今や生活必需品となったSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は、恋愛もアシストしてくれる素敵なツールだということはご存じですか?
今回は、「いいね」を押すだけで好きな人との距離がグッと縮まる、恋愛心理的SNS活用法をお伝えします。

1.「いいね」= 会うと同じ効果がある

Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSに設置されている「いいね」ボタン。好きな人の投稿には、ぜひ「いいね」を押してください。

実はこれ、「単純接触の原理」を利用した立派な恋愛テクニックなんです! 

単純接触の原理とは、何度も会っている(見ている)うちに、その人のことが好きになっていくというもの。たとえば、職場やサークルなどでよく会っているうちに、だんだん好きになってきたという経験はありませんか? 

まさに、それが単純接触の原理なんです。

SNSでは、「いいね」ボタンを押すと名前が表示されるので、そのたびに相手はあなたのことを思い出します。コメントを残すのもいいですが、名前を見るだけでもOK。

なぜこれが恋愛心理的SNS活用法になるのか……気になりますよね?

2.「いいね」の数だけ距離が縮まる理由

「いいね」を押すと心の距離が縮まる理由は、もうひとつあります。

SNSに投稿するのは、誰かに共感してもらいたいときなんですよね。おもしろいものを見つけたとき、おいしい物を食べたとき、イラッとする出来ごとがあったときなどは、「この気持ちをわかってほしい」と感じるものです。

人は、共感してくれる人に対して安心感や親近感を抱くものなので、

「いいね」を押せば押すほど、ふたりの心の距離は縮まるというわけです。

さらに、Facebookには、「超いいね!」、「すごいね」、「ひどいね」など、6種類の「いいね」があるので、投稿に合わせた「いいね」を押せば、「この人はわかってくれている」と実感してもらえます。

3.「いいね」の先制攻撃で、好意の返報性を生む

まだ好きな人とそれほど親しくなくても、「いいね」はあなたの方から先に押すのがうまくいく秘策です。というのも、

親切にしてくれる人に対しては、親切にしたくなるという心理が働くからです。これを、「好意の返報性」といいます。

つまり、あなたが「いいね」を押せば、相手が好感を持ったり、あなたの気持ちを理解したいと思うようになるということ。
相手もあなたの投稿に「いいね」を押してくれるようになったら、好意の返報性が効いてきたと思っていいでしょう。

これぞ恋愛心理的SNS活用術のなせるワザなのです。

最後に……現代の恋は恋愛心理的SNS活用術を

好きな人と付き合うためには、SNSだけでなく実際に会って話すことが大事です。
「自分から積極的に行動できない」という人は、まずは「いいね」で距離を縮めましょう。

ある程度親しくなったと感じたら、SNSで投稿していたネタをきっかけに、会う約束につなげてみてくださいね。

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
★日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。 ストレスで心身のバランスを崩したのをきっかけに心理...