《お悩み》

Hさん 37歳

出典:ぱくたそ

婚活をしていますが、好きな人すらできません。
「このままでいいのかな?」と悩んでいたときに、「結婚しなくても幸せに生きる」とか、「自分らしく生きたほうがいい」といったタイトルの本を見かけました。
こんなに婚活がうまくいかないなら、結婚しない道を選んだほうが幸せなのでしょうか?





ご相談ありがとうございます。

婚活がうまくいっていないときは、漠然とした不安を感じてしまい、「答え」を探してしまうものです。
わたし自身も婚活のゴールが見えていないので、Hさんの気持ちは痛いほどわかります。

そんなときに、「結婚しない幸せもある」と言われると、気持ちがグラついてしまいますよね。
もちろん、「結婚したくない」と思っていたり、結婚よりもしたいことがあったりするなら、独身で人生を謳歌する道もあります。
むしろ、「みんな結婚しているから」とか「婚活をしたほうがいいから」という理由で、気分が乗らないのに婚活をすると、時間とエネルギーとお金をムダにしてしまいそうです。

世の中にはさまざまな成功例や体験談があふれています。
それらは参考になる部分はあっても、ひとつの例だということを忘れてはいけません。

婚活をやめて好きなことを始めた途端にモテ始め、あっという間に結婚が決まった人がいたとします。
たとえそれが事実であっても、すべての人に当てはまる「正解」ではなく、その人の体験に過ぎないのです。
なので、そういった本や成功例を読む場合は、「なぜ、この人は結婚しない道を選ぼうと思ったのだろう?」という、「理由」に注目するといいですよ。

そもそも、その理由や状況が自分とはまったく違う場合があるからです。
そして、あなた自身が今、結婚についてどう思っているのかを、自問自答することも大事です。
「結婚したい!」と強く思っているのに、「結婚しないほうが幸せになれるって言ってるし……」と、その人と同じ道を歩もうとすると、自分が何をしたいのか余計にわからなくなってしまいますよ。

体験談や成功例を参考にするなら、成功した方法や結果だけを読むのではなく、その人がそう思った理由や行動した経緯など、最初から最後までしっかりと読み込むこと!
ただし、その体験談がフィクションだったり、話を盛っていたりする可能性もあるので、100%信用しないことも大事です。

自分とその人の違いを客観的に見ることで、あなた自身が本当に求めていることが明らかになってきます。
そのうえで、これからの行動について考えてみましょう。

《今日の教訓》
人の体験談や成功例を盲信しない。





辛口婚活相談:婚活女史ユノ

WRITTEN BY 婚活女史ユノ

婚活女史ユノ
毎月必ず1回は婚活パーティーに通っている婚活女史ユノ。 これまで挑戦した婚活は、100人規模パーテ...