■爪半月がほとんどない人は、健康と関係があるのか?

爪の根元にある白い部分を「爪半月」といいます。
この爪半月がより大きい人は健康である、という話を昔から聞きますが、実際はどうなのでしょうか?手相学としても見れるところですが、西洋医学(皮膚科)の分野も含めて考えてみたいと思います。


出典:花岡正人

「爪半月」は、爪の根元にある爪母(そうぼ)といわれる爪を作っている部分が透けて見えていて、この爪母は水分を多量に含んでいるので、爪は透明な状態で現れます。
爪母上の爪半月の位置より爪が伸びると、透明な爪は、爪の大部分となるピンク色の部分になりますが、この部分は爪と接している部分から水分を得て透明となっているため、爪の下を流れている血液の色が見えていることになります。
そのため、皮膚から離れた爪の先端部分は水分を失って白くなっていきますね。




■爪半月の大きさは、栄養状態の行き渡り具合を表します

爪の成長が速いほど、爪半月は大きくなります。
皮膚科の専門医の先生の統計では、親指が一番伸びが速く、小指が遅いそうで、爪半月の出現率は、上図表の如く親指で95%~小指で35%(女性は5~10%下がる)ですので、爪半月がなくても気にするものではありません。(幼児にはほとんどなく20歳前後で上記数値となり、歳を重ねるごとに小さくなっていきます)
よく、大きいほど健康と言われるのは、栄養失調で爪の伸びが遅くなり半月が出にくいことがあってのことと判断されています。
しかし、飽食の現代ではその差はなく病気でも大きかったり健康でも小さかったりするのが実情で皮膚科としては何の健康上の違いも見つからない、と述べています。

★栄養上は気にしなくて良いが、体質の影響は考慮するべき

西洋医学としては、爪半月の大きさによる健康上の違いは見られないようですが、栄養状態で大きさが変わるということは言えそうですね。
その違いは東洋医学・掌紋医学で未病を含め体質として診断し、手相学では性格の違いとしても鑑定しています(今回は、体質についてお話しします)。

★爪半月は、栄養の吸収により、血液の循環に影響しているとされています

<一番爪半月が出やすい親指を見てみましょう>
①爪半月が爪の長さの、1/5程度であれば、標準で健康的です。
②爪半月が爪の長さの、1/5以下(ほとんどない)であれば、新陳代謝が弱く、低血圧や貧血になりやすく、過労が続いている場合もあります。
血流が弱くなっていて毛細血管まで血液がうまく流れていない可能性がありますので、適度な運動や、手足を温めることなどを心掛けてください。
③爪半月が爪の長さの1/5~1/3程度の大きめの場合は、血液循環器系が良く流れてはいるのですが、過度に働きすぎていて高血圧になりやすく、将来、心疾患や脳卒中などのリスクがありますので、生活習慣には気を配っていただきたいと思います。
④1/3以上の場合は、腸への吸収も非常に高く、脳出血や心筋梗塞などには充分お気をつけていただきたいと思います。

■爪半月はあるが、くっきり出ている人と、色の差が少ない人の差

血液循環や胃腸の吸収などが活発であれば、爪の伸びは早くなるため、爪は薄くもなり、より透明になります。
そのため、爪半月は爪母の色の白色がより強く現れ、それ以外(爪甲)は毛細血管の赤色がより強く見えるため、くっきり色の差が見えます。
逆に、血流が悪くなると、爪の伸びが遅くなり爪が厚くなり透明感が弱くなると共に、爪下の血流も弱いため毛細血管自体の赤色も弱くなり、結果、全体的に白くなって爪半月の白色との色差がなくなり爪半月が分かりづらくなります。
つまり、爪半月の大きさだけでなく、爪の色が白っぽくなったり、逆に赤みが強く出すぎても血液循環器系への影響が考えられますので、普段の健康チェックの一つとして取り入れていただくとよいと思います。
また、別の機会に、健康・疾患診断としての爪の色(赤・白・緑・黄・茶・黒)や部分的変色、縦筋・横筋、凹凸、変形などのお話ができればと考えております。




手相セラピスト:花岡正人

WRITTEN BY 花岡正人

花岡正人
★手相セラピスト 花岡正人のウラスピナビ手相記事一覧は、 http://uraspi.com/au...