1月も半ばになり、そろそろ花粉症情報が気になってきた方も多いのではないでしょうか? 

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、そして、目のかゆみなど、本当につらいですよね。

つらい症状を抑えるために飲むお薬で眠くなってしまい、春は日々の仕事の作業効率が下がりがちという声も多く聞きます。

今回は、そんな花粉症やアレルギーの対策にもなり、また、代謝の下がる冬にため込んでしまった毒素をデトックスする効果も抜群! ヨーロッパでは日常に取り入れられている春季療法というハーブ療法をミラクルらぶちゃんこと、らぶ らどらいとご紹介していきます。
fda30582defd48619bec24ff97c63239_s

◎ヨーロッパの健康法「春季療法」と方法


ヨーロッパでは春先の吹き出物や花粉症などのアレルギーに備え、1月~2月頃からハーブを使った体質改善が広く行われています。これを春季療法といいます。

動物は本来、冬の間は冬眠モードになり代謝が落ち、摂った栄養を溜め込み易い状態になりますが、それは私たち人間も同じで、冬は代謝が落ち老廃物が体内にたまりがちになります。

そうして溜まった毒素をそのままにしておくと、代謝が上がるにつれ、老廃物が前面に出、アレルギーや肌荒れを起こしやすくなります。

そうした症状が現れる前に冬季に溜めた毒素をデトックスしておく、というのが春季療法の狙いです。

春季療法に主に用いられるハーブは、

1. ネトル
2. エルダーフラワー
3. ダンディライオン(タンポポ)

です。
eacd04ca8cb654ac8d8d5a65b6c650cf_s
春季療法は、これらのハーブをブレンドしたものや単品を、1日3~4杯のティーで飲むことを1ヶ月以上続けます。

その際、注意すべきことは、一度に大量に飲まずに間隔をあけていただくことです。

一気に飲んでも、吸収されずに尿となって出てしまうのでメリットは少なくなってしまいます。

毎食後に1杯ずついただく習慣にすると、摂りやすいでしょう。

薬で症状を止める対処療法とは違い、体質そのものを改善することが目的なので、それなりに時間はかりますが効果はあります。

筆者もひどい花粉症でしたが、メディカルハーブを勉強し、年明けからこうした春季療法を続けるようになって、ずいぶん症状も軽くなってきました。

一度、うっかりしていて症状が出てから始めた年があり、その年は少し楽になるまで時間がかかった感覚がありましたので、まだ症状が出ていない、今の時期から春季療法を始めることをお勧めします。

中でも ネトル は、ビタミンCや鉄などのミネラルを豊富に含まれるほか、抗アレルギー、浄血作用にも優れており、まさに春季療法にうってつけのハーブです。ということで、次にネトルの効果について、詳しくお伝えしていきます。

◎春季療法の代表的ハーブ「ネトル」


ネトルとは、草原を思わせるような、緑茶を好む日本人にはなじみやすいハーブです。

和名は、セイヨウイラクサと言い、イラクサは漢字では、「刺草」と書き、その名の通り葉の表面に棘を持ちます。

春先に起こる花粉症は、体の中に入って来た花粉などの異物を追い出すため、体内で多量のヒスタミンが放出されることによって起こると言われ、花粉症やアレルギーとヒスタミンは切っても切れない関係性なのですが、ネトルの持つその棘には、植物性のヒスタミンが含まれています。

植物性のヒスタミンの作用は人間の持つヒスタミンに比べ優しく、ネトルを服用し続けていく事で、体内の過剰なヒスタミンの放出を抑えてくれる働きがあります。ネトルの棘がまさに、体内の過剰なヒスタミンを刺し制すという形で働いてくれます。

またネトルに含まれる、ルチン・クエルセチンは抗アレルギー作用として知られ、花粉症ケアに役立ちます。また葉緑素として有名なクロロフィルも豊富で、浄血作用に優れています。

冬眠モードの間に循環が悪くなった身体の体質改善として、体内の老廃物を排出させるデトックス効果も高いです。

また、ネトルは別名「天然のマルチサプリ」とも呼ばれ、β-カロチン、ビタミンC、葉酸、ミネラルケイ素、カルシウム、カリウム、鉄、ミネラルなど栄養素も豊富です。野菜不足が気になる方や、貧血が気になり鉄分の吸収率を高めたい方にもお勧めのハーブです。

◎春季療法にお勧めのブレンドレシピ


6b7672c7aab099898eb1ca1de926268d_s
◇肝機能を高めるダンディライオンを中心にしたブレンドティー(2杯分)
材料
・ダンディライオンルート(ロースト)…小さじ2
・ネトル…小さじ2
・エルダーフラワー…小さじ2
・熱湯…300cc

◇デトックス効果を高めるペパーミントを入れた爽やかブレンドティー(2杯分)
材料

・ペパーミント…大さじ1
・ネトル…大さじ1/2
・レモングラス…大さじ1/2
・熱湯…300cc

上記のハーブを、この時期からお茶として毎食後、飲み続けるだけという簡単、かつ安全な春季療法。

毎年、花粉症で悩んでいる方、そして、今年こそはなっちゃうのかな? と不安な方も、おいしく飲んで予防と体質改善できる春季療法を、今年はぜひ試してみてくださいね。

※参照書籍
・心と体に効くハーブ読本(PHPビジュアル実用BOOKS)
・アロマテラピーの事典2000/7(篠原直子.成美堂出版)

~~~~~~~~~~~
【らぶちゃん1月イベント・セッション・ワークショップのお知らせ】

◇らぶちゃんメイクコンシェルジュ モニター募集
場所 レンタルスペース
(都内:東武練馬・成増・四ツ谷・馬喰横山など 神奈川:横浜元町)
日時 応相談
モニター料金 1時間 5,000円(1月中、以降料金変更になります)
お申込み・お問合せ

◇1月23日(月)11:00~16:00
自由が丘のイベント「セラピールームHeaven&Earth」出展
詳細

WRITTEN BY らぶ らどらいと

らぶ らどらいと
【らぶちゃん9月のイベント&セッション情報】 http://ameblo.jp/nerori-ar...