★無料会員だけが読める! ウラスピナビ的新月の過ごし方のメルマガ登録はこちら!

■珍しい「俵紋」は裕福相ですが、見間違えしやすいので注意!

手相は手の平だけでなく、手の形や、色、指、指紋、爪なども観ますが、指に現れるしっかりした数本の縦線がある場合を、米俵のような見えることから「俵紋」と呼ばれ、生涯食べるものには困らない裕福な生活や仕事ができる吉相とされています。
しかし、俵紋は珍しい相であまり観られないのですが、「俵紋があるのでお金が入ってきますか?」というようなことを時折、聞かれます。


出典:花岡正人

 

ですが、実際に観てみますと、俵紋でないことも多く、また、俵紋でも健康には気を配っていただきたい意味もありますので、今回は、その意味や見方についてお話しさせていただきます。

 

■「俵紋」と言える相にはいくつか必要な条件があります

手相学としての俵紋は、食に困らない裕福な生活が出来る運勢として成功相となっていますが、昔は、今の飽食の時代とは違い、食に不自由のない生活をすること自体が難しい時代もありました。
俵紋は、生活に困らない食事が出来る環境にあり、指にも脂肪がある程度蓄え、働き者となるような、指をよく使う筋肉がついた結果、張りのある指に縦のしわができやすいという統計的な体質となります。

ですので、今の時代でも同様のことが言え、成功相や健康な身体として観て、問題はありません。
しかし、手相上の他の所見を観ての総合判断となりますが、糖尿病や脂質異常症、高血圧などのコレステロールの蓄積や血流の停滞を意味することがあり、ガンなどの所見の一つにもなることもありますので、健康への気遣いも必要な相として認識していただければと思います。
ただし、手相での見え方が問題なければ、多くは一般的な「食に困らない成功相」として、喜んでいただいて良い、吉相ではあります。



では、その条件はどのような見え方になるでしょうか。

1・指がふくよかで張りがある指

指が痩せている場合や張りがない場合は、俵紋とならず、よくあるのは、「進行性指掌角皮症」など、いわゆる手荒れによるしわという症状の場合が多いです。

2・第一指節(指の腹の部分)には縦線は入らない

指の第二指節と第三指節に、何本かの縦線がしっかり見える現れ方で、指紋のある第一指節には縦線が入らないことが大切です。

▼第一指節(指紋部)にも縦線がある場合は、老化や大病の現れ

歳を重ねますと、誰でも手にしわが出来やすく、指にもしわが出てきます。
歳を重ねてから現れるような縦線は、単なる老化により、脂肪や筋肉が取れて薄くなった結果、しわになる場合が多く、第一指節にも縦線が入っていたり、①のように痩せた指になるので、俵紋ではありません。
また、第一指節への縦線や横線は、大病の可能性も示唆しますので、健康にもお気遣いください。

▼第二指節と第三指節の間の関節部まで、またぐような太い縦線も身体の変化

関節には縦線が入らず、第二指節と第三指節だけに縦線が入るのが「俵紋」の条件の一つでもあります。
関節部まで縦線が入ると(特にしっかりした線がまたぐようにある場合)、身体への負担が大きくなっていることを示しますので、健康管理には気を遣っていただくことが必要です。

<合わせてみておきたい関連する記事>
・【手相】手の平のしわが多いとうつ病になりやすい?
・【手相】爪に横溝や縦溝があるけど大丈夫?
・【手相】「成功者相」は「大病しやす相」?
・【手相】健康線がないのですが、長生きできますか?
・【手相】指節長さタイプ診断<あなたはわがまま?>
・【手相】指の下の盛上がりがなくて平坦だけど大丈夫?

■珍しい「俵紋」は出方により、吉運が異なります

以上のように、俵紋と思っても違うことが多いのですが、俵紋を持っている場合、どの指が一番しっかりした俵紋になっているかで、食に困らない生活という中でも、吉運の意味が変わってきます。

・親指・・・家庭運、健康運(頭、呼吸器、大腸、心臓などの健康管理)
・人差し指・・・向上運、仕事運(胃腸、呼吸器などの健康管理)
・中指・・・実行達成運、勉強運(心臓、内臓全般などの健康管理)
・薬指・・・名誉名声運、金運(血圧、心臓、ホルモン系、眼などの健康管理)
・小指・・・社交運、商売運、子供運(腎臓、泌尿器、子宮、耳などの健康管理)

もし、あなたが俵紋をお持ちであれば、ぜひ、その運勢に自信を持って、一歩踏み出す挑戦をしてみてはいかがでしょうか。
その場合も、食生活の乱れの無いように身体を労わることも大切にしてください!



★無料会員だけが読める! ウラスピナビ的新月の過ごし方のメルマガ登録はこちら!

 

★手相セラピスト:花岡正人

WRITTEN BY 花岡正人

花岡正人
★手相セラピスト 花岡正人のウラスピナビ手相記事一覧は、 http://uraspi.com/au...