右手の怪我のスピリチュアルな意味とは?指の怪我についても解説します

身体の部位はそれぞれスピリチュアルな意味をもっていますが、右手にはどのようなメッセージがあるのでしょうか。また、怪我した度合はどのくらいなのか、右手のどの部分に怪我をしたかでも、それぞれメッセージが違ってきます。詳しくご紹介していきましょう。

・右手を怪我するスピリチュアル的な意味
・怪我の重さによるスピリチュアルなメッセージ
・右手の部分別によるスピリチュアルなメッセージ
・指の意味とその怪我のスピリチュアル的なメッセージ


出典: Pixabay
 


 

右手を怪我するスピリチュアル的な意味

利き手を怪我すればとても不便です。およそ90%の人が右を利き手としているので、どのような怪我でも多少苦労した経験はあるのではないでしょうか。右手にはスピリチュアル的にはどんな意味が隠れているのか、また怪我をしてしまった意味は何を伝えているのか、解説していきます。

 

右手が持っている意味とは

手相では様々な鑑定方法がありますが、一般的には左手は先天性、右手は後天性、つまり左は生まれ持ったもので、右は未来でこれから先を表していると言われています。スピリチュアル的に右手は「物事やチャンスを掴む手」といわれています。これらを合わせるとこれから未来に向け、人の心や物質的なものを掴むチャンスが右手にはあるということです。期待できるポジティブな意味があります。また手は与えるもの、与えられる意味もありますが、右手は主に「与える」意味が強いのです。「掴み、与える」が右手のスピリチュアルな意味です。

 

怪我のスピリチュアルのメッセージ

手に限らず怪我をする時には、必ずスピリチュアル的にメッセージがあるのです。見た目だけでなく痛みを伴うのも同じ意味があり、全体的には「健康な身体に感謝が足りない」として痛みや怪我を通して伝えています。普段何気なく過ごしていると、何不自由なく動くことが当たり前になってしまい、感謝する気持ちは薄れてしまいます。怪我をすることは決してマイナスではなく、そのような深い意味があり、少し注意喚起が込められたメッセージなのでしょう。

 

右手を怪我する意味とは

右手が持つ意味からその手を怪我すれば、それは「今はその時期ではない」「タイミングがずれている」とスピリチュアル的に伝えているのです。これから何か掴もうとする物事に対して、その時は今ではないと示しているのでしょう。想像してみてください。たとえどんな小さな怪我や痛みでも、物を掴んだりするのはいつもより安易ではないはずです。自分の中に何かこれから、チャレンジしようとしていることなどはありませんか。その精神が間違っているわけではなく、時期が違うと伝えてくれているのです。


出典: Pixabay
 

怪我の重さによるスピリチュアルなメッセージ

怪我といっても度合によって、また内容が少し変わってきます。ここでは怪我の重さによるスピリチュアル的な意味をご紹介していきます。

 

すぐ治るような怪我の場合

擦り傷、軽い打撲、小さな切り傷など、比較的すぐに治るような怪我はスピリチュアル的なメッセージは弱いとされています。何かチャレンジしようとして、右手が軽い怪我ならば、少しだけタイミングを見計らえば大丈夫と伝えてくれています。

 

傷が深い、手術が必要の怪我の場合

痕が残る怪我や手術しなければならない重度の怪我は、スピリチュアル的にメッセージ性が強いとされています。「今、掴もうとしている物事を掴めない」と伝えています。これだけを聞けばとてもネガティブな気持ちになりますが、諦めるというより今そのことに執着し過ぎていないか、他に手放さなければいけないものがないか、とメッセージを送っているのです。何かを手に入れる場合、時には今あるものを手放す必要もあるので、深い怪我を通して気づきを促しているのでしょう。


出典: Pixabay
 

右手の部分別によるスピリチュアルなメッセージ

怪我の具合によっても意味の強さや内容は違うのです。どの部分を怪我したかによってもまた意味があるので、ここでは部位別に詳しく解説していきましょう。

 

右手首の怪我の場合の意味

スピリチュアル的に手首は「自由」を司る意味を持っています。実際、手首や足首を縛られると、自由に身動きができないのでわかりやすいですね。その右手首を怪我してしまった場合の意味は、まさにこれから起こることに対して、どこか自由を感じられず、窮屈な感じをしていませんか。我慢もよくありませんし、自意識過剰もいけません。右手首の怪我は、感情のバランスを取る事が必要だと教えてくれているのです。

 

右手甲の怪我の場合の意味

手の甲は表です。その甲を怪我した場合、何か隠し事や偽り的なことをしていないかと気づきのメッセージを送っています。素直になっていない、良かれと思って嘘をついたりしていませんか。また目に見えないものからの攻撃から、身を守るために手の甲を怪我してしまう場合があります。手の甲の怪我は「素直になりなさい」「自分を大切にしなさい」というスピリチュアルメッセージなのです。

 

右手のひらの怪我の場合の意味

手のひらは裏です。人から物を受け取る時、手のひらを見せて受け取りますよね。手相も手のひらを見て鑑定します。右手は与えるものを表し、またその人自身の内面が出ている部分になるのです。その右手のひらを怪我した場合は、「休息が必要」とスピリチュアル的には教えてくれています。けれど時に、手相では怪我によってできた傷痕が、かえって良い線になる場合もありますよ。


出典: Pixabay
 

指の意味とその怪我のスピリチュアル的なメッセージ

5本の指にはそれぞれ意味がある事をご存じの人も多いでしょう。その指を怪我するのはスピリチュアル的に何を伝えているのか、ご紹介していきます。

 

指の持つ意味

親指が持つ意味は自分の夢や目標、人差し指は親指の意味と似ていますがプラス向上心が加わります。中指は直感や感じること、薬指は創り上げる力、小指はコミュニケーションや社交性の意味があります。また、それぞれの指は人との繋がりを表しています。親指はご先祖様、人差し指は父親、中指は母親です。薬指はパートナー、小指は子供です。いずれも身近な人との関わりを示しています。

 

指の怪我をする意味とは

指を怪我した場合、その指が持つ意味をストップさせたり、人との関わりについてのメッセージが込められています。また指を怪我するのは「物事の小さなことに気にし過ぎ」もしくは「細部に無関心」と注意のサインを送っています。指を怪我すると、細かい作業ができにくくなりますし、しかも右手が利き手ならなおさらです。指の持つ意味や人との関わりのバランスが取れていないとのメッセージを伝えてくれているのです。

 

 

まとめ

右手に限らず怪我をしたら、一度落ち着いて自分の心境や状況を振り返ってみましょう。右手は未来を表し、与える意味がありますし、怪我をすることで、進行しようとしているものをストップさせ、考える機会を与えてくれているのでしょう。けれどネガティブなことばかりではありませんので、怪我の具合にもよりますが、完治にむかって気持ちも前向きに思考を切り替えてくださいね。

 

 

ウラスピナビ編集部

よく読まれている記事

運気アップにおすすめ!今すぐできる開運アクション9選
お金の悩みはもう解消!あなたがハッピーマネーを引き寄せる法

WRITTEN BY ウラスピナビ 編集部

ウラスピナビ 編集部
面白い情報やアンテナに引っかかった占い・スピリチュアル・旬な情報をたくさんお知らせしていきます!