婚活をしていると、いろんな男性に出会います。
初対面で緊張しているというのもあるけれど、スマートに会話ができる人なんてほんのひと握り。

今回は、こんなお悩みが届いています。

《お悩み》
kさん 39歳


出典:写真素材 写真AC
婚活は主にお見合いをしています。
「女性と会話するのに慣れていないんだろうなぁ」という男性に会うことが多いです。
悪気はないのかもしれませんが、発言がデリカシーに欠けると感じます。
このあいだも、「もうお互いに若くないんだから」とか、「昔は、顔やスタイルが大事だったけど今は気にしない」なんて言われてムッとしました。
わたしの年齢では、こんなことを言う男性で妥協しなければならないのでしょうか?





ご相談ありがとうございます。
Kさんの気持ち、すごくよくわかります!

わたしも言われたことがありますから。

相手に悪気がなく無邪気に言われたりすると、怒る気も失せますよね。
だって、その人はわたしが気分を害していることに気づいていないんですもの。

ここで、その人のためだと思って、「そういうことを初対面の女性に言うのは失礼だと思いませんか?」なんて言っても、全然響かないのです。
わたしやKさんにできること、それは波風を立てずにニコニコしてその場を過ごし、「ご縁がなかったということで……」と結婚相談所に電話することくらいです。

婚活パーティーや合コン、バスツアー、お見合いなど、いろんな婚活を経験してきましたが、コミュニケーション能力がダントツで低いのがお見合いで出会った人たちです。

言い切ってしまうのは偏見かもしれませんが、実際にわたしが体験した中で感じたことです。

結婚相談所に登録している人の中にもハイスペックな男性はいるはずだけど、わたしの年齢や見た目ではそんな人に会うことすらできないんだわ……と、Kさんと同じように落ち込んだこともあります。

だけど……結論から言うと妥協なんてしなくていいです。

デリカシーに欠ける発言に、こちらが気分を害していることに気づかないような人と、これからずっと一緒にいられますか?

あなたが登録している結婚相談所に、相手の男性会員のことをよく知っている仲人さんがいるなら、「こういうことを言われた」と伝えてもいいと思います。でも、相手に伝わらないようならサッサと忘れましょう。

コミュニケーション能力がある程度高い人を求めるなら、お見合いよりもパーティーに参加したほうがよさそうです。
お見合いは1時間ほど会話をしますが、婚活パーティーの自己紹介タイムなら長くても5分。
たった5分の間にデリカシーに欠ける発言ができる人はそれほど多くないはずです。
もしも気分を害することがあったとしても、次の人の番が回ってくるのですぐに忘れられます。

お見合いだけでなくいろんな婚活に挑戦してみれば、また違うタイプの男性に出会えそうですよ!

《今日の教訓》
デリカシーに欠ける男はサッサと忘れよう。





婚活女史ユノ

WRITTEN BY 婚活女史ユノ

婚活女史ユノ
毎月必ず1回は婚活パーティーに通っている婚活女史ユノ。 これまで挑戦した婚活は、100人規模パーテ...