四国随一の厄除け・開運の神社

四国香川県にある一宮神社が「田村神社」。格式の高い神社ですが、現在は様々な神さまが祭られていて、お参りすのも楽しくなるような親しみやすい雰囲気もあります。田村神社の御祭神は田村大神(たむらのおおかみ)と言いますが、こちらは本来5柱の神さまが合わさってできた神さまなのです。5柱それぞれのお名前が倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)、五十狭芹彦命(いそさせりのみこと)、猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)、天隠山命(あめのかぐやまのみこと)、天五田根命(あめのいたねのみこと)と言います。この中で倭迹迹日百襲姫命は第七代天皇の皇女で、疫病で苦しむ人々を救うなどの活躍をされた女神さまのため、田村神社と言えば「厄除け・厄払い・交通安全の神社」というイメージがあるほどです。





縁結びや安産・金運上昇など、ご利益のテーマパーク!

正月初詣には毎年10万人以上の参拝者が訪れる、四国でも大変人気の高い神社ですが、田村神社は厄除けだけでなく、安産祈願や子宝祈願でも有名です。境内には子授けや安産にご利益があるとされる「はらみ石」や小さな鳥居と祠がカワイイ「あわしまさん(正式には淡島社)」、「安産子宝犬」、「子育て布袋尊」などが祭られていて盛りだくさんです。また、「姫の宮」と呼ばれる小さなお社は縁結びの神さまとして女性に非常に人気があります。更には御祭神の倭迹迹日百襲姫命は桃太郎伝説とゆかりがあるため桃太郎像があったり、芸能の神さま弁財天(古事記に出てくる市杵嶋姫命と同一視)がいたりと、まさにご利益のテーマパークという感じなのです!

神社のいたるところに竜神さまが!

出典:無料写真素材 写真AC

さらに田村神社といればもう一つ外せないのが「龍神伝説」です。四国と言えば水不足の問題があるため水の神さまである龍神さまは非常に大切な存在。田村神社といえばいたるところに竜神さまの石像やオブジェが境内に無数にあることからも、その重要度がわかります。実際、田村神社には龍神さまが生き神さまとして顕現されたという記録があるくらいなのです。また水を操る龍神は金運を司るとされるため、金運上昇・商売繁盛の神様として知られています。正にオールマイティなご利益神社なんですよ!

この神社での願いかたとは?

こちらの神社はまず本殿でお参りを済ませた後、全ての摂社・末社、そしてご利益スポットを回るのに、結構な時間がかかるくらい沢山のご利益スポットがあります。その中でも絶対に欠かせないパワースポットが大鳥居右側にある巨大な龍神石像です。目の前に来ると電気が走るような威厳のある龍神さまです。そしてその右側には神池と呼ばれる厄除け・厄払いパワー絶大のお池があります。時間があれば、その周辺でゆっくりお池の気を受けるといいですよ。続いて行ってほしいのが、本殿後ろにある大楠と、神社最奥にある「お迎え布袋尊」の奥にある大楠の2つのご神木です。どちらもご神木として非常に素晴らしい気を放っているので、田村神社に行かれた際は必ず行ってほしいパワースポットです。





WRITTEN BY CHAZZ

CHAZZ
西洋・東洋を問わず、あらゆる占術を駆使した総合的鑑定を行う占術界きっての実力派。 占いだけでなくス...