バレンタインは好きな人と過ごしたい!

だけど、好きな人すらいなくて寂しい。

気になる人はいるけど、自信が持てない。

そんな不安を感じている人は多いかもしれませんが・・・・・・

バレンタインまで、あと1ヶ月ありますよ!

今回は、イメージの力を使って幸せな恋愛をするテクニックをお伝えします。

・夢は書けば叶う・・・・・・ってよく聞くけど本当?


出典:Pixabay

ところで、新年の目標は立てましたか?

目標を書いたり、イメージしたりするのが苦手だという人に、ぜひ試していただきたいことがあります。

アメリカの大学で、被験者を2つのグループにわけて実験を行いました。

1日20分だけ大学の研究室に訪れ、それを4日間続けるという内容です。

1つ目のグループの人は、「最高の自分の将来像」をイメージして、紙に書くように指示されます。

「こんな夢が叶ったらいいな」と想像したことを、毎日紙に書きます。

2つ目のグループの人は、自分の日々の暮らしについて書くように指示されます。

普段の生活で感じたことや起こった出来事、大事にしていることなどを書きます。

 

4日間の実験終了後に調査したところ、将来像をイメージしたグループは日々の暮らしについて書いたグループよりもポジティブな気分になりやすいことがわかりました。

さらに、実験の数週間後により幸福感が高まっていて、数ヶ月後には病気にかかりにくくなったというのです!



・妄想が苦手な人のための、バレンタインデートのイメージ術

この実験から、夢を思い描けばポジティブな気分になれることがわかりました。

病気にかかりにくくなったのは、ポジティブに考えたり、幸福感が高まったりしたことで免疫力(自然治癒力)が上がったのだと考えられます。

そこで試していただきたいのが、この実験のようにバレンタインに好きな人とデートをしているところをイメージすることです。

今、好きな人がいなくても、「こんなデートをしたい」と想像できればOK!

うまくイメージできない場合は、細かい部分にこだわらずに想像してみてください。

たとえば、「こんな感じの場所」にいるとか、「こんな感じの彼」とか、「こんな感じのチョコ」を渡しているというように。

それを毎日続けることで、だんだん鮮明に思い描けるようになってきます。

・イメージすると夢を叶える力がつくのはなぜ?


出典:Pixabay

「こうなったらいいな」という夢を紙に書き続けると、ある変化が訪れます。

夢と現実と比べて、「障害物」があることに気づくのです。

たとえば、好きな人がいないなら、「出会いがない」という状況が障害になります。

気になる人と楽しくデートしているところをイメージしているのに、現実は自信が持てずにLINEすら送れない場合は、「自信が持てないこと」が障害になるというわけです。

 

夢を思い描き続けていると障害物を取り除く行動をとるようになる、といわれています。

つまり、自然と自信がわいてきて、積極的に行動できるようになるということです。

 

なので、バレンタインデートをしたいなら、まずは毎日イメトレしてみてくださいね!



美濃部由紀

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
1月20日(土)に新宿で婚活女性向けの1DAY集中心理学講座を開催します。 詳しくはこちら ht...