愛される女性になるには、まずは自分を愛することから。

ということで、前編ではプラスのストロークの大切さと、マイナスのストロークを与えないことについてお伝えしました。

後編では、自分自身にプラスのストロークを与える具体的な5つの方法をご提案します。
tsu952_ameagenai_tp_v

《自分にプラスのストロークを与える5つの方法》

1. スキンケアタイムを丁寧に

洗顔やスキンケアを丁寧に行えば、自分自身を大切に扱うことを習慣にできます。

その時間はスキンケアだけに集中して雑念を取り払えば、瞑想効果もありますよ。

他にも、髪のブラッシングやブロー、頭皮マッサージなど、自分に触れる時間を充実させるといいですね。

2. 「今日の良かったこと」を眠る前に思い出す

その日に起こった、「ちょっと良かった出来事」を思い出します。

コンビニの店員さんが親切だったとか、仕事でミスせずにうまくいったというような、ほんの少しうれしかったことでOK!

頭の中で思い浮かべるだけでもいいですが、手帳やスマートフォンにメモをしておけば、良かったことがたまっていきます。

3. お気に入りの下着やパジャマを身につける

お気に入りのデザインや色の下着や、着心地のいいパジャマを身につけるのもプラスのストロークです。

他の人から見えないにも関わらずお金をかけるというのが、自分を大切にすることにつながるのです。

ボディクリームやアロマで香りを楽しみながら、お気に入りの下着とパジャマで眠りにつく至福の時間を過ごしましょう。

4. 自分へのご褒美をわざわざ買いにいく

ppo_shikkuiichigonosyo-tocake_tp_v
むなしさを感じたときや、なんだかむしゃくしゃするとき、コンビニでスイーツやスナック菓子を買い込んだことはありませんか?

ドカ食いをしたくなるのは、満たされない部分を食べて補おうとする「補償作用」が働くからです。

だけど、食べるのがダメだというわけではありません。頑張っている自分にご褒美をあげることは大事です。

デパートに売っているプチ贅沢なスイーツなど、わざわざ行かないと手に入らない物をご褒美にすることで自己肯定感が高まりますよ。

5. 人の手を借りてプラスのストロークを与える

自分で自分を褒めたり、良いことを見つけられないときもありますよね。

そんなときは、リラクゼーションサロンでアロマトリートメントを受けるなど、人の手を借りてプラスのストロークを与えるのがおすすめです。

美容室、ネイルサロン、猫カフェなどもいいですよ。

細や
かな気配りやサービスをしてくれて、「大切にされている」と感じられるところを選びましょう。

いかがでしたか?

こうして自分で自分を満たしていると、人に求めすぎることがなくなります。

精神的にも安定して、いつもご機嫌な状態でいられますよ。

また、いつも自分にしているように相手にもプラスのストロークを与えられるので、男性や周りの人の心を満たせるようになります。

男性を満たすレッスンのつもりで、まずは自分自身に愛情をたっぷり与えるようにしてくださいね。

◆◆心理学を使って婚活しませんか?◆◆

心理学を婚活に応用したワークブック「ココロの婚活ノート」では、今の自分の状態をチェックしたり、男性の褒め方などのプラスのストロークを与える方法が学べます。
2017年1月より、婚活女子のための心理学講座「秘密の女子会」(全6回)を、大阪・和歌山で開講します。
詳しくは、ココロの婚活ノートのホームページをご覧ください。



WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
心理カウンセラー 日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。 ストレスで心身のバランス...