寝室は気をリセットして、回復する場であると風水では言われています。しかし、テレビやタブレット端末は気を乱してしまう要因となってしまうので、寝室とはとても相性が悪いのです。ただ、スマートフォンなどは生活に欠かせないものとなっているので、運気を下げずにどう向き合っていくかを見ていきましょう。


出典:無料画像素材写真AC

見やすい位置にテレビを置いてはいけない

テレビを寝室に置くのはNGなのですが、その理由としては「寝ている姿が映ってしまう」点にあります。鏡と同様に、電源を落としたテレビは寝ている姿を映す鏡のような働きをしてしまうため、運気を低下させる原因となってしまいます。そうは言っても、見やすい位置にテレビを置きたいと考えてしまうでしょうが、寝室とテレビの相性が悪いことは念頭に置いておきましょう。それでもテレビを置きたい場合には、見ないときには布などで隠してしまってください。ただ、毎日同じ作業を繰り返すのもそれはそれで面倒なものです。寝室にテレビが無くても、それほど困るものではありませんので運気アップを考えるなら、寝室には置かないようにしましょう。




スマートフォン・タブレット端末を枕元に置くのもNG

情報家電は金の気を発しており、寝ているときの人間は水の気を発しています。金と水は相性が悪いため、枕元にタブレット端末を置くのはNGなのです。特に大きめのタブレット端末はテレビと同様に、寝ているときの姿を映してしまうため風水的に良いものではありません。
スマートフォンを目覚まし代わりに使っている人もいるでしょうが、寝るときまで画面をいじってしまっては睡眠の妨げにもなるでしょう。ゆっくりと休むときには休むと割り切って、枕元からは遠ざけるようにしてみてください。


出典:無料画像素材写真AC

どうしても置きたいときは、観葉植物で緩和する

ただ、スマートフォンをどうしても枕元に置きたいという場合には、一緒に観葉植物も置くようにしてください。木の気を取り入れることで、乱れた気の流れをやや改善することにつながります。大きなものだと逆に影響を受けやすくなってしまうため、小ぶりのものを枕元に置いてみましょう。
基本的に質の良い睡眠を得るためには、寝室の環境をシンプルに整えておくことが肝心です。初めのうちは慣れなくても、枕元から情報端末を離すことを習慣づけてみましょう。そうすることで、次第に健康運も改善していくはずです。





風水コラムニスト・風水師:方山敏彦

WRITTEN BY 方山 敏彦

方山 敏彦
ライター・編集者。 趣味が高じて、いつの間にか「占い」にどっぷり浸かる 。料理のメニューに困った...