好きな人と過ごす時間に流れる沈黙、ツライですよね。
「何か話さなきゃ」と焦って、どうでもいいことをペラペラしゃべっちゃった……という経験はありませんか?

だけど、沈黙には意味があって、何も話さない方がいいこともあるんです。

今回は、沈黙が持つ3つの意味と相手が黙っているときの対処法についてお伝えします。
151026m_123r_tp_v

1.緊張しているときの沈黙

初対面やデートのときなど、緊張しているときは黙ってしまいがち。頭の中はフル回転しているけれど、話すことが思いつかない状態です。

こんなときは、次の話題を見つけるよりも緊張を解くのが先決です!

相手も緊張していると感じたら、「なんだか緊張しちゃって……」と、先にカミングアウトしてしまいましょう。「同じ気持ちだったんだ」とわかると相手も安心して、空気がなごみますよ。

2.考えを整理しているときの沈黙

相手のことを知りたくて質問したのに、しばらく沈黙が流れると気まずいですよね?
「いや、別にいいよ……」と言いたくなったり、話題を変えたくなっても、ちょっと待って!

相手は自分の中で考えをまとめる「内部対話」を行っている状態です。これが、破っちゃダメな沈黙なんです。特に、相手の目線がななめ下あたりに向いているときは、話しかけない方がいいですね。

しばらくして出てきた言葉が内部対話の答えなので、沈黙の後の言葉にはしっかりと耳を傾けてください。

告白の前も内部対話をすることが多いので、沈黙を破るよりもムードをつくって。

3.リラックスしているときの沈黙

男性は女性に比べて、「黙っていても居心地がいい人」を求める傾向があります。つまり、沈黙が流れても苦痛だと感じない人も多いということです。

ですから、相手がリラックスしているようなら、あえて沈黙を破ろうとしない方がいいですね。たとえば、ドライブや食事中に相手が黙っているときは無理に話題を探そうとしないで、その場の空気を楽しむといいでしょう。

何も話さなくても居心地がいい空気をつくるには、相手とペースを合わせるのがおすすめです。

これは、「ペーシング」というテクニックで、食べるペースや話すテンポ、声の大きさなどを合わせることで、「沈黙も心地いい」と感じさせることができますよ。

最後に……3種類の沈黙を見極めるコツとは?

「沈黙は金、雄弁は銀」という言葉があるように、会話上手もステキですが、「今は黙っておいた方がいいな」というタイミングを見極めることも大事です。

3種類の沈黙を見極めるときにヒントになるのは、その人の「表情」です。

沈黙を破りたくて焦っているのか、黙っている方がリラックスできるのか、表情を見ればわかるはず。

沈黙が流れたときは、話題を探すよりも相手の顔を観察するといいですね。

WRITTEN BY 美濃部 由紀

美濃部 由紀
恋愛カウンセラー美濃部由紀が、恋愛相談バーを大阪で開催します。 詳しくはこちら https://...