カウンセリングやヒーリングなどで時々出てくる言葉、「インナーチャイルド」って聞いたことはありますか?
子供の頃の記憶や感情が、今の自分に大きな影響を与え、それによって生きにくさを感じている……そんな人が実はたくさんいるのです。
今日はインナーチャイルドカードセラピストでもある、MANA-MANA真由美から、「インナーチャイルド」についてお話ししましょう。

「インナーチャイルド」って何?


出典:無料素材画像 写真AC

「インナーチャイルド」とは「内なる子供」と言われ、子供の頃の環境や体験によって培われたあなたの一部。あなたの心の中に存在する「小さな子供」と把握するとわかりやすいですよ。
「インナーチャイルド」は一定の思考や行動の癖を持っています。
これが手放せない事が原因で、職場の人間関係やパートナーシップに問題を抱えてしまう人が多くいるのです。
以下のようなパターンがあてはまる場合は、インナーチャイルドが傷ついている可能性が高いでしょう。

〇 自分に自信が持てない、自分を肯定するのが難しい
〇 愛されていないと感じる
〇 何かに依存してしまう
〇 自分に完璧さを求めてしまう
〇 子供に自分の理想を押しつけてしまう
〇 いつも満たされない感覚を覚える
〇 人間関係がうまくいきづらい
〇 バランスの取れたパートナーシップが築きにくい

あなたの「インナーチャイルド」は傷ついていない?

職場の人間関係がうまくいかない、恋人から愛される事を拒否してしまう、何をしても満たされない……自分では望まない環境を引き寄せてしまう方は、「インナーチャイルドの欲求」に焦点を当ててみる必要があるでしょう。
例えば、両親にけなされて育った人は、大人になって褒められてもそれを素直に受け入れる事ができません。そして日常がうまく行っても、自分に自信を持てず、深い悩みを抱えてしまうのです。
あなたが何かを選択する時、子供の頃のつらい記憶が何か影響していないか? を一度振り返ってみてください。





「インナーチャイルド」を癒すには?


出典:無料素材画像 写真AC

あなたの中に傷ついたインナーチャイルドの存在を見つけたなら、その感情をしっかりと受け止めてあげてくださいね。
私はこんな感情を長く抱き続けてきたのだな……と振り返りながら、その気持ちを味わってください。
認める、気づくという事が、癒しの第一歩につながります。
そしてその時持っていた欲求を、自ら満たしてあげる事を意図してあげてください。
「愛されたい」という欲求に気づいたなら、まずはあなたが自分自身を愛する事から始めてくださいね。

子供時代の体験を客観視する機会を持てば、ネガティブな思考に影響されていた「負の行動パターン」が少しずつ減っていくでしょう。過去の辛い記憶に捉われずに、自由に日々の選択を行う事ができるようになっていきます。
専門家の手を借りて癒したい場合は、ヒプノセラピーやカウンセリング、カードリーディングなどの方法がありますので、試してみるのもよいでしょう。

さらに「インナーチャイルド」を元気に保つ方法

「インナーチャイルド」はワクワクするのが大好き。あなたの本質的な部分が大きく反応する物事に注目してみましょう。例えばそれは、子供の時に取り組んでいた遊びや懐かしいものに触れる時間かもしれません。
かわいいものをコレクションする、子供と遊ぶという方法でインナーチャイルドが癒されたり、元気になったりする場合もあります。
ひとまずは、あなたの心に住む「小さな子供」に注目し、その欲求に耳を傾けてあげる事から始めてみませんか?





インナーチャイルドカードセラピスト:MANA-MANA真由美

WRITTEN BY MANA-MANA 真由美

MANA-MANA 真由美
ヒーリングサロン&スクール MANA-MANA代表。 明石の海の側のサロンで、マナカードリーディン...