
暑さによる水分不足は体調に影響するので注意が必要です。
ブレない美人は、暑い夏を涼しく過ごし水分を上手に補給、元気に過ごすことができます。

その過ごし方と「水」のエネルギーの取り込み方をスピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

「水」は生命の源


出典:無料画像素材 写真AC

私たちがいる地球は水の惑星といわれ青く美しい星ですね。
水の惑星といわれるのは地球の約10分7が水で覆われているからなのです。
これだけの水分が地球に存在するのは、宇宙に地球が生まれて間もなく雨が降り始め、その雨が三千年降り続いたからだといわれています。
その雨は水中に生命を誕生させ、水は生命の進化を支え守ってきました。
そして、私たち人間も体の水分量は50〜75%と、ほとんどが水分でできています。

体に必要な酸素や栄養素を運び、不要な老廃物を体外に排出するのは血液の働きですが、その血液のほとんどは血漿という水分でできた液体です。
水は私たちの生命の源であり生命を維持する大切なものなのです。

とくに夏は暑さで熱中症や脱水状態になることもあるので、体調不良にならないよう水分補給に気をつけなければなりません。
生命の源となる「水」の補給と、そのエネルギーを取り込み暑い夏を元気に過ごしたいですね。





「水」のエネルギーの取り込み方

私たちの体に必要な水分の補給というエネルギーの取り込み方は、生活の中にたくさんあります。

ミネラルウォーターや経口補水液、またスポーツドリンクなどを飲むことや、かき氷を食べる、屋外にあるミストシャワーを浴びる、携帯用の保湿ミストを使うなどあります。

 

他にも「水」のエネルギーの取り込み方で、夏ならでは方法があります。

一つは、夏の果物や野菜には水分が豊富なので、熱中症対策にもなり水分補給もできます。特にスイカ、モモ、きゅうり、セロリ、ズッキーニ、トマトなどは水分量が85〜99%と多く含まれています。

夏の果物や野菜は、体を冷やすことができ水分とミネラル、ビタミンも同時に補給、さらに栄養素も吸収できるので果物や野菜の「水」のパワーを積極的に摂ると体調も整いますね。

そして、もう一つ「水」で涼しくなれてエネルギーも取り込むことができる方法があります。

それは、湧き水です。
湧き水のあるところは「水」のエネルギーが強く、パワースポットになっているところが多いですね。
湧き水は、雨や雪が地層で長い年月をかけて濾過され地下水になり、自然と地表に湧いて出てきた水が湧き水です。
長い年月をかけ濾過された湧き水は透明度が高く、そしてとても冷たいですね。

湧き水は飲めるとこともありますし、飲めなくても湧き水に触れることができるところもありますので、涼しさと地球から湧き出たパワーを両方受取ることができます。

「水」には雨と同じ浄化の作用があります。
湧き水は長い年月をかけ地球のパワーを含んだ分、浄化作用のエネルギーが強く感じられリフレッシュすることができるでしょう。
日本だけではなく世界にも湧き水はあり、フランンスのルルドの泉やドイツのノルデナウの水などは神秘的なパワースポットとしても有名です。

湧き水の場所は、日本全国にたくさんあるので近くの湧き水の場所へ出かけてみるのもおすすめです。
(全国の湧き水の場所はインターネットで調べることができます。
環境省のホームページから湧き水で検索すると湧き水のある場所と特徴を詳しく知ることができます。)

【環境省ホームページ】
代表的な湧き水

「水」の恩恵を受けるということ


出典:無料画像素材 写真AC

「水」は、地球が私たちに与えてくれた素晴らしいエネルギー源なのです。
その「水」の恩恵に感謝する気持ちを持つことができたらいいですね。
「水」は、体に感じながら吸収できるエネルギーであり、体や細胞に染みわたる感覚を研ぎすませることで、よりエネルギーを吸収することができます。
体調が良くないときやリフレッシュしたいとき、また、癒されたいときや気分をリセットして心機一転したいとき「水」の形は様々ですが、命の源である「水」との関わりを持つことで、心身ともにエネルギーを取り込み良い状態へと導いてくれます。

それが命の源である「水」の恩恵でもあるのです。

毎日「水」の恩恵を受けることができる環境に感謝し、エネルギーを取り込みながら清々しい気分で、涼しく、元気に、夏を過ごしてくださいね。





WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...