★ウラスピナビ無料会員だけが読める! スペシャル会員限定記事の登録はこちら!

【荒立神社】


出典:無料素材画像 写真AC

≪御祭神≫
猿田彦命(さるたひこのみこと)
天鈿女命(あめのうずめのみこと)

【荒立神社】は瓊々杵尊(ににぎのみこと)が天照大神の命を受けてこの国に降臨される途中で、天孫一行を道案内した猿田彦命(さるたひこのみこと)と天鈿女命(あめのうずめのみこと)が結婚して住まわれた地と伝えられています。切り出したばかりの荒木を利用して急いで宮居を造ったところから「荒立宮」と名付けられました。

天鈿女命(あめのうずめのみこと)と言えば、天岩戸伝説で有名ですね。天岩戸に隠れてしまった天照大神(あまてらすおおみかみ)を持前の芸達者さを生かし、岩戸の前でおもしろおかしく舞い踊ったという伝説です。その芸能の才能にあやかろうと、芸能関係の人が数多く訪れているそうですよ。猿田彦命は交通安全、教育の神、天鈿女命は歌や舞、芸能の神として親しまれる他、夫婦円満、縁結びの神として親しまれています。

神社全体が明るい雰囲気で、独特の居心地の良さがあります。猿田彦命や天鈿女命に関連したユニークなアイテムやお守りがあって、ほっこりとした気持ちになりますよ。

個人的には、開運三社のなかで一番好きな場所でした。

≪七福徳寿板木≫(しちふくとくじゅばんぎ)他

力強く7回打つと願いが叶うと言われる≪七福徳寿板木≫の他、山には干支板木、未来板木などが境内を囲むように設置されています。

それでは次に、周辺のおすすめスポットをご紹介していきましょう。





おすすめ立ち寄りスポットその1

【天真名井(あまのまない)】

出典:無料素材画像 写真AC

【荒立神社】から少し歩いた場所にあります。ここは瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)がご降臨の時、この地に水が無く、天村雲命(あめのむらくものみこと)が再び高天原に上がられ、天真名井の水種を移されたと伝えられている場所です。

御神水として信仰され、宮崎の巨樹百選にも指定された大ケヤキの根元に清らかな水が湧き出しています。高千穂峡の「真名井の滝」の水源にもなっているそうです。

おすすめ立ち寄りスポットその2

≪セットでお参りしたい【八大龍王水神社】&【八大之宮】≫
【八大龍王水神社】
御祭神 八大龍王水神
御利益 商売繁盛・必勝

水に関わる自然を司る神として、雨乞いや河川氾濫の防止などの願いを捧げられてきた八大龍王ですが、近年では勝負事や社会的成功を祈願する方も増えており、全国各地からスポーツ界で活躍する選手・監督や、会社経営者など、勝利・成功を願う方々が数多く参拝に来られています。

かつては「いご様」の名で信仰され、その呼び名は8体の龍神たちに由来しているそう。駐車場から見える、大きくて美しい鳥居が印象的でした。神社の側にある御神木は、龍神様を思わせるような神秘的な雰囲気を漂わせています。

お酒と生卵をお供えするようになっていて、卵を置くケースが用意されていたのが新鮮でした。さらに1.5kmほど離れたところにある「八大之宮」と対をなすと伝えられています。

【八大之宮】
【八大龍王水神社】と対で女神と言われています。(逆の説もあるようですが、この二ヶ所をお参りする事で、願いが叶いやすくなるそうですよ)境内の中央には井戸があり、湧き出す水はご神水として知られます。

おすすめ立ち寄りスポットその3

≪神道の大祓詞に登場し、罪や穢れを洗い流してくれる【瀬織津姫】≫

天岩戸神社東本宮から、八大龍王水神社の方向へ歩いて行くと瀬織津姫を祀る神社がありますよ。永ノ内川(ながのうちがわ)の断崖に添って参道を降りて行くと、自然のなかにひっそりと佇むように小さな祠がありました。ここは永ノ内川と岩戸川が合流した場所で多くの瀬が折り重なっており、古くから瀬織津姫が信仰されていた場所だそうです。

3回に渡ってお届けした≪天孫降臨の地・高千穂へショートトリップ≫いかがでしたか?

お土産には猿田彦命と天鈿女命のおまんじゅうをはじめ、どこか心緩むアイテムがたくさんありました。自然と神々が息づく高千穂に、あなたもぜひ足を運んでみてくださいね。

★新月・満月前日に配信! ウラスピナビ旬の占いスピリチュアルな情報のメルマガ無料会員登録はこちら!





スピリチュアルライター:MANA-MANA真由美

WRITTEN BY MANA-MANA 真由美

MANA-MANA 真由美
ヒーリングサロン&スクール MANA-MANA代表。 明石の海の側のサロンで、マナカードリーディン...