3月に入り、春先の今の時期は、合コンや婚活で出会った人と次の約束をしやすい時期です。

誘うのは、ズバリお花見デート!

桜が見られる時期は限られているので、「また今度、飲みにいこう」で終わりません。

デートが盛り上がるかどうか心配なときも、友達を誘いやすいイベントですよね。

今回は、ふたりきりのお花見デートでも、みんなでワイワイ楽しむお花見でも、気になる人をドキッとさせちゃう恋愛心理テクニックを3つお伝えします。
c63d20a3a8f6927dfa24589354dcf811_s

1. ファッションでギャップを演出する「認知的不協和」

YUKA20160818015914_TP_V
知り合いから恋愛に発展するためには、きっかけが必要です。

気になる人に会った回数に関わらず、相手はあなたに対してなんらかのイメージを持っています。

たとえば、「明るい性格の人」や「清楚な人」というようなイメージです。

ところが、そのイメージを裏切られると、「あれ、この人ってこんな人だったっけ?」と、気になり始めます。

そのときに働く心理を、「認知的不協和」といいます。

ギャップがある人がモテると言われているのも、この心理が働くからです。

なので、いつもはコンサバOL系のファッションなら、スウェットにダメージデニムなどのカジュアルコーデをするというように、相手があなたに持つイメージを裏切ってしまいましょう。

普段からカジュアルな服装が好きなら、パーカとオフショルダーブラウスを合わせるというように、カジュアル&セクシーな正反対のアイテムを組み合わせるのがおすすめです。

あなたの新たな一面を見せてドキッとさせましょう。

2. 居心地のいい女になるミラーリングテク

492ac9432a296d53f60eb23201031423_s
仲の良い友達同士や夫婦を見ていて、雰囲気が似ていると感じたことはありませんか?

それは、話すテンポやしぐさなどが似ているからなんです。

一緒にいるうちに自然と似てくることもありますし、似ているから仲良くなる場合もあります。

この現象を利用して、気になる人のしぐさや話すテンポなどをまねれば、仲良しカップルなムードが生まれるというわけです。

こうして相手の行動に同調することを、「ミラーリング」といいます。

お花見デートでは、相手が食べるペースに合わせたり、飲むタイミングに合わせてコップを手にとってみましょう。

すると、「なんとなく居心地がいいな」と感じてもらえますよ。

3. 時間ができたらバドミントンをせよ!

c7e13d83d4fc9ede69e35ea77278c665_s
心拍数が通常より上がっている状態で隣に異性がいると、心拍数の高さを恋のときめきと勘違いしてしまうのが「吊り橋効果」です。

ジェットコースターに乗ったり、一緒にお化け屋敷に入るのもいいですが、スポーツをするのも効果が期待できますよ。

広いスペースがある場所でのお花見なら、心拍数を上げるようなスポーツをしましょう。

ふたりでできるバドミントンやフリスビー、キャッチボールなどがおすすめです。

山桜を目指して、登山をするのもいいですよ!

いかがでしたか?

恋が始まるきっかけをつくる、3つの恋愛テクニックをご紹介しました。

どれもさりげなくできるテクニックなので、ぜひお花見のときに使ってみてくださいね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆◆心理学を使って婚活をしませんか?◆◆
心理学で自分の結婚観を明確化して、自分に合った婚活をしましょう。
ワークブック「ココロの婚活ノート」はホームページで販売中。このノートをテキストとして使った心理学講座を大阪・和歌山で開催しています。
詳しくは、ココロの婚活ノートホームページをご覧ください。

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
心理カウンセラー 日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。 ストレスで心身のバランス...