風水と花はとても相性が良く、さまざまな運気を押し上げると言われています。風水の力を取り込みたいなら、部屋に花を飾るのが効果的なのです。ただ、やみくもに飾ればいいというものでもなく、方位や花の状態など気をつけるべきポイントもあります。日々の暮らしの中にうまく花を取り入れて運気を高めていきましょう。


出典:無料画像素材写真AC

運気の流れを変える花を置く位置

どんな花を飾るかは、方位と花の色によって決めていきましょう。花というとどうしても種類のほうに意識が向きがちですが、風水ではそれほど気にすることはありません。むしろ、方位と色が与える影響のほうが大きいため意識をしてみてください。
具体的には東の方位は、赤・青・白が良いと言われています。西の方位は黄色やピンク、南の方位は緑系やオレンジなどが適しているでしょう。北の方位はピンクや白い花が吉とされています。




見落としてしまいがちな注意点

部屋に花を飾るときの注意点は、うっかり枯れさせてしまうことにあります。生きている花は良い気をもたらしますが、枯れてしまった花は悪い気を発してしまうのです。枯れてしまった花はすぐに処分をして、新しいものと取り替えてみてください。また、花瓶の周りもこまめに掃除をして清潔な状態を保っておくことが大切です。
ついつい枯らしてしまって面倒という人は、生花ではなく造花でも大丈夫だといえます。ただ、造花の場合であってもホコリや汚れがついたままだと悪い気を生み出してしまうので、やはり掃除は欠かせないといえます。


出典:無料画像素材写真AC

花のカラー別にもたらされるパワー

花のカラー別に効果を見ていきましょう。恋愛運をアップさせたいときには、ピンク系の花がおすすめです。コスモスやハツユキカズラなどを部屋に飾ってみましょう。ただ、花そのものに出会いを招く力があるので、それほど神経質になって選ぶこともありません。金運をアップさせたい場合には、黄色の花を選んでみてください。ヒマワリやキンシバイなどがいいでしょう。健康運を取り戻したい場合には、白や緑系がおすすめです。風水的に白はリセットを意味するので、調子が上がらないときに最適だといえます。緑系は気分をリフレッシュさせてくれるため、ストレスを感じるときには良いでしょう。花を好みで選んでもいいのですが、具体的にアップさせたい運気がある場合には花の色と方位を意識して飾ってみてください。




風水コラムニスト・風水師:方山敏彦

WRITTEN BY 方山 敏彦

方山 敏彦
ライター・編集者。 趣味が高じて、いつの間にか「占い」にどっぷり浸かる 。料理のメニューに困った...