胃痛のスピリチュアルな意味は?胃の不調の原因・対処方法

胃痛は緊張したり激怒したりする時に起こりやすい症状です。この「胃痛」は、西洋医学的側面から見ると胃酸が過剰に分泌されることで起こりますが、スピリチュアルな側面から見ると、自分からのSOSのサインといえます。ここでは、胃痛のスピリチュアルな意味と合わせて、胃痛や胃に関する不調の原因・改善方法をご紹介していきます。


出典: Pixabay
 


 

胃痛はスピリチュアル的に感情と直結している

「胃」は食べたものを消化し、栄養を吸収します。胃から分泌される胃酸は、怒ったりイライラしたりする場合に増える血中の糖度に比例して、どんどん放出されます。反対に、心配事や不安なことがあると胃は貧血を起こして、その働きを止めてしまう非常に繊細な器官です。
医学的側面からみても胃の働きは感情に大きな影響を受けますが、スピリチュアルの世界でも同様に、胃は感情と直結していると考えられています。

 

スピリチュアル的な吐き気の意味

吐き気を感じるのは、スピリチュアル的な意味があります。
・意にそぐわない、消化しきれない出来事や悩みがある
・急激なエネルギーの変化
・何かに恐怖心を抱えている
・誰かに反感を感じている

人は、言葉のまま『ムカつくこと』があったり、『吐き出したいこと』があると吐き気を催すのです。
しかしスピリチュアル的に起こる吐き気は、長くは続きません。リラックスして過ごすことで、吐き気は治まるでしょう。

 

スピリチュアル的な胃腸炎の意味

インフルエンザと同様に、胃腸炎も流行します。胃腸炎になると、発熱と嘔吐を繰り返します。
スピリチュアル的には、吐き気は恐怖心や消化できない出来事や悩み、反感などを抱えており、浄化が必要な時に起こります。胃腸炎の場合は、そういった思いが溜まっていることで思い詰め、我慢し続けることで起こると考えられています。
不満や怒り、恐怖心など、一人では消化できない感情が、胃腸にストレスを抱え込ませてしまうのです。ただし、ストレスを元から解決することは簡単ではないでしょうし、人間関係を断ったり仕事を辞めることも容易ではありません。

 

では、どうしたら良いのでしょうか

これらの場合、大切なのは、自分の感情を否定しないことです。
「どうしてこんな風に考えてしまうんだ」などと自分の感情を否定的に捉えてしまうと、その感情はいつまで経っても心にわだかまりとなって残ってしまいます。自分の怒りや不満を認めてあげるのです。そうすれば負の感情は消えて体も癒されるでしょう。

 

出典: Pixabay
 

胃痛のスピリチュアルな意味:第三チャクラに関係する

チャクラは私たちの体に存在する7つのエネルギーセンターです。チャクラはサンスクリット語で車輪を意味しており、エネルギーを循環させるのに非常に重要な部分と考えられています。このチャクラは、一部分が活性化しすぎたり、停止したりすると体の健康バランスを崩す原因にもなるのです。

 

第三チャクラは胃に対応している

このチャクラの中の第三チャクラに対応しているのが胃。第三チャクラは別名を「パワーチャクラ」とよばれ、自己現実や自己表現と深い関係が。そのため第三チャクラが乱れると安定した精神状態を保つことが難しく、怒りっぽくなったりイライラしやすくなったりします。また、胃は第二の脳ともいわれ太陽神経系とも繋がっています。ここが冷えている人も、精神状態が安定せずネガティブになりやすいので、胃やお腹を温めるようにするのも一つの改善策。第三チャクラを健やかに保ち健康な毎日を送るようにしましょう。

 

第三チャクラが乱れる原因

第三チャクラが乱れると胃の健康を損ないます。では、第三チャクラが乱れる原因とは一体どのようなことなのでしょうか。第三チャクラが乱れ胃痛や胃潰瘍など様々な症状が起こる原因や対処方法について詳しくご紹介していきます。

 

原因1:強い葛藤が起こっている

心の中で強い葛藤が起こっている場合、胃痛はもちろん、胃潰瘍にもなってしまうケースがありますよ。胃に問題を抱える人の多くは、「自分」をしっかりと確立している人が多い傾向があり、生き方や考え方もその人なりのこだわりが存在します。そのため、自分を貫き通すべきか否か、という壁にぶち当たり、とても悩んでいる状況に陥ってはいないでしょうか。

物事が思うように進まず、憤りや不安を感じることは、胃痛の原因となります。胃痛を改善させるためにも、休息をとりましょう。休息をとることで冷静になり、自分の感情の整理が可能です。胃は感情と深い関わりのある器官。視野が変わり感情や考えが落ち着けば、あなたの胃痛も自然と和らぎ回復するでしょう。

 

原因2:考え方の消化不良

考え方の消化不良を起こしている場合も、胃痛の症状がサインとして起こりますよ。胃は食べ物を消化する器官ですが、感情と深い関わりのある部分なだけあり、スピリチュアルの世界では考え方を消化吸収する器官であるといわれています。納得はできないけれど、仕方なく妥協している事はありませんか?

考え方の消化不良による胃痛は、責任感が強い人や協調性の高い人に起こりやすい症状です。しかし、考え方の消化不良が蓄積されると、体が吐き出そうとして咳やゲップ、きつい場合は嘔吐に至ります。度を超えた妥協は健康を損なってしまいます。自分の中で消化できるように妥協点を見つけるようにしましょう。

 

原因3:頑固になっている

胃痛は、頑固になっているというサインでもあります。自分のこだわりが強すぎる、周囲から孤立している人に胃痛は多くみられる症状です。
度を超えた我の強さは臨機応変さを欠くことになります。変化を恐れずに受入れると、胃痛が嘘のように改善します

 

原因4:ストレスを溜め込みすぎている

胃痛の原因として最も多いといえるのが、「ストレスを溜め込みすぎている」ではないでしょうか。胃には様々な感情が蓄積されやすく、蓄積の内訳は、ほぼ怒りの感情が占めているといっても過言ではありません。
ストレスを100%取り除くことは不可能ですが、いくらか減らすことは可能です。怒りの感情を抑えることが必要な場面もありますが、外に吐き出すことは大切です。信頼のおける友人に愚痴を聞いてもらうといいですね。

 

原因5:受け取ることができていない

胃痛は、豊かさを受け取ることができていない場合にも起こりますよ。受け取ることが苦手な人は、大きく2パターンに分類できます。一つは、人に与えることはできるけれど、自分は受け取ることが出来ないタイプ。
もう一つは、自尊心や自己価値が低過ぎるが故に、嬉しいや楽しいといった感情を感じにくいタイプです。

どちらのタイプもネガティブな思考が原因です。ネガティブな思考は現実に反映され、悪い出来事が起こった場合「やっぱり」と自己評価を更に下げてしまう原因に。胃痛が長く続くと、自尊心は著しく低下し、周囲から否定されているという気になりやすくなります。受け取ることができないのが原因で胃痛が起こっている場合は、ポジティブな思考を持つようにしましょう。


出典: Pixabay
 

まとめ

ストレス社会といわれる現代に生きている私たちは、胃痛だけでなく吐き気や胃腸炎など、胃に現れる症状に悩まされます。胃の不調を自分の心の重要なサインだと受け取れていない人は、少なくありません。自分の心に目を向けて見ると悩まされていた胃痛の原因が見えてくるかもしれません。西洋医学的な処方箋ではなく、自分の心に対する治療を考えてみると、長年悩んでいた胃痛などが嘘のように改善するでしょう。

 

ウラスピナビ編集部

 

 

☆☆☆
今抱えている「不安」や「悩み」など、少しでも原因が分かったり先が見えたりしたら楽ですよね。
なんでこんなことで悩んでしまうのか、どうしてこんなに不安なのか、実は自分自身が一番分からないのかもしれません。

そんなあなたにおすすめなのが、『LINEトーク占い』

友達に相談するのもいいけれど、プロの占い師さんに見てほしい。
気軽におうちで占い師さんに相談したい。
そんな方にもおすすめです。

まずは霊感透視占い師 あすか天明(LINE@)先生のラインに登録して、無料で観てもらっちゃいましょう。
☆☆☆

WRITTEN BY ウラスピナビ 編集部

ウラスピナビ 編集部
面白い情報やアンテナに引っかかった占い・スピリチュアル・旬な情報をたくさんお知らせしていきます!