パワースポットでの心構えは?


出典:ぱくたそ

パワースポットに多い場所といえば、神社仏閣です。神様や仏様が祀られており、参拝をするという方も多いでしょう。
神社仏閣を訪れる時、大切なのは清潔にすることです。可能ならば、入浴をしてから訪れることをおすすめします。メイクをする前に体を清めておきましょう。
訪れた先の神社仏閣には手水舎があり、参拝前に手を清めることができます。やり方が描いてない場所もあるので、あらかじめ調べておくとスムーズに済みますよ。ハンドクリームなどを塗りすぎて行かないようにしましょう。手を拭くハンカチなどを持参しておくとスマートです。
パワースポットは神聖な場所です。マナーとして体を清潔にしておきましょう。





パワースポットでのメイクは?

神様や仏様に対しては、目上の方と接するようなマナーメイクが目安です。きちんと丁寧にメイクをして行きましょう。
まつ毛にマスカラをたっぷり塗ったり、アイラインを太く引いたりするメイクは向きません。厚塗りせず、しかしきちんとUVケアをしたベースメイクや、上品な輝きのアイシャドウを意識すると良いでしょう。
神社仏閣を訪れたら神様や仏様に感謝の気持ちを伝えますが、その手段のひとつとしてメイクを活用してくださいね。派手にしすぎず、神様や仏様に向き合う清潔感のあるメイクをして行きましょう。
自然の力も感じたいので、香料の強いコスメや香水は控えておきましょう。


出典:無料素材画像 写真AC

UVケアは欠かさないように

パワースポット巡りをするとなると、屋外に長時間いる状況になります。日焼け止め対策もきちんとしましょう。
日焼け止めは、メイクをした時に塗ったからいいというわけではありません。日焼け止めは時間がたつと効果が薄れてきます。
メイク直しで日焼け止め効果を継続させましょう。その場合、日焼け止め成分が配合されているフェイスパウダーがおすすめです。
フェイスパウダーはファンデーションよりも軽くヨレにくいパウダーなので、メイク直しにおすすめです。日焼けしやすくテカりやすいTゾーンを中心につけ、紫外線をガードするようにしましょう。
日焼けを気にしていては、せっかくパワースポット巡りをしても気持ちが集中できません。朝のベースメイクで日焼け止めを塗るのはもちろん、化粧直しにも気を遣いましょう。

メイクできちんとした自分を表現し、体や心を清めることで存分にパワーを享受することができます。4月から紫外線の量はぐんと増えますので、日焼け止め対策も忘れずにパワースポット巡りをしてくださいね。





恋愛メイクライター:花梨

WRITTEN BY 花梨

花梨
コスメの情報を漁っているとあっという間に一日が過ぎてしまう日々。いつまでも可愛くいたいという願いを持...