女性の世界にはびこる「マウンティング」は、根が深い問題です。

今まで仲の良い友達だと思っていた人に、「女性としてわたしのほうが優れている」とアピールされたら、落ち込むのも無理はありません。

本当に幸せかどうかは、さて置き。

今回は、こんなお悩みが届いています。





《お悩み》

Aさん  35歳

学生時代からの友人たちはほとんど結婚して、現在は育児の真っ最中です。
子育ての話についていけず、独身は肩身がせまいです。

婚活がうまくいかなくて焦っているのに、「婚活してみたい」と既婚者に言われてイラッとしてしまいました。

「わたしだったらうまくいく」とでも言いたいのでしょうか?

こんなことで腹を立てるわたしは、心がせまいのでしょうか?


出典:ぱくたそ

ご相談ありがとうございます。

わたしも言われたことがあります。お気持ち、わかります。

そのときは何でもない顔をしていたけれど、後から猛烈に怒りがわいてきましたよ。

「あなたの旦那さんが婚活パーティーに参加していたら、あなたを選んだかしら?

あなたよりもキレイな人なんていっぱいいるのよ!?

それなのに、あなたを選んだ旦那さんに感謝して!!」

と、心の中で罵りました。はー、スッキリ。

そんな自分の性格の悪さに、「だから結婚できないのかも」と落ち込んだりするわけですが……。

わたしたち婚活女性に必要なのは、婚活の大変さを熱弁することでも、嫌味で返すことでもなくて。

「気にしない」ことなんじゃないでしょうか。

こんなことを言われると、「幸せアピールをされている」と思うかもしれないけれど、既婚女性はそんなに深く考えて発言していません。

それより問題なのは、婚活が楽しそうに見えていることです。

似たような例ですが……
彼氏がいる友達から、「わたしも合コン行きたーい!」と言われた経験はありませんか?

これって、マウンティングじゃないんです。

「みんなで飲み会してズルい! 彼氏が欲しいわけじゃないけど、わたしも飲みたい!」という純粋なうらやましさからくるものなんですよね。

まぁ、合コンのほとんどは、メンバーを見た瞬間に帰りたくなるので、楽しい飲み会ではないんですけど。

だからね、婚活が楽しそうに見えている時点で、あなたにはまだ本気度が足りないってこと。
婚活パーティーでハイスペックな男性を捕まえれば、この悔しさも消えてなくなります。

それに、かつては友達も独身だったわけだから、あなたと共通の話題を見つけたくて、そんなことを言ってしまったのかもしれません。

婚活の話をしたくないなら、おいしいスイーツ情報や学生時代の思い出話とか、何か盛り上がれる話題にすり替えましょう。

《今日の教訓》
「婚活してみたい」に意味はない。
怒るだけムダなので、笑ってスルーしよう。





WRITTEN BY 婚活女史ユノ

婚活女史ユノ
毎月必ず1回は婚活パーティーに通っている婚活女史ユノ。 これまで挑戦した婚活は、100人規模パーテ...