婚活パーティーは、一度にたくさんの異性に出会えるのがいいところですよね。
大人数のパーティーに慣れると、3対3の合コンはリスクが高いなと思ってしまいます。
だって、20人もいれば1人くらい好きなタイプの人がいるかもしれないけれど、3人では難しいですよね。

だけど、多くの人に出会うデメリットもあるものです。

今回は、こんなお悩みが届いています。


出典:無料素材画像 イラストAC

 

《お悩み》

Uさん 31歳

わたしは普通の女子です。
特に美人だというわけでもないですが、すごくブサイクだというわけでもありません。
わたしの悩みは、普通すぎて印象に残らないことです。
婚活パーティーではカップルになれないどころか、フリータイムでは空気のようです……。





Uさん、ご相談ありがとうございます。

なるほど。たしかに印象に残らない人、いますね。
婚活において、可もなく不可もない人は、「不可」と同じです。

人数が多いパーティーでは、その人の特徴や印象を書くメモが渡されます。
回転寿司方式の自己紹介では、すぐに次の人の番が回ってくるので、◯、△、×をメモ欄に書くことが多いですよね。

そんなとき、印象に残らない人は「×寄りの△」って感じです。
ハッキリと×だというほど悪くないけれど、フリータイムで話してみたい順でいうと、かなり下位のほうだといえます。

だからといって、あなたがダメだというわけではありません。
印象に残らないのは、TPOに合った服装をしていて、自己紹介もそつなくこなし、空気を読んだ行動ができているということです。

印象に残りやすい人というのは特徴がある人です。
体型などの身体的な特徴、顔立ち、髪型、ファッション、職業、趣味、特技など、相手が覚えるような何かがあるんですね。

手っ取り早く印象に残る人になるには、その中で一番◯◯な人になることです。

たとえば、30代以上のパーティーに行けば、その中で一番若いかもしれません。逆に、20代がメインのイベントに行けば、年上好きな男性にヒットすることもありますよ。

あとは、少し遅れて行くのもいいですね。プロフィールカードを書く時間がなくなり、全員と話せないというリスクはありますが、あなたが会場に入ってくるのを男性は一斉に見るでしょう。
それから、パーティーであれば趣味や職業の欄を細かく書けば、共通点がある人が食いついてくれます。

こういう場合、プロフィールカードは無難なことを書いている人が多いのです。
あなたが映画好きだったら、メジャーな作品とミニシアター系の作品を1本ずつ書くとか、お菓子作りが趣味なら「ガトーショコラはプロ級です」と書くのもいいですよ。

外見が普通なら、内面で印象を残す!
女性アイドルの自己紹介を参考にして、自分のキャッチコピーを作ってみるのもアリですよ。


出典:無料素材画像 写真AC

 《今日の教訓》
「はい! 休日は、ちぎりパンばかり焼いている◯◯です♪」とアイドル自己紹介を作ってみよう。





辛口婚活相談:婚活女史ユノ

WRITTEN BY 婚活女史ユノ

婚活女史ユノ
毎月必ず1回は婚活パーティーに通っている婚活女史ユノ。 これまで挑戦した婚活は、100人規模パーテ...