黒い羽がもたらすスピリチュアル的意味は?意外なメッセージを解説!

黒い羽を見たら誰しも普通、不吉な予感がするのはないでしょうか?何か悪い知らせなのか、黒い羽をもつのはカラスのイメージが強く、良い兆しを連想させるのには難しいですよね。羽には様々な意味があるのにも関わらず、黒い色をしているだけで何か悪い知らせのように思えるのも仕方ないでしょう。黒の色には幸運のイメージがつきにくく、暗雲への導きのように定着しているからかもしれません。
羽からは鳥、天使などが空を舞う姿が想像できます。羽をモチーフにしたジュエリーもあり、悪い印象はありません。ただ、その色が黒いだけで何か特別に、意味があるのかと考えさせられてしまうのです。

この記事を読むと以下の事が分かります。
・羽が持つスピリチュアル的な意味
・黒い羽が持つ力


出典:無料素材画像 写真AC
 


 

羽が持つスピリチュアル的な意味

羽は『上昇』『飛躍』の意味があります。羽がついている事で、大空と大地を自由に行ったり来たりできますよね。羽が付いていると言えば鳥が代表的な象徴です。古来から鳥の羽は色々な用途で利用されていました。まずはどのような存在としてきたのでしょうか?

 

ネイティブ・アメリカンの羽根冠

勇者、友情などの意味を込められて作られた冠は、イーグルの羽。羽の数が多いほど名誉だったと言われている縁起の良いアイテムでした。イーグルの羽を手に入れたら自分と向き合い正直になり、真実を語なければならないというほど、強さの中にもリーダーの素質を問われる大切な意味を持ったものだったのでしょう。イーグルが神様と近い存在であると共に、神様と交信できるための鳥として大切にされており、お祓いの意味もあったのです。

 

ドリームキャッチャーの羽根

雑貨屋さんなどで見かけるドリームキャッチャー。丸い輪の網の下に羽がついているのは、羽ですよね。蜘蛛の巣のような網の輪に、悪い夢を引っかからせて防ぐのを願うための魔除けとして作られました。通り抜けた良い夢だけを届けてくれる役割のためにと、羽の飾りをつけられていると言われています。

 

日本古来の物にも羽根が使用されている

お正月には羽子板、破魔矢、守護矢にも羽が使用されていますよね。いずれも『魔除け』の意味を含んでいるのです。矢は外国でも同じような形です。羽子板、破魔矢も新春の年占いや厄除けがその由来と言われています。羽をつける事で真っすぐに飛ぶことから、矢に鳥の羽をつける大昔からの風習が残っているのです。特に鳥の羽の矢は神事の商品として、実際に狩りをする矢とは違い厄除けとして現在も残っているのでしょう。

 

天使についている羽

神様と人間の間を取り持ってくれる役割をする天使。辛い時や苦しい時にも天使に助けをお願いしたり、また神様からのメッセージを届けてくれるなど、幸せへの導きをしてくれる天使にも、もちろん羽がついていますよね。あらゆる所に天使が描かれている絵画も沢山あり、庶民にも定着している天使は現在でもよく見かけます。西洋では天使の羽が付いているペンで、結婚での愛の誓いの署名をすると幸せになれるという祈りがこめられています。それほど天使の羽は幸せの存在としているのでしょう。


photo by UnsplashのSavvastasian
 

黒い羽が持つ力

普段何気なく生活している中でも、意外と黒い羽を私たちは目にしているのです。カラスの存在はもちろんの事、有名人のゴージャスな黒尽くめの衣装に黒い羽がついていたり、アニメのシーンなどでも注意深く見てみると、それほど珍しいアイテムではないのかもしれません。形態が変わるだけでガラリと受ける印象が違う黒い羽ですが、どのような意味や力があるのか詳しくご紹介しましょう。

 

神様からの使い

黒い羽で真っ先に思い描くのはカラス。カラスは天使と同じ神様からのお使いとされているのはご存じでしょうか。全く相反する存在ですが、両者とも天からのメッセンジャーなのです。カラスはとても利口な鳥としては周知ですが、神様のお使いとして神秘性を秘めていて、日本神話にも登場する鳥です。昔から神様からの導きとして崇められているのですよ。黒い羽として、まずカラスの羽と結びついたならば、それは神様からの何かメッセージが送られているとして捉えると良いでしょう。

 

闇を切り開く

黒い羽には大きくてツヤがあるほどパワーが強く、闇を光に変えると言われています。自分の力で闇を切り開く能力を与えられるなど、とても心強い意味が込められているのです。闇と言えば、出口が見えずさまよい続けて途方にくれている暗いイメージですが、ネガティブな事に直面している場合に黒い羽を見つけたら、そこから抜け出せる暗示をしているのでしょう。

 

強いご加護を受ける前触れ

黒い羽には守られている、見守っている意味も持っています。良くない状況から守ってくれるだけでなく、さらに奥深く見守ってくれているありがたいご加護を受けられますよ、というお知らせなのです。同じ羽でもそのような意味を持っているのは黒い色の羽だけなのです。「一人でないですよ」「守ってあげるからね」と黒い色のイメージからは想像もつかないような温かいメッセージが込められているのです。

 

問題や心配事から解放される

先ほどの闇から抜け出せると同じような意味ですが、具体的に黒い羽には今抱えている問題や心配事、不安から解消、解放される意味があります。今、答えがなかなか見つからず困っている状態からそろそろ抜け出せると知らせてくれているのです。黒い羽を見つけたら、今まで全く見えなかった解決の糸口が不思議と見えてくるようになるでしょう。

 

悪縁と切れる

自分ではどうにもできない縁の結びつきの中には、質の悪い縁もありますね。自らその縁を切れる状態や環境ならば問題ないのですが、どうにもならない場合は本当に神頼みして何とかしてもらいたいほどでしょう。黒い羽には浄化や縁切りの効果もあるとされています。良い縁まで切れてしまってはいけませんが、悪縁を切れるとあればこれほどラッキーなアイテムはないでしょう。見つけたらそっと持ち帰り、お願いしてみればさらに効果がでますよ。

 

神秘的な力

羽には宇宙や高次元と繋がる要素があると言われていますが、さらに黒い羽には神秘的な力が加わり、目に見えない人からのメッセージやガイドを受ける可能性が高くなるでしょう。黒い羽が目に止まったならば、その時は宇宙とシンクロしている場合があるので特別意識を集中してみると良いですね。必ずあなたにサインを送っている表れなので、天からの声に耳を傾けてみましょう。


photo by UnsplashのPaulPastourmatzis
 

まとめ

黒い羽は、不吉どころか全く逆のラッキーなアイテムということがお分かりいただけましたか?黒い羽を見たらとても縁起が良いのですから、怖がる必要などどこにもありません。黒い羽には様々な印象がありますが、考えてみればそう悪いイメージはあまりないと思います。特に衣装など身に着けている人やキャラクターを見れば高貴に見えますし、何か特別に秘められたような力をもっている人の印象がありませんか?もし黒い羽を見つけたら拾って側においておけば、お守り効果をより発揮されるでしょう。黒い羽は強い意志をもたらしてくれるうえに、守ってもくれ、光となって進むべき導きを示してくれるのです。けれど、その際は注意が必要です。いくら綺麗に見えていても汚れや菌なども付着しているので、なにか紙でも包んで持ち帰り丁寧に洗浄してから、飾ったりお守りとして手元に大切に保管してくださいね。

 

ウラスピナビ編集部

 

 

☆☆☆
今抱えている「不安」や「悩み」など、少しでも原因が分かったり先が見えたりしたら楽ですよね。
なんでこんなことで悩んでしまうのか、どうしてこんなに不安なのか、実は自分自身が一番分からないのかもしれません。

そんなあなたにおすすめなのが、『LINEトーク占い』

友達に相談するのもいいけれど、プロの占い師さんに見てほしい。
気軽におうちで占い師さんに相談したい。
そんな方にもおすすめです。

まずは霊感透視占い師 あすか天明(LINE@)先生のラインに登録して、無料で観てもらっちゃいましょう。
☆☆☆

WRITTEN BY ウラスピナビ 編集部

ウラスピナビ 編集部
面白い情報やアンテナに引っかかった占い・スピリチュアル・旬な情報をたくさんお知らせしていきます!