ソウルメイトとは何?

出典:O-DAN

ソウルメイト、よく耳にする言葉ですね。ソウルメイトとは「ソウル」(soul)=魂、「メイト」(mate)=友達、つまり「魂の友達」という意味です。ソウルメイトとは自分の魂と同じグループに所属している魂のことを指します。イメージとしては同じ学校に通う同級生のようなものですね。

現世だけではなく、過去世や未来世でもあなたの魂の近くに生まれ、お互いに関わり合うことで学び合う、助け合う関係なのがソウルメイトです。あなたの両親や肉親、配偶者や恋人、パートナー、好きになった人、兄弟、姉妹、子ども、親友はあなたのソウルメイトの可能性が高いでしょう。また、意外かもしれませんが、あなたを傷つけたあの人、あなたが嫌いで仕方ないあの人も、あなたの魂の成長や気づきのために存在する、立派なソウルメイトなのです。

またソウルメイトと聞くと、ロマンチックな関係を思い浮かべがちですが、ソウルメイトは異性だけではなく同性として今世、生まれてきていることも多いのです。

また、ソウルメイトは魂の結びつきの強さによって、さらに細かく分類されます。ツインレイ、ツインフレーム、ツインソウル、ディバインコンプリメントなどがあります。同じ学校に通う同級生でも、同じクラスだったり、同じクラスでいつも一緒に過ごす友達だったり。違いがありますよね。そのようなイメージです。

 

ソウルメイトだと初対面で気づくもの?親近感は感じる?

出典:O-DAN

では、ソウルメイトは会った瞬間に「ビビビ」と直感で分かるものなのでしょうか? 実際のところ、ソウルメイトだとわかる場合もあれば、わからない場合も多いのです。また、どちらかだけがソウルメイトだと感じて、もう片方はそう感じない、ということもあります。

そのため、初対面でなにも感じなくても、本当はソウルメイトだったということはありえるので、出会って少し時間が経過してから「この人はソウルメイトかも」と思い始めることもあります。初対面でソウルメイトだと感じなかった、親近感がわかなかったからといって、この人はソウルメイトではない、と安易に断定しないほうがよいでしょう。

 

ソウルメイトと出会ったしるし11つ

ソウルメイト

出典:O-DAN

大切な配偶者、大好きな恋人、この世では結ばれることが難しい不倫相手、憧れのあの人……。どんな形でもいいから繋がっていたい、ずっと好きでいたい、愛されたい、そう願うものですが、ソウルメイトとは、お互いの役割や学びが終われば、自然と関係が解消されたり、突然の別れが訪れたりと、今世で関係が途絶えることもあります。その時は辛い経験かもしれませんが、それもあなたの魂にとって、大きな学びとなります。

あなたがこの世に生を受けたときから関わり合いのある、両親や家族、肉親やあなたの周りにいる人は、ソウルメイトの可能性が高いですが、あなたが成長するにつれて、様々な出会いがありますよね。どの人があなたのソウルメイトなのか、見分け方は難しいものです。ここから、ソウルメイトに出会ったしるし、ソウルメイトだと気づくしるしを具体的に紹介していきます。

ソウルメイトと出会ったしるし:その1 初対面なのに会ったことがある気がする

ソウルメイトとは過去世で何度も出会い、関わり合った魂の縁を持ちます。そのため、外見が変わっても魂同士は「あれ?会ったことがあるのでは?」と気づくことができます。そのため初対面なのに、なぜか会ったような気持ちになり、「どこかで会いませんでしたか?」という会話が生まれることもあります。あなたが感じなくても、相手から「どこかで会いませんでしたか?」と言われた場合には、ソウルメイトの可能性が高いでしょう。

ソウルメイトと出会ったしるし:その2 親近感がわく

初対面の時に懐かしい感情を抱かなかった場合でも、その人と一度、二度会うにつれてなぜか親近感がわく、という場合もあります。相手の言動がほほえましいと感じたり、かわいらしいと感じたり。この人のことをもっと知りたいな、この人ともっとお近づきになりたいな。そんな感情をあなたが抱いたのなら、その人はソウルメイトの可能性が高いと言えます。

ソウルメイトと出会ったしるし:その3 二人の間で偶然が起こる(シンクロニシティ)

会うはずの無い場所でバッタリと出会う。驚くような共通の知人が居た。実は同じ学校の出身で同級生だった。など、確率としては低いと思われる偶然が続きます。(ちなみに私は、ソウルメイトだと思っていた人と同じ新幹線に偶然に乗っていて、車両でバッタリ会った、という経験があります)その偶然が起きる理由は、あなたたちがソウルメイトだと神様が教えてくれている証拠です。そのような偶然が起こることで、お互いに「この人がソウルメイトなのかもしれない」と意識するようになるでしょう。

ソウルメイトと出会ったしるし:その4 同じタイミングで相手のことを考えている

あなたがLINEや電話をしようと思っていたときに、その相手から連絡がくる、なんて偶然はありませんでしたか? エネルギー(思念)には距離が関係ありません。そのため相手を想う感情がスマホなどの物理的なものを超越して、相手に感情を送っている場合が多いのです。お互いに想い合っている、お互いの存在を考えているときに、目に見えないエネルギーでお互いが繋がるため、相手のことを考えているときにその相手から連絡がくる、ということも起こりえるのです。同じソウルグループに存在している関係ならなおさら、そのエネルギーが同調しやすいので、こうした偶然が頻繁に起こります。

ソウルメイトと出会ったしるし:その5 共通点が多い、好みが似ている

同じソウルグループですから、好みが似ています。音楽の趣味が同じ、好きな食べ物の傾向が似ている、生活リズムが似ているなど、二人の間に共通点を見出すことが多いでしょう。そのため会話をしていても話が弾み、どんどん仲良くなっていきます。

ソウルメイトと出会ったしるし:その6 一緒にいるとホッとする

好みが似ているので、一緒にいて居心地が良い、と感じます。また、多くを語らずとも、ただ一緒にいるだけで心が和む経験をすることもあるでしょう。長年連れ添ったパートナーと同じ空間にいて別々のことをしていても気にならない、相手が良い意味で空気のような存在になる、それはソウルメイトの証拠です。

ソウルメイトと出会ったしるし:その7 不思議と縁が切れない

ソウルメイトとは不思議なことが続くでしょう。10年以上会っていなかった人とひょんなことで再会し、そこから付き合いが復活した、以前同じ会社に勤めていて、その時はさほど関わり合いがなかった人と偶然再会し、そこから急に仲良くなった、など、ソウルメイトとの縁は、今世で簡単に切れるものではありません。初対面の時や、若い時には気づかなかった縁も、時間が経ち、お互いが成長したあかつきには、またお互いのために、そしてお互いの学びや助け合いのために再会する、というのもソウルメイトのしるしです。
離婚した元配偶者や、長年付き合っていてトラブルがあり別れたパートナーと巡りめぐってまた人付き合いが始まる、というのもお互いがソウルメイトの証なのです。

ソウルメイトと出会ったしるし:その8 飾らない素の自分を出せる

人は誰しも、仮面をかぶって生活しているようなものです。素の自分をさらけ出したときに嫌われたらどうしよう、拒絶されたらどうしよう、という恐怖は潜在意識の中に少なからず持っている人が多いのです。しかし、ソウルメイトには、素の自分、ドロドロとした感情や人には言えなかったことを打ち明けられるなど、ありのままの自分を出すことができるでしょう。そのため、「この人には何でも話せるな」「この人にはわがままを言えるな」と感じたときに、相手をソウルメイトだと実感するとともに、あなた自身もあなたの知らなかった自分を知ることができます。それがソウルメイトとの出会いと学びなのです。

ソウルメイトと出会ったしるし:その9 多くを語らなくてもわかり合える

ソウルメイトとは同じグループに属している魂なので、元をたどれば一つから生まれたもの、という捉え方ができます。そのためあなたとソウルメイトは似た部分が多くあります。出会って間もないのに、相手のことがよく理解できたり、相手の行動パターンが読めたりと、ソウルメイトのことが手に取るようにわかる、という出来事も数多くあるでしょう。そのため、最初はお互いに熱心に相手のことを知ろうと語り合うかもしれませんが、そのうちあまり話し合わなくなるでしょう。また、出会ってすぐ、相手のことを大して知らないはずなのに、妙に相手の考え方ややり方が理解できる、ということもあります。

ソウルメイトと出会ったしるし:その10 相反する性質を持っている

ここまでは良い側面、プラスの出来事を紹介してきましたが、ソウルメイトの特徴として、衝突し合う、嫌い合う場合もあります。お互いの性格や考え方が真反対である、そうしたソウルメイトも存在します。苦手で仕方がない、会いたくない人、会話をしたくない人、というソウルメイトに対しては、あなたは冷静に「どうして私はあの人がこんなに苦手なのか」と自問自答してみるといいかもしれません。相反する性質、と思っていたものが、実はあなたもそのソウルメイトと同じ部分を持っていた、あなたの欠点を気づかせるためにそのソウルメイトが現世であなたの目の前に現れた、という考え方もできます。

別の意味合いでは、だいたいの部分ではとても気が合うのに、どうしてもこの部分だけは受け入れられない、この部分だけは全く違っている、という場合もあります。そのときも、どうしてその部分が自分には気になって仕方がないのか、と自分の心に問いかけることで、あなたにとっての大きな気づきや、お互いの関係を向上させる要因を見つけることができるはずです。

ソウルメイトと出会ったしるし:その11 二人の間に障害がある

世間一般に、報われない恋、どちらかが結婚している、双方が結婚しているけれど、別の人を好きになってしまった、今の配偶者と別れて今好きな人と結ばれたい、と思うパターンです。これもお互いの学びのために出会ったソウルメイト同士、だと言えるでしょう。また同性同士で愛し合い、家族などにはカミングアウトできない、通常の婚姻関係が結べないなどの障害を持つパターンもあります。

二人がソウルメイトであることは間違いないのですが、その障害はどうして起きているのか俯瞰して考えて、決して、自分や周囲の人と貶めたり、卑下したり、嘆いたりすることなく、起こった出来事の良し悪しではなく、「なぜこういうことが起こったのか」「自分はどうしてこのような人間なのか」と見つめてみることで、今世あなたは魂を磨くことができるでしょう。

 

ソウルメイトの名前の不思議

あなたの周りの人で、あなたがソウルメイトとは感じていなくても、そして、上記で紹介したことで思い当たることがなくても、実はソウルメイトだった、という見分け方があります。

・誕生日が同じ、誕生日が近い、誕生した日の数字が同じ(2月15日生まれと6月15日生まれなど)
・近所に住んでいる、出身地が同じ
・その人とあなたの旧姓が同じ、その人とあなたの母親の旧姓が同じなどの一致

こうした、あなたが今世持っている「データ」と同じ人、近い人というのは、ソウルメイトのしるしなのです。

 

ソウルメイトと出会うには? 前兆はある?

あなたが今世、ソウルメイトと出会うときには、あなた自身の人生の変化の時期なのです。あなたが積極的に、自分の人生を変えたいと考えて行動したとき、あなたに気づきを与えるために、厳しい関係のソウルメイトや、あなたのことを応援してくれるソウルメイトに新たに出会うことになるでしょう。

逆に、自分が変化を嫌い、また魂の成長を拒むような毎日を送っているなら、ソウルメイトとの出会いは難しいかもしれません。
自分の人生は自分が望むようにクリエイトできる、そう信じて行動することで、あなたは自分にとって必要なソウルメイトに、出会うことができます。

ソウルメイトと出会う前兆として、愛用していたものが無くなる、壊れる、また親しかった人やペットとの別れなどのサインがあることが多いです。

またいつもの日常の中に、少し変わったことが起こる場合もあります。いつも通っていた道沿いのショップが閉店し、別の店ができるなど、あなたの住む毎日の中に「変化」が現れたとき、それはソウルメイトとの出会いの前兆だと言えます。

 

最後に

出典:O-DAN

あなたの両親、兄弟姉妹、肉親、あなたの配偶者やパートナー、学生時代のクラスメイトや働いているときの上司や同僚、部下、趣味の世界での友人など、あなたのソウルメイトはたくさん存在します。人は人間関係の中において、学び、自分を向上させていくことができます。

ソウルメイトはあなたと同じグループの魂で、あなたが今世、魂をさらに磨くためにあなたの近くに配置されて生まれてきているのです。もし過去の辛い記憶や出来事がどうしても消化できないときでも、相手が自分のソウルメイトだと仮定して、違う方向からその過去の出来事を思い出してみれば、新たな発見と共にあなたの魂も成長できるはずです。

 

 

友だち追加
ウラスピナビLINE公式がオープンしました!

WRITTEN BY 大地未来

大地未来
西洋占星術、タロットを独学で学び、2015年より占い師としてプロデビュー。カードとスピリチュアルリー...