今や、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は、生活の一部ですよね。

Facebook、Twitter、Instagram、LINEなど、どれかひとつは使っているという人は多いのではないでしょうか。

気になる彼と「お友達」になったものの、あと一歩踏み込めない……。

そんなときは、SNSの投稿から彼の性格を分析しちゃいましょう!

今回は、SNSでわかる男性の3つの本性を心理学で解説します。
cat9V9A9021_TP_V

1. SNSの投稿が多い彼は、寂しがり屋で仲間意識が強いタイプ

人間には、自分の居場所を求める「帰属欲求」があります。

職場や家庭、サークルや友達同士のグループなどに居場所を求めたり、異性から愛されたいと感じるのも、この欲求が働いているからです。

FacebookやTwitterなどの投稿に「いいね」が付くことで、帰属欲求が満たされます。

つまり、SNSの投稿が多い人は、頻繁に居場所を確認したい寂しがり屋だということです。

さらに、その人がよくコメントのやりとりをしている人との関係をチェックしてみましょう。

学生時代の友達や趣味仲間などのやりとりを見れば、どんなつながりを大切にしているのかがわかります。

また、寂しがり屋の人は、投稿に反応があると喜ぶので、「いいね」を押すのも忘れずに。

2. 額に「E」を書けばわかる!? 本音がわからない見栄っ張りタイプ

寂しがり屋タイプとは違い、「こんな風に見られたい」という投稿をする人もいます。

他者から見られている自分のイメージを気にすることを、「公的自己意識」といいます。

この公的自己意識が強い人は、あまり内面を見せようとしません。

気になる人の公的自己意識が強いかどうかをチェックする方法があります。

「自分のおでこにアルファベットの『E』を指で書いてみて」と言ってみてください。

他者から見て正しく「E」と読めることを考えて、自分から見ると逆になるようにEの字を書いた人は、公的自己意識が強い人だといえます。

そんな彼にアプローチをするには、1対1のコミュニケーションが有効です。

会ったときやLINEなどで、彼に悩みを相談してみましょう。すると、「実は、俺も……」と本音を話してくれるか!?

3. Twitterではつぶやくけど、LINEは返さないマイペースタイプ

LINEは既読スルーなのに、SNSは投稿しているという人は、マイペースで独特な世界観を持っています。

LINEやメッセージの返信のタイミングは、人に強要されたくないというのがマイペース男子の本音なんです。

TwitterやFacebookを更新しているときは、その人の気分が乗っているというサインなので、リアルタイムのやりとりができるチャンスでもあります。

コメントでのコミュニケーションが続いたら、「SNS上には書けないから……」と個別のLINEに切り替えるのがポイントです。このとき、彼が興味を持ちそうな内容を送れば盛り上がりますよ。

たとえば、彼がラーメンの写真を投稿していたら、「○○ってお店、知ってる? 隠れた名店らしくて、Tweetしたら広まっちゃいそうだからLINEしたよ!」というように、思わず彼がTwitterからLINEに切り替えたくなるような話題を提供しましょう。

いかがでしたか?

SNSから彼の性格を読み取って、タイプに合ったアプローチを試してみてくださいね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆◆心理学を使って婚活しませんか?◆◆
婚活女子のための心理学講座「秘密の女子会」(全6回)を、大阪・和歌山で開講しています。
詳しくは、ココロの婚活ノートのホームページをご覧ください。



WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
恋愛カウンセラー美濃部由紀が、恋愛相談バーを大阪で開催します。 詳しくはこちら https://...