★ウラスピナビ無料会員だけが読める! 満月からの排出を助け季節の変化を味方にする入浴法のメルマガ登録はこちら!

・「傷つきたくない」という気持ちがこじらせてしまう

ところであなたは、本心とは違う行動をしていませんか?

失敗を恐れるあまり、「言い訳」を準備して自分の心を守ろうとする働きを、「セルフ・ハンディキャッピング」といいます。

たとえば、自分が好きな人よりも年上だった場合、アプローチをして拒絶されるのが怖いという思いから、「年上だから恋愛対象として見てもらえない」という言い訳を準備するとします。

すると、無意識にその言い訳をしなければならない状況を作ってしまうのです。

「わたし、おばさんだから~」と自虐的なことを言ったり、「大人をからかわないで」と彼を子供扱いしたりします。

本心は彼と付き合いたいと思っていて、「年齢なんか関係ない!」と言ってくれるのを期待しているにも関わらず・・・・・・。



東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

・好きな子ほどいじめたくなる小学生男子の初恋の行方は?

だけど、男性はそんな複雑な女ゴコロがわからず、言葉通りに受け取ります。

あなたは自分のことを年下のお子ちゃまだと思っていて、恋愛対象として見ていないのだろうと誤解してしまうのです。

小学生のときに、好きな子に意地悪をしてしまう男子はいませんでしたか?
これも自分の心を守るための心の働きで、「反動形成」といいます。

意地悪な行動には2つの意味があり、1つは好きな人に自分を見てもらいたいという気持ち、そして2つ目は素直に気持ちを伝えたら拒絶されるのではないかという恐れです。

そうして、「嫌われるようなことをして嫌われるのは仕方ない」という言い訳を準備するのです。

でも、すごくわかりにくいですよね?
意地悪された女子は、「わたしのこと嫌いなのだ・・・・・・」と誤解してしまい、本当にその男子を嫌ってしまいます。

それならストレートに、「好き!」って態度や言葉で表したほうがいいと思いませんか?

・こじらせ女子がデートに誘うときのキラーフレーズ


出典:ぱくたそ


それでも素直になれないときは、デートに誘うときにこのフレーズを使ってみましょう。

「◯◯くん、ビールが好きだったよね。最近、いいお店を見つけたから誘おうかなと思っていたのだけど・・・・・・。忙しくて無理だよね?」

と、あえて挑発するような、諦めたような言い方をします。

「人の期待に応えたい」という気持ちが強い人ほど、このフレーズは効果を発揮します。
「期待を裏切ってガッカリさせたくない」と思い、あなたとデートする時間を作るはずです。

たとえ、「今、忙しいから難しいです」と断られても、「最初から無理だと思っていた」という言い訳ができます。

このフレーズを使ってデートの約束ができたら、素直に気持ちを伝えるように心がけて、「脱・こじらせ女子」しましょう。

★無料会員だけが読める! ウラスピナビ的・逆行中の金星を味方に成功をゲットするラッキーアクションのメルマガ登録はこちら!


東京大学×アルマード共同開発 【3日でとどく!エイジングケア】

恋愛心理カウンセラー:美濃部由紀

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
1月20日(土)に新宿で婚活女性向けの1DAY集中心理学講座を開催します。 詳しくはこちら ht...