どもども。古今東西運命学探求家CHAZZです。
前回に引き続き月の満ち欠けを活用したテクニックをご紹介していきますね! ラストの今回はスーパームーンや日食・月食などの特別なイベントについてのお話しです!

● 日食や月食を見るのは不吉??

近年、金環日食や皆既月食などのイベントがニュースでも話題になりましたが、あなたも日食が起きたとき見に行きましたか? 特に完全な日食はめったに見ることができませんから、絶対見ておきたいと思いますよね? ですが、インドや東南アジアでは、日食が発生すると逆に家から出ないという風習の国もあります。実は昔から日食や月食の日は混沌としたエネルギーが満ちる日と考えられていてインドでは日食の光を浴びるのは不吉というイメージがあるのですね。日食を見る見ないは個人の自由ですが、一部ではこのような話もあるということを知っておくのも大切なことなのです。

● 日食や月食はカルマが出やすい日

出展:無料写真AC

占星術では、日食や月食の日に生まれた人は特別な運命をもって生まれやすいという考えがあります。例えば2代前のローマ法王であるヨハネパウロ2世は日食の生まれとして有名ですが、カソリック教会の大胆な改革を行うなど歴史的に見てもターニングポイントにあらわれた法王でした。このように日食・月食で生まれた人は独特なカルマを持って生まれ波乱に満ちた人生を送る人が少なくありません。つまり日食や月食の時は普段起きないようなことが発生しやすいため、計画的に物事を進めたいときは要注意の時期なのです。特に入籍や開店などの順調に発展させたい事のスタート日を選ぶときは、日食や月食時期を選ぶと波乱を呼びやすいので避けた方が賢明です!





● スーパームーンは地球に非常に強い影響が!

出展:ぱくたそ

1年に1度、月は地球に最接近します。その時期の満月と新月を俗に“スーパームーン”を呼びます。この“スーパームーン”の時期は引力の関係なのか地震や異常気象などの災害が多発すると言われていて、月の影響が強くなります! ムーンパワーも非常にパワフルなので、上手に活用すれば普段以上の満月パワー・新月パワーを得られますよ。逆に“スーパームーン”の満月時期に彼氏とケンカでもすると、収拾がつかないくらい酷いことにもなりやすいためネガティブな行為は注意しましょうね!

さて、4回に分けてお伝えしてきましたが、お月さまは開運や占いには切っても切れない存在だということが少しでもわかっていただけたでしょうか? 月の満ち欠けを使用してあなたなりの開運スケジュールを作ってムーンパワーを味方にして幸せを手に入れてみましょう!次回も開運テクニックをご紹介します! 期待して待っててください。ではでは!





WRITTEN BY CHAZZ

CHAZZ
西洋・東洋を問わず、あらゆる占術を駆使した総合的鑑定を行う占術界きっての実力派。 占いだけでなくス...