2月14日はバレンタインデーです。本命、義理チョコなど贈り方により気遣いも必要になりますね。気遣い一つで差がつくエレガンスを身につけた女性は、どのようなバレンタインデーを過ごすのでしょうか。差がつくバレンタインチョコの贈り方を、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。





バレンタインデー「愛を伝える日」の歴史とは

バレンタインデーの始まりはローマ帝国時代、2月14日の「ユノ(家庭と結婚の神)の祝日」でした。この日は、2月15日から始まるルペルカリア祭を一緒に過ごす相手を決める日で、その決め方はくじを引き、そして、ルペルカリア祭を一緒にすごした男女の多くは結婚したといわれています。

しかし、当時の皇帝だったクラウディス二世は兵士たちの戦う気持ちがなくなることを恐れて結婚を禁止しますが、キリスト教の聖職者だったバレンタイン司祭は若者たちを哀れに思い、わからぬように結婚させていました。そのことを知ったクラウディス二世は、パレンタイン司祭を2月14日に処刑してしまいます。キリスト教徒たちは、2月14日を「愛を伝える日」とし、その死を惜しみました。
そのことが世界に広まり現在のバレンタインデーとなったのです。

ブレない美人的、気遣い一つで差がつくチョコレートの贈り方

バレンタインデーのチョコを渡すとき、どのような気遣いが必要なのでしょうか。
気遣い一つで差がつくブレない美人的チョコレートの贈り方をご紹介します。

出展:ぱくたそ

【本命チョコ】

交際中でなければ購入したチョコのほうが相手に気を使わせることがありません。気持ちを伝えるならばカードを添えることでさりげなく渡せます。
交際中であれば手作りのチョコや料理、チョコと一緒にプレゼントを渡すのも喜ばれます。会社や渡す場所にもよりますが、本命チョコならさりげなさの中にも本命とわかるラッピングにするのもいいですね。

【義理チョコ】

会社関係やお世話になっている人に渡すことが多い義理チョコは、日頃の感謝の気持ちを伝え渡すようにしましょう。職場それぞれのバレンタインの習慣(贈り方や値段など)を確認しておくと、安心して贈ることができます。シンプルなラッピングと持ち帰りやすい大きさ、また仕事中に食べる場合の食べやすさなどを考えてチョコ選びをするといいですね。
手作りのものや高価なものはお返しに気を遣わせてしまいます。質で選ぶことで自然とコンパクトで良い物が選べるでしょう。

複数の人に贈る場合は差をつけるようなことはせず同じような品物で統一し、忙しくない時間帯を選び渡しましょう。

【友チョコ】

友チョコの場合は、話題性のあるものや旬の店、また限定品やパッケージが凝ったものなどで楽しめます。もらった後は、お礼と共に感想、感謝の気持ちを伝えることができるといいですね。

チョコレートのような優しさと深みのあるエレガンス、ブレない美人を磨く

バレンタインデーこそ、エレガンスが身についているかが試されるイベントであり、同時にブレない美人磨きもできます。ブレない美人とは、“相手を思いやる美しい心と知識を持ち、一緒にいることが心地いいと感じる気品がある”そんなエレガンスがある女性ではないでしょうか。

相手を思う気遣いを考えることで、その知識が自信や余裕としてあらわれ、ブレない美人へと導き、エレガンスを身につけることができます。目には見せませんが、誰しも感じることのできる「エレガンス」というエネルギーを増やし大きくしてくれるのです。

マナーを守り相手を不快にさせない思いやりや配慮は大切なこと。それによってバレンタインデーの時間を過ごす印象も変わりますね。

バレンタインデーを感謝の気持ちとエレガンスで楽しみ、ブレない美人に磨きをかけてみませんか。
あとを引く優しい甘さ、余韻を感じるさせる深みのある風味、そんな気遣いはエレガンスのエネルギーに大きな輝きを与え、素敵なバレンタインデーにしてくれるでしょう。





スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU

WRITTEN BY KAORU

KAORU
KAORU : スピリチュアルライフアドバイザー  スピリチュアル的なこと、シンプルライフスタイル...