新しく出会った人と、もっと距離を縮めたいのに、なかなかデートに誘ってくれない!

自分から誘いたいけれど、断られるのが怖くて……。

そんなときは、心理テクニックを使って、デートの誘いを一発OKさせちゃえばいいんです!

今回は、思わず「OK」を出してしまう「最強の二択」について解説します。
n745_mimimototubuyaku_tp_v

・気がつけばデートするのが前提になっている「誤前提暗示」とは?

ウィンドウショッピング中に、こんな経験はありませんか?

洋服のショップで、気になるニットを見つけたあなた。

そこに店員さんがやってきて、

「こちらのニット、2色展開なんですよ。白と黒、どちらがお好みですか?」

と質問されたので、「うーん、白の方が好きかな」と答えたら、いつの間にかニットを買う流れになっていた!

これは、「誤前提暗示」という心理テクニックを使った提案です。

白と黒の二択の質問をすることで、ニットを買うことは決まっている(前提)と脳が誤解してしまうんです。

・気になる人と食事デートに行きたいときの「最強の二択」とは?

食事デートに誘いたいときは、「和食と洋食、どちらが好き?」というように、二択を提示します。

洋食と答えたときは、「オムライスとパスタだったら?」というように、洋食の中で二択を提示して、食べる物をしぼっていきましょう。

そうすれば彼の好みもわかり、「食事に行く」という前提を疑わなくなります。

最終的には、「カルボナーラが名物のお店があるから、行けそうな日を教えて」というように、行くことを前提として具体的に日程を決めればOK。

・二択の後は相手に好きな物を語らせるのが上級テク

c777_coffee3ji_tp_v
「強引すぎないかな?」と心配なときは、二択を繰り返すのではなく、相手に話させる上級テクニックを使います。

たとえば、「コーヒーと紅茶、どちらが好き?」という二択から、相手のこだわりを引き出していくということです。その人が好きな物について質問すれば、話が広がりやすいですよ。

《会話例》
女「コーヒーと紅茶、どちらが好き?」
男「コーヒー派!」
女「そうなんだ! 好きなお店はあるの?」
男「一杯ずつ豆をひいて、丁寧に淹れてくれる喫茶店があるんだよ」
女「へぇー! そんな喫茶店があるんだ! 雰囲気が良さそうだね」
男「そうそう。オシャレなカフェじゃないけど、落ち着くんだよね」
女「コーヒーの良い香りがしそうー」
男「うん、お店に入ったらコーヒーの香りがして、ホッとするんだよ」
女「いいね。わたしもコーヒーが好きだから、連れていってほしいな」

このように、最初だけ二択の質問をして、あとは相手が気持ちよく話せるように導いていきます。

その人は話しながら、落ち着いた喫茶店の店内や淹れたてのコーヒーの香りを思い出します。すると、ふたりでその喫茶店にいるように錯覚しちゃうんです。

そこまでイメージできていたら、「連れていって」というお願いに「NO」とは言いにくいですよね。

いかがでしたか?

最強の二択質問、ぜひ使ってみてくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆◆心理学を使って婚活しませんか?◆◆
2017年1月より、婚活女子のための心理学講座「秘密の女子会」(全6回)を、大阪・和歌山で開講します。
詳しくは、ココロの婚活ノートのホームページをご覧ください。



WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
心理カウンセラー 日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。 ストレスで心身のバランス...