150912435755_tp_v

・なぜ、共感することが必要なのか?

自分が話しているときに相手が共感してくれるとうれしいものです。

それは、「この人は、気持ちを理解してくれている」と感じるからなんです。

特に男性は、自分の悩みや愚痴、弱い部分を見せるのが苦手です。
だからこそ、それを見せられる相手は貴重であり、「共感してほしい」と強く感じるもの。

それでは、共感力を高めるためにはどうすればいいのでしょうか?

1. あいづちを打ちながら最後まで話を聴く

話の聴き方の基本ではありますが、最後まで話を聴くことが何よりも大切です。

途中で、「わたしも……」というように、話を奪ってしまわないように注意しましょう。

共感力が高い聴き方は、あいづちを「合いの手」のように入れます。

例:「うんうん」「それで?」「えーっ」「それは大変だったね」

このように、「話の続きが聴きたい」という気持ちをあいづちで伝えることで、相手が気持ちよく話してくれますよ。

2. 話の内容と表情を合わせて共感力UP!

恋愛がうまくいかなくて友達に相談したときに、「相手にその気はないと思う」という顔をされて傷ついた……という経験はありませんか?

ハッキリとそう言ったわけではなくても、話を聴いているときは考えが表情に出やすくなります。

だからこそ、相手の感情や話の内容に表情を合わせることで共感力が高まりますよ。

たとえば、相手が眉間にしわを寄せながら上司の愚痴を言っていたら、同じようにムッとしている表情をつくるといいですね。

同じ表情をすることで一体感が生まれて、「もっと話したい」と感じてもらえます。

3.  「わかるよ」はNGフレーズ! まずは受け止めるべし

共感しようと思って、「わかる」を使う人は多いのですが……

実は「わかる」はNGフレーズです。

きちんと話を聴いたうえでの「わかる」はまだしも、話し始めたあたりで「わかる」を連発すると、「何がわかるんだ!」と反発されるので注意しましょう。

それから、「わかるよ」は自分の話に切り替わりやすいフレーズです。
「わかるよ。わたしもさぁ……」というように、すっかり相手の話を奪ってしまっていたということはありませんか?

ですから、「そうなんだ」や「そんなことがあったんだね」というように、相手が話したことをそのまま受け止めるといいですよ。

共感の極意……「あなた」を主役にすれば共感できる!

自分が相手と同じ体験をしていなくても共感はできます。

「『あなた』が上司に対して怒っている気持ちが伝わってきた」というのが共感だからです。

相手の感情や話の内容に焦点を当てることで、共感力がUPしますよ!

ぜひ、試してみてくださいね。



WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
★日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。 ストレスで心身のバランスを崩したのをきっかけに心理...