●恋の傷を癒して前向きにしてくれる!


出典:無料写真素材写真AC

湯島天神の近くにある妻恋神社(つまこい じんじゃ)は油断していると通り過ぎてしまうような小さな神社。江戸時代には「妻恋稲荷神社」という名前で商売繁盛や家運隆昌のご利益がある神社としてたいへん賑わっていた神社ですが、実はそのころから身分違いなどで結ばれない恋に苦しむ男女が多く訪れるスポットだったようです。そのため、今でも辛い恋で悩む女子が密かに訪れるという隠れた恋愛成就スポット! 小さな神社ですが、恋の傷を癒し新しい恋愛成就のパワーがもらえるスポットとして知る人ぞ知るという神社なんですよ!

●愛の力がこの神社を創った!

作られた由来がロマンチックでとても美しいものです。日本神話に登場する英雄ヤマトタケルが海で嵐に遭い、絶体絶命のピンチとなったとき、妻の弟橘媛(おとたちばな の ひめ)が海に身を投じて海の神さまの怒りを静め、夫を救ったという伝説があります。人々はけなげな弟橘媛を哀れんでヤマトタケルともども祀ったことがこの妻恋神社の建立の由来なんです。つまり、この神社は媛さまの“愛の力”に感動した人々が作り上げた神社なのです。
この「ヤマトタケル&弟橘媛」のカップルが祭られている神社は出会い運・良縁の神社としてパワーがあります。一時期大人気スポットになった神奈川県にある走水神社もヤマトタケル&弟橘媛のカップルが祭られています。走水神社は今では超有名になってしまいましたが、この妻恋神社は逆に超穴場スポットかもしれません。




●この神社での願いかたとは?

この神社は、恋のトラウマを抱えて新しい恋に進めない女子や、進展しない恋に苦しむ人にとてもご利益があると思います。それから両思いなのに周囲から反対されているカップルにもオススメです。
新しい出会いに前向きになりたい人は1円玉・50円玉・100円玉・500円玉の白いお金をお賽銭にするといいです。民間信仰なので神社では言われることはないですが、白いお金は「実り」を意味すると言われていて、出会いを作りたい人や一歩踏み出したい人はやってみてくださいね!

小さな神社なので近くになる湯島天神行ったついでに来る人も多いのですが、天神様とはご利益が全然違うのでもったいないことです! むしろ妻恋神社は、引っ込み思案の女子が迷ったときにこそ訪れるべき素敵な神社だと思います。ぜひ弟橘媛のラブパワーを感じてみては!?

【おまけ】縁起の良い初夢が見れる版画?

妻恋神社といえば、実は「夢枕」という版画があることで有名です。正月2日の夜にこの版画を枕の下に敷いて寝ると縁起のいい初夢が見れると言われています。年末・年始にお参りに行ったら是非試してみては?





WRITTEN BY CHAZZ

CHAZZ
西洋・東洋を問わず、あらゆる占術を駆使した総合的鑑定を行う占術界きっての実力派。 占いだけでなくス...