今年はもう、恋愛はあきらめた。来年の出会いに期待しよう。

だけど、新しい出会いもないし、素敵な人はもう結婚しているし……

そんなあなたは、新年から職場の後輩くんを育ててみるのはいかがでしょうか?

「男性はみんな若い女性が好き」なんていうのは思い込みです。

事実、年上の女性と結婚する芸能人やスポーツ選手も多いですよね。

そこで今回は、年下の男性を育てるための恋愛心理テクニックをご紹介します。

職場の後輩くんだけでなく、プライベートで知り合った年下男子にも使えますよ。
pak99_datesuruhutari20140301_tp_v

1. 同年代女子にはない余裕を見せる

やはり、年上の女性の良いところは、精神的に成熟していて余裕があるところです。

後輩くんと同年代の女性にはない余裕を見せるには、カリカリしているところを見せないように注意を。

また、時間に余裕を持って行動したり、バッグやデスクの引き出しを整理整頓したり、ゆっくりとした優雅なしぐさを心掛けるだけでも、余裕のある大人の女性を演出できますよ。

2. 男性の苦手なところをカバーする

年下の男性に対しては、どうしても物足りなさを感じることがあります。

そんなときは、「わたしの方が経験豊富なのだから当然」と割り切って、期待し過ぎないことが大事です。

むしろ、年上の女性の良さを感じてもらうチャンスだと心得て。

お互いの足りない部分を補い合うことで関係が深まることを「相補性の原理」といいます。

もしも、後輩くんが仕事で苦戦していたら手伝ってあげるといいですよ。経験というあなたの武器がいきてきます。

ただし、ここで注意したいのは、得意な仕事まで奪わないこと。

得意分野で自分以上の実力を見せつけられると、彼の自尊心が傷ついてしまいます。

ですから、あくまでも苦手な分野をサポートする程度がいいですね。

3. 小さなことでも頼る + ほめる

「相補性の原理」を使って、今度はあなたが苦手なことを手伝ってもらいます。

その場合は、すぐに結果が出るような小さなお願いをするのがポイントです。

たとえば、高い場所にある物をとってもらったり、重い荷物を持ってもらうといった力仕事は、男性にお願いしたい作業ですよね。

そういった簡単なことから、少しずつ難易度をあげていくといいですよ。

プライベートでは、食事に行くお店をあなたが提案して、彼に予約をしてもらうというように役割分担をするのも◎。

そして、頼んだことをしてもらったときは、少しオーバーなくらいに褒めましょう。

「助かった」「頼りになる」「うれしい」といったフレーズは、自信につながります。

男性は女性の役に立つことで存在意義を感じるといわれています。

ですから、たとえ小さな頼み事であっても、「女性を喜ばせた」という経験を積むことに意味があるんです。

役割分担をすることは円満な結婚生活のために必要だと、恋愛心理学では考えられています。

つまり、相補性の原理を活用して年下男子と付き合えば、年の差婚も夢ではないということ。

新年からは年下男子を育ててみるのも、いいかもしれませんよ。

◆◆ラジオに出演します◆◆

12月4日からの5日間、和歌山放送の番組にゲスト出演します。
和歌山放送ラジオ AM1431kHz
Honda Dream Navi(「グッデイ!」内コーナー)
2016年12月5日(月)~12月9日(金) 7時50分~
※スマートフォンアプリ「radiko」からもお聴きいただけます。
radikoのタイムフリー機能で、過去1週間分の放送をお聴きいただけます。
詳細・和歌山放送

【お知らせ】

恋愛心理学を婚活で実践するためのワークブック「ココロの婚活ノート」を、ホームページで販売しています。
カウンセリング、婚活心理学講座を受講して結婚した女性は14名になりました。
詳しくは、ココロの婚活ノートホームページにて。
ココロの婚活ノートホームページ



WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
★日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。 ストレスで心身のバランスを崩したのをきっかけに心理...