白檀の香りの持つスピリチュアルな意味とは!その効果について解説します

白檀と言えば「高級なお線香に使われる香り」というイメージが私にはあります。昨今は科学的に合成されたお線香の香りが多い中、白檀はぶっちぎりの高級感があります。とはいえ、その香りは独特で、嫌いな人も多いのかなとも思います。
今回は白檀について、そのスピリチュアルな意味を解説してゆきます。

この記事を読めば以下の事が分かります。
・白檀(ビャクダン)とはなんでしょう
・白檀のスピリチュアルな意味
・白檀の香りの効果と使い方


出典: Pixabay
 


 

白檀(ビャクダン)とはなんでしょう

白檀とは、聞きなれない単語かもしれませんが、お寺さんのお線香の香りと言えばピンと来る人もいるのではないでしょうか。ここではイマイチよくわからない白檀について解説します。

 

白檀とは

白檀とは、インド原産の香木で、半寄生の熱帯性常緑樹です。さわやかな甘い香りを持つ香木で、まずはお線香の原料として最も一般的です。また、仏像や仏教儀式に欠かせない数珠等の仏具に使われています。さらに、扇子の骨に使われることもあり、これをあおぐことで香りを発散させたり、匂い袋の香料の一つに利用するなど、わりと身近なところで多種多様に使われているようです。実は私たちは、白檀を香りとしてよく知っていたりします。

 

サンダルウッドともいいます

白檀を蒸留すると精油が取れます。この精油は、サンダルウッド・オイル(白檀油)と呼ばれています。アロマオイルとして一般的に良く使用されているオイルです。白檀という言葉を知らなくても、サンダルウッドと言えばわかる人もいるでしょう。主成分であるサンタロールには、殺菌作用、利尿作用の薬効成分があり、薬としても広く利用されています。また、精神を静める効果も知られています。胸のつかえをとり、爽快感を与え、精神的なストレスや不安症などもやわらげる効果が認められていて、アロマテラピーでも頻繁に利用されています

 

香りは独特

白檀の香りは、好きな人と嫌いな人がはっきり別れる香りでもあります。ウッディでさわやかな甘い香りが独特で、それはお寺さんの香りでもあり、どこか懐かしい感じもする香りですが、どうしてもこの匂いがダメという人もいます。いわく「お線香くさいおばあちゃんのお家の匂い」とか、「サンダルウッドは男性の脇の下の汗と似ている」とか、人によっての感じ方は様々ですね。

 

アーユルヴェーダでは治療薬

白檀は、古代インドの医学アーユルヴェーダにおいて、自然治癒を促す薬として用いられています。気管支炎や咳・痰などの呼吸器系の疾病・皮膚トラブル・膀胱炎・性病等に効くと言われ、昔から高い治療効果があるようです。


出典:無料素材画像 写真AC
 

白檀のスピリチュアルな意味

白檀のスピリチュアル性はその香りにあります。独特の香りを持つ白檀のスピリチュアルな意味を解説します。

 

白檀の香り自体がスピリチュアルサイン

白檀の香りは仏具や仏教建築に使われるだけでなく、修行僧が瞑想に使うなど、香り自体が波動の高いものです。故人を偲んでいる時などのふとした瞬間に白檀の香りがしたら、それはご先祖様が守ってくださっているサインです。運気も上がる事でしょう。
なお、日常生活において、するはずのない香りを感じる現象は芳香現象といって、スピリチュアルなサインであると言われています。

 

死を通して生きることを見つめる

サンダルウッドオイルは、死を通して生きることを見つめる事をテーマにしています。もしあなたがこの香りを嫌うのであれば、死生観というものについて、あなたは無意識のうちに避けている可能性があります。白檀の香りは、どうしてもお寺さんや仏様を思わせるものがあります。死との出逢いは、実はあなたの生を輝かせます。死を意識して今を生きる事が出来ていれば、白檀の香りもあなたにとって優しい甘い香りに変わるのかもしれません。

 

肩の荷を下ろしましょうとのメッセージ

深く息をする事も忘れてしまうほどにストレスがかかりすぎている時は、嫌いでなければ白檀の香りで癒されてください。白檀の香りは「肩の荷をおろしましょう・軽くなってホッとしましょう」という波動で、あなたを包み込んでくれるでしょう。

 

邪気を祓う魔除け・守護の効果あり

白檀は霊力が高い木と言われています。邪気や悪霊などの良くないものを寄せつけない魔除け効果があるようです。実際にお釈迦様を荼毘に付す時に使われたのが白檀だと言われています。また、白檀は、特に人由来の霊的な波動から身を守るのに良いとされています。結果として白檀の香りによって運気はアップするのです。


出典:無料素材画像 写真AC
 

白檀の香りの効果と使い方

白檀は香りを使うことでいろいろな効果が期待できるようです。ここではその香りと、有効な使い方について解説します。

 

ヒーリングとリラックス効果

白檀には精神を静める効果があります。心身共に深い安らぎを与えてくれるため、頭痛や不眠などの神経系の興奮を冷まし、不安定な気持ちを落ち着け、そしてストレスを和らげてくれます。白檀の香りが好きな人は、寝具や衣類にスプレーして心を静めて快眠しましょう。

 

グラウンディング効果

白檀の香りは、自分自身と向き合う意識に働きかけるため、心のバランスを保つ効果があります。そのため、自分自身を確立するグラウンディングに効果があります。

 

自分の内面を見つめ直す

瞑想をする時に白檀の香りを使うと、意識をより深く自分の内面に向かうようにサポートしてくれる効果が得られます。実際に、仏教やヒンドゥー教のお寺で行われる瞑想や儀式の時に、白檀のお香を焚くことが多いそうです。

 

異性を引き寄せる

白檀には異性を引き寄せる催淫作用があります。女性・男性どちらが身に着けても異性を惹きつける魅力が高まるといわれています。白檀の香りの成分の中に、男性の汗に含まれるフェロモンと似ている成分があり、香水の成分としても使われています。恋愛がマンネリ化している人や現在パートナーを募集中の人は、この白檀の香りを味方につけてみてくださいね。サンダルウッドオイルとしてつけてもいいし、白檀自体をブレスレットとして身につけてもいいでしょう。

 

浄化作用がある

白檀の香りは浄化効果が強く、環境を整える効果があります。白檀の浄化力は、特に閉じた空間内に漂う邪気を払う力に優れていると考えられています。周囲に漂う余計なネガティブな気を排除しますので、結果としてその場の運気があがります。すっきり気持ちよく自分の空間を保つことが出来ますね。

 

除菌効果

白檀の香りの主成分であるサンタロールには、殺菌作用があります。サンダルウッドオイルをアロマディフューザーなどで空間に拡散することで、感染対策が出来ます。

 

開運効果がある

以上をまとめると、白檀には開運効果があるという事がわかりました。精神を静めて自分自身を確立させ、その上で浄化作用があり、魔除けまでその効果が認められています。白檀の香りが苦手だというサインに対しても、そのメッセージ性がはっきりとしています。白檀は使い方次第で大きな力を私たちに貸してくれるのです。


出典: Pixabay
 

まとめ

白檀と言うと仏教に寄っている歴史あるイメージがあります。サンダルウッドと言えばアロマセラピーなど、ちょっとおしゃれなイメージがあります。どちらにしても、知れば知るほど白檀はスピリチュアルな世界とのつながりが強く、神聖なイメージを持たれることが多いでしょう。

白檀のスピリチュアル性はその香りにあります。科学的に合成された香りは、決して波動が高いとは言えないと思います。自然界で育まれた天然ものの香木をそのまま、または最小限に手を加えるにとどめて、その効果をいただくと良いですね。

 

占い師:うめざわみき

 

 

【うめざわみきの対面鑑定占い】

鑑定内容

カード(花札・ルノルマンカード)と九星気学・風水を合わせた鑑定を行います。あなたの切実なる願い(欲望)を叶えるお手伝いをします。

料金:一時間/一万五千円
場所:レンタルスペースイエナ
http://www.y-ena.com/

鑑定のお申込み・お問合せは
uraspi1234@gmail.com 宛にお願いいたします。

・氏名(漢字とひらがな)
・鑑定ご希望の日時(2つ以上もしくは、期間・範囲・曜日など)
ご明記ください。

よく読まれている記事

運気アップにおすすめ!今すぐできる開運アクション9選
お金の悩みはもう解消!あなたがハッピーマネーを引き寄せる法

WRITTEN BY うめざわ みき

うめざわ みき
花札占いのうめざわみきです。 占い鑑定歴は42年になります。 カードは私のよき相棒です。 花札...